イズモコバイモ



2010年 3月20日

ふっくらした妖精さんに会いに行きました


イズモコバイモ      ありがとうございます      説明板      自生地      お椀型      もうひとつ       紋様      
      しくしく      わからないでしょう      おめでとうございます      おはよう      自生地2      遅かった      ごめんね      

イズモコバイモ

イズモコバイモ



 この3連休、北部九州でよく見かける 「ホソバナコバイモ」 の変種、

「イズモコバイモ」 を見に出かけました。



 その特徴は

 「花が釣鐘型ではなくお椀型になる」

 「蜜線が花びらの内面基部ではなく中央下部にある」

と説明されており、自生地はかなり限られているようです。



 しかし、写真の 「江の川」 流域にある島根県川本町で保護されていますので

誰でも会うことができます(感謝)  

ありがとうございます

ありがとうございます

 これだと、迷うことなく訪ねてくることができますね(礼)

説明板

説明板





 自生地に立ててある説明板です。





 地元の方々の気持ちが伝わってきますね〜  

自生地 自生地

自生地



 驚きましたね〜



 自生地は道路沿いの土手です!!



 今日は午後から大荒れの天気になるということで、かなり早く来て一番乗りでしたが



狭い道路を大型車も通るのでちょっと写真を撮るのが怖かったです!!



 しかし、すぐに警備員の方や地元の方が来られて交通整理され



安心して見ることができるようになりました(感謝)  

お椀型 お椀型 お椀型

お椀型

  最大の特徴である ”お椀型” 

 確かにそうですね〜 

 ふっくらとしてとってもかわいいです(喜) 

もうひとつ

もうひとつ



 もうひとつの特徴である



 「蜜線が花びらの内面基部ではなく中央下部にある」 



は、写真ではよくわかりません?? 





 というか、「ホソバナコバイモ」 の花の中を



そんなにじっくり見たことないから!!    

紋様

紋様

 内側の紋様が結構濃いんですね(驚)

葉

 葉は 「ホソバナコバイモ」 さん同様、いろんな種類があるようです。    

しくしく

しくしく

 「しくしく(涙)」

 「どうしたの?」

 「誰かが私を食べちゃった(号泣)」

わからないでしょう

わからないでしょう







 「私を見ても、ホソバナさんと区別がつく人はほとんどいないでしょう(変な自慢)」   

おめでとうございます

おめでとうございます





 「おめでとうございます!!」





 「今日は水滴ですが、何でも乗っけて回しますよ!」





 「でも、相方さんが死んじゃったのでやりにくいな(悲)」

おはよう

おはよう



 「すみれさんおはよう!」





 「おはようございます。」





 「今はいい天気だけど、午後から嵐になるそうだよ!!」





 「私たちはどうにかなるけど、イズモさんたちはくるくる回転するんじゃない?」

自生地2 自生地2

自生地2

 近くに 「ユキワリイチゲ」 の自生地もあるということなので訪ねてみました。

 ここも幟が点々と立ててあり、迷うことはありませんでした(感謝) 

遅かった 遅かった

遅かった









 う〜〜ん





 ちょっと遅かったですね〜  

ごめんね

ごめんね



 「せっかく訪ねて来てくれたのに、こんな傷んだ姿でごめんね(謝)」



 「いえいえ、そんなに気をつかってくれなくても、

突然訪ねたこちらがいけないんだから(平身低頭)」 







 それにしても1000円高速の恩恵は計り知れないですね〜(礼)

 以前は 「九重」 に行くのだって大変で、

九州を出るなんて年に一度くらいしかできなかったのですが!! 

トップへ戻る