御橋観音



2010年8月 8日

 


往複途中で      時間を作って      黒髪山地      広い裾野      九十九島      澄んだ空気      マッターホルン
      多良山地      五島列島      平戸島      2本だけ      もうひとつ      でも      鹿の子模様     こちらは                  

往複途中で

往複途中で





 3日間の 「佐世保通勤」 で最後の日に 「御橋観音」 へ寄ることができました(喜)





 門をくぐるとすぐに美しく咲いている花が迎えてくれましたよ〜





 そして、近づくと女性のような甘い香りがして、つい ”くらくら” ときてしまい



ました(笑)

時間を作って

時間を作って

 週末の金土日、天気も良くて涼しい渓谷の登山は最高じゃなかろうかと思いながら3日間仕事に行きましたが、どうせ山には行けないけども、

せめて山姿だけは見たいと思って早朝や帰りにいろいろと回り道をしました。

 写真は伊万里市内から見た 「牧ノ山」 です。 

黒髪山地

黒髪山地

 伊万里から見える 「黒髪山地」 の全体です。

 でも、ここからは 「黒髪山」 本体は見えませんね(うん)

広い裾野

広い裾野



 「黒髪山地」 の中で造山活動がまったく違った形で起こったのでしょうね、特異な形

となっている 「腰岳」 です。



 すそ野が広がっているので、最後に噴出したのは粘り気の弱い玄武岩だったのかな?



 まぁここはかの有名な ”腰岳黒曜石” が産出する山なので、特殊な環境で造山活動が



進んだのは間違いないでしょう。 

九十九島

九十九島

 観覧船で九十九島めぐりをする時間はとても取れませんが、ちょっとだけでもと高段から見ました。

 う〜ん!  やっぱり船から見ないとよくわかりませんね(納得)

澄んだ空気

澄んだ空気

 佐世保の展望台である 「弓張岳」 にも寄ってみました。

 今日は異様に空気が澄んでいて、「経ヶ岳」 を始めとする 「多良山地」 が近くに見えていました(驚) 

マッターホルン

マッターホルン





 九州のマッターホルン 「虚空蔵山」 がよく見えていましたが、もう少し川棚町の方に





行かないと ”完全なマッターホルン” にならないようですね(惜しい) 

多良山地

多良山地

 佐賀県最高峰の 「経ヶ岳」 を盟主とする 「多良山地」 もはっきりと見えていました。

 今年は 「オオキツネノカミソリ」 観賞は 「井原山」 だったので出かけませんでしたね。 

五島列島

五島列島





 本当に今日は空気が澄んでますね〜 







 「五島列島」 がはっきり見えていますよ(感動)  

平戸島

平戸島







 もっと近くの 「平戸島」 はすぐそこに見えています(驚)





 以前登った 「 志々伎山」 は一番左のあの山かな〜??

2本だけ

2本だけ



 中に入るとすぐに出迎えてくれましたが、すぐ上に蕾の株がもう1本あるだけでこの



後は全く出会えませんでした(???)



 佐世保市花に指定されている花ですが、最近 「ノヒメユリ」 とともにかなり



イノシシにやられているそうです。



 ここもそうなのかな? 

もうひとつ

もうひとつ

 「グリーンウォーク誌19号」 に紹介されていたもう一つの花 「イワタバコ」 です。

 この花の撮影には虫との闘いが必要です(苦)

 写真を撮っていると ”音をたててくる虫”  ”静かに忍び寄る虫” 等たくさん襲ってきます(ぞっ)

でも

でも





 でも ”きれいなんですよね〜!”







 虫たちに刺されながらでも写したい花です(うん)

鹿の子模様

鹿の子模様

 読んで字のごとく ”鹿の子供の模様” に似ているからこの名前が付けられたということですが、私にはこの花の模様を見てもどうしても ”鹿” と繋がりません!      ということで調べてみました。

 そしたら 「鹿の子模様とは鹿の子絞りの模様のことである」 という説明に当たりました。

 やっぱりそうだったんだ(納得)    どうしても鹿の背中とこの花の模様が繋がらなかったわけだ!

こちらは

こちらは





 今日は仕事帰りなので普通のズボンに革靴です。





 夏草をかき分けながら近くまで行って写す気にはならなかったので望遠で撮りました。





 しかし、これがコンデジの限界ですね(無念) 

トップへ戻る