祖母山

花・展望・縦走路に恵まれた日本百名山(大分県・宮崎県   1756m)

2008年5月
アケボノツツジを見に行きました。

阿蘇      標識      登山口      風穴コース      なだらか      きました      風穴      ありがとう      こんにちは
      厳しい      えーっ!       あなたは?       大展望1      大展望2      山頂      大縦走路      残念      下り
      国観峠      ブナ      緩木山・越敷岳      もう嫌      アセビ      ようやく      めっけ1      めっけ2      めっけ3            

阿蘇

阿蘇



 今年のゴールデンウィークの目標は、 ”アケボノツツジの咲くビッグネームの山” で、

じっくり検討した結果 「祖母山」 に決めました。



 自宅から登山口までは距離があるので、朝3時起きで出発しましたが、

さすがゴールデンウィーク! 

 北熊本PAは駐車場からはみ出て、走行車線ぎりぎりまで路肩駐車していました(驚)



 途中通過地点の 「阿蘇五岳」 ですが、

朝日に輝いて今日はすばらしい天気になることを示していました。



 がんばるぞー!

標識

標識

 地図上の最初の目的地、 「五ヶ所小学校」 前にようやく着きました。

 やはり遠かったですね、しかし、ここで登山口までの標識を確認でき安心しました。 

 なんとか間違えずに来れました(喜)   残りは7kmですね。 

登山口

登山口

 車高の低い大衆車なので、未舗装林道で2度ほど腹をこすりましたが、なんとか登山口に着きました。

 しかし、今日は ”山開き”でものすごい車の数(驚×驚)

 停める場所を確保するのが大変!

風穴コース

風穴コース

 何とか車を停めて出発。

 登りをどちらのコースにするか悩みましたが、最初にアケボノツツジを見ることができる 「風穴コース」 を選びました。

 入り口は、駐車場から林道を少し登った右側にあります。

なだらか

なだらか

 かなり急登のコースとガイドブックにはありましたが、最初は下りから始まり、しばらくは渓流を数回渡ったり、人工林のなだらかな道をのんびり歩く楽なコースでした(喜)

きました きましたきました

きました

 急登がきました(覚悟)。

 ロープあり、はしごありで大変でしたが、一番大変だったのは、はしご手前のすべる道でした。

 2回滑って、3回目でようやくはしごをつかむことができました(ほっ)。 しばらく雨が降ってなかったから良かったものの、濡れているときはもっと厳しいでしょうね。 

風穴

風穴





 ちょっとだけのぞいてみましたが、冷たい風が吹いていました。





 昨日から今日にかけて、ものすごい暑さになっているので



その風が気持ちよかったです。

ありがとう

ありがとう

 「木の根」 さんありがとう! 

 この急登、あなたにつかまらないととても登れません(礼)

 でも、毎日毎日人間につかまられるのは嫌でしょうね。

こんにちは こんにちは

こんにちは





 「こんにちは〜」





自宅からの遠い道のりも、ここまでのきつい登りも、あなたの笑顔を見たら



吹き飛んでしまいます(笑)

厳しい厳しい

厳しい

 中腰で歩かなければいけない 「笹トンネル」 ・ 「疲れるロープ場」 と続きますが、そこを頑張ればアケボノツツジのたくさん咲いている場所に出るはずでしたが……。

えーっ! えーっ!

えーっ!

 えーっ! 

 咲いてない……! 

 厳しい道のりを頑張って登ってきたこの場所は、……まだまだ冬枯れの世界! 

 ガーン!  これまでの疲れが一度に出てきました(泣) 

あなたは?

あなたは?



 あなたは 「マンサク」 さんじゃない! 



 まだ咲いていたんですね(驚)! 



 あなたが咲いているということは、ここはまだまだ冬から早春にかけての



世界なんですね。



 「アケボノ」 さんが起きていないはずです。

大展望1

大展望1

 残念ながら花は咲いていませんでしたが、天気に恵まれてすばらしい展望が楽しめました。

 大岩の上からは南方向に 「市房山」 が見えていました。 

大展望2大展望2

大展望2

 山頂手前の急登では北方面が開け、 「由布岳」 「九重連山」 が眺められました。

 何度も反対からは見ていますが、ついにこちらから見ることができました。 

山頂

山頂

 着きましたー! 

 最後はすれ違う人たちに 「山頂はまだですかー?」  「きついよー」 と連発しながら歩き、 「まだまだですよ、頑張って!」 と笑われながら励まされました(笑)。

 しかし、かかった時間は地図に載っている所要時間とほぼ同じでしたので、前半いいペース歩いているようです。

 山頂はすごい人で(驚)、なんとか山頂標識の写真だけ撮ってすぐに空いてる場所を探してゆっくりしました。 

大縦走路 大縦走路

大縦走路



 見つけた場所は 「祖母・傾大縦走路」 



が眺められる場所で、いつかは歩いてみたいなと思いながら昼食をとりました。

 食べ終わってからは、地図を広げて山名の勉強です。

 あれが 「古祖母山」 、遠くに見えてるのが 「尾鈴山」 …etc.

 ……、ん!  「夏木山」 、アケボノツツジで有名だけど、

ここって登りが1時間30分、下りが1時間!  そんなものなの? 



 よしっ!  明日はそこに行こう! 

 今日は残念ながら花をあまり見れなかったし、着替えはたくさん持ってきているから

どうにでもなる。

残念

残念

 神事の後にお神酒が配られ、コップはきましたが中身は回って来ませんでした(残念)

 しかし、記念のバンダナはしっかり貰いました(喜)

下り

下り



 下りは、予定通り平坦の多いコースだが花の少ないといわれている 

「千間平コース」 を下ることにしました。



 まず水の確保に9合目小屋方面に下り、それから国観峠を目指して出発。



 とにかく今日は暑くて、熱中症予防のためこまめに水分を

補給しながら歩いているので、真夏並みの量を飲んでいます。



 下りも同じようにしないと危険なので、少し寄り道になったけどたっぷりとペットボトルに入れました。



 本当にこのコースは花がありませんが、 「阿蘇」 を見ながらのんびり下りました。

国観峠 国観峠

国観峠

 9合目小屋から30分で国観峠に着きました。

 ものすごく広々としたところで、たくさんの人が休憩して、振り返ると祖母山頂がすばらしい青空に映えていました。 

ブナ

ブナ

 ブナの巨木がありましたが、まだまだ冬枯れ状態で、先日見た 「九千部山」 の新緑とは全然違います。

緩木山・越敷岳 緩木山・越敷岳

緩木山・越敷岳

 3県堺があり、そこが 「緩木山・越敷岳」 への分岐になっていました。

 昨年、アケボノツツジを見に行ったことを思い出しながら通り過ぎました。

もう嫌

もう嫌

 もう嫌! 

 標高1400m台をだらだら下ったり登ったりの繰り返し、花もない新緑もない、笹(スズタケ?)ばかりでいいかげんに飽きてきました(げんなり)

アセビ アセビ

アセビ





 やっと道が本格的に下りだし、



その付近はアセビロードになっていました。





 本当に、この花はどこの山でも春を告げる花になっているんですね。

ようやく ようやく

ようやく

 ようやく新緑の見れる地点まで下ってきたようです。

 ここは4合目で標高は1300m台ですが、やはり春はこれより上にはきてなかったんですね。

めっけ1

めっけ1

 「ミツバツチグリ」 さんめっけ(笑)

 いいですねー、やっと春を探しながら気持ちよく歩けます。

めっけ2

めっけ2







 「フデリンドウ」 さんめっけ(喜)







 しかし、似た色の 「スミレ」 は多くありましたが、この花は少なかったですね。

めっけ3

めっけ3

 残念ながらまわりは人工林になってしまい、また嫌な山歩きになりましたが人工林の切れ間に 「ミツバツツジ」 が咲いていました。

 しかし、後は登山口まで人工林でした(残念)

トップへ戻る