緩木山・越敷岳

祖母山から西方に派生した支尾根のピーク(熊本・大分県  1061m)

2007年4月21日

アケボノツツジを見に行きました



あこがれの花      緩木山への登山道      分岐点      アセビ      緩木山山頂
      アケボノツツジ咲く縦走路      見晴らしの良い縦走路

あこがれの花

あこがれの花

 ”つつじ” に対してのイメージが根底から覆されましたね(驚)

 本当にこれが ”つつじ”!?

 たぶん、登山を始めてなかったら一生知らなかった花かもしれません。

 しかし、知ってからはどうしても会いたくなってしかたありません(憧れ)  

 でも、咲いている場所はかなり遠い場所の山中です!

 それでも会いたい(恋心)

 そんな時に 「GW誌」 で特集が組まれ、それ程奥深い山でなくても

見ることがわかりました(喜)  

 よしっ!   行くぞ!!

 と思って来ましたが、まったく来たことのないところで右往左往(泣)  

 結局登山口に着いたのは、自宅を出てから5時間後(驚)  

 登る前にすっかり疲れ果ててしまいました!!

緩木山への登山道 登山道の様子

緩木山への登山道

 家を出てから5時間30分後、ようやく歩きだして 「緩木山」 へ登りましたが、登山道は大部分が人工林の中でおもしろみにかける道でした。

分岐点

分岐点

 厳しい登りが続いた後、ようやく尾根に上がって元宮分岐まで来ましたが、その後も人工林の中の登りが続いてかなり嫌になりました(はーっ)

 

アセビがまだ残っていました。

アセビの花がまだ残っていました。

 ようやく山頂近くになって自然林が出てきました(喜)

 まだアセビの花が少し残っていましたので、そのきれいな花を見て元気を出し、もうひと頑張り(おーっ)

緩木山山頂

緩木山山頂





 登り始めてから1時間30分、ようやく山頂に着きました(ほっ)





 緩木山山頂では木々の間から祖母山が見えています。





 いつの日にかは……、(憧れ)





 また、周囲の新緑がとてもきれいでしたね〜(感動)

アケボノツツジ咲く縦走路 アケボノツツジ咲く縦走路

アケボノツツジ咲く縦走路

 縦走路には 「アケボノツツジ」 ・ 「アセビ」 ・ 「ムシカリ」 等が咲いており、それらの花が美しい新緑と織りなしてすばらしいコントラストを見せてくれました。

 それらを観賞することによってそれまでの疲れが吹き飛び、その後は楽しく気持の良いトレッキングができました(喜)

見晴らしの良い縦走路

見晴らしの良い縦走路

 祖母山から越敷岳に続く尾根の縦走路に出ると、(その手前の登りは

かなりきつかったです) 見晴らしがとても良くなります。



 特に西方の阿蘇根子岳がはっきり見えます。



 この日は雲が多くあいにくの天気でしたが、それでもしっかりと見ることができました。



 天気に恵まれればもっと素晴らしい展望を楽しむことができる道だと思います。



 往復500kmの道のりでしたが、初めてみる花 「アケボノツツジ」 に感動した

1日でした(満足)

写真をクリックすると大きく表示されます。
トップへ>九州の春の花へ>