仰烏帽子山

熊本県南部の福寿草で有名な山(熊本県   1302m)

2007年2月24日

  福寿草を見に行きました


黄金の花      元井谷登山口      登山道の様子      分岐点      冬枯れの登山道      群生地の福寿草      下り道で見た福寿草

黄金の花

黄金の花



 山に登るようになってはじめって知った花 「福寿草」!

 写真で見ると黄金に輝いています(あこがれ)



 どうしてもこの花が見たくなりましたが、場所が遠すぎます(困難)  



 しかし、どうしても見たい!



 よしっ行くぞ〜 

ただし、 高速料金が高いので南関までは下の道を通ろう。



 そのためには、朝3時起きだな(気合)!!

元井谷登山口

元井谷登山口



 遠かった〜

 しかし、早朝出発だったので予想よりかなり早い3時間20分で着きました(喜)



 元井谷登山口の様子です。 ここから山頂までは結構距離がありますが、

北部九州からはこの登山口が近いので来やすいです。



 ただ、駐車場がないので狭い林道の脇に駐車スペースを見つけ

停めなければいけません。



 人気ですね〜  8時前に付きましたが、すでにたくさんの車が

停まっていました(驚)

登山道の様子

登山道の様子



 登山道の様子ですが、大変歩きにくい道でした(困)



 大きな石灰岩が谷底に落ちていて、



その中を紅いペンキを頼りに歩きます。



 すなわち ”石灰岩のガレ場歩き” なのです(厳)



 帰りにここを下るときは、ばてばてで、足までつって大変でした(悲)

分岐点

分岐点

 谷をつめて、そこから一気に尾根に上がってきます。

 そこが分岐点になっていて、左に行くと福寿草群生地の仏石、右に行くと山頂で、「九州百名山」 のカウントを増やすためにまずは山頂を目指しました。

冬枯れの登山道

冬枯れの登山道

 山頂手前の登山道です。

 まだまだ真冬の状態で、気持ちの良い道でした〜(喜)

 このあとひと登りで山頂に着きましたが、登山口から2時間15分(休憩含む)での初登頂でした(達成感)

群生地の福寿草 群生地の福寿草 群生地の福寿草

群生地の福寿草









 山頂で一休みしてから仏石まで下り、それから群生地に登りましたが、



すぐそこだと思っていたのに急な登りが長かったです(泣)





 ここの往復でかなりスタミナを消耗してしまいましたね〜

下り道で見た福寿草

下り道で見た福寿草



 登りの時はあまり気づきませんでしたが、下っているときに日光が当たって

大きく開花していたので気づきました。



 かなりの数がありましたので、登頂が目的でなく花観賞だけならば

ここまででも十分かもしれません。 



 登山口を出発してから7時間30分、疲れた〜   足が痛い〜   だるい〜  



 黄金の花が見れて十分に満足しましたが、帰りは本当に本当に遠かった(悲)

 そして家までの道のりも遠かった〜(ふーっ)

写真をクリックすると大きく表示されます。
トップへ>九州の春の花へ>