夏の天山

2008年7月27日




ノリウツギ      ぎえーっ!!      頑張らねば      なんだ?      おおーっ!       美女と野獣      涼しい(笑) 
      危険!!       隠れています      確認!       裏切りませんね      店じまい      ノギラン      ホソバシュロソウ
      オカトラノオ      えっ? 秋?       キガンピ      ヌスビトハギ      ウソでしょう!!       紅白      ヒロハギボウシ                 

ノリウツギ

ノリウツギ

 今日のアプローチは「ノリウツギ」でした。先週の九重とは比べられませんが、ぽつりぽつりと咲いていました。 

ぎえーっ!!

ぎえーっ!!

 えっ?、あなた「ハコベ」さんじゃない?……、でも、「ハコベ」といえば春の七草だし?、今頃咲くわけが……、  帰ったら調べてみるね……。   ぎえーっ!!  すごい数!!
 ハコベ・コハコベ・ミドリハコベ・ウシハコベ・サワハコベ・ミヤマハコベ・シコタンハコベ・ヤマハコベ・イトハコベ・カンチヤマハコベ・オオヤマハコベ・ノミノフスマ・イワツメクサ……!調べなきゃよかった(泣)。

頑張らねば

頑張らねば

 でも、もう乗り掛かった船ではなく、完全に乗ってしまったので頑張るしかないか。えーと、比べるポイントは花弁とガクの長さ、それと花柱の数。うん…? 写真の花は花柱が5本ありますね、5本ならば「ウシハコベ」だ。他に花柱が5本の種類はあるのかな? ないみたいだね、よしっ「ウシハコベ」に決定。

なんだ?

なんだ?

 なんだ!?  超ミニサイズの白い花がたくさん咲いている?

おおーっ!

おおーっ!

 おおーっ、その一度見たら二度と忘れない容姿は「モウセンゴケ」さんじゃないですか!。こんな「蛇紋岩」に囲まれたところで頑張ってますね。 

美女と野獣美女と野獣

美女と野獣

 しかし、どうしてあの姿からこのように美しい花を咲かせることができるのかな。まさしく上が美女で下が野獣ですね。 

涼しい(笑)

涼しい(笑)

 今日の山頂は分厚い雲がかかっていました。そして、時折それが降りてきて気持のよいガスになり、まったく暑くなりませんでした。今日は試したいことがあり、かなり長い時間山頂にいなければならなかったので助かりました。

試したいこととは こちら です。

危険!! 

危険!!

 危険発生!! 危険発生!! 動くもの発見!!

隠れています

隠れています

 危険です!!  何者かが隠れています。UMA(未確認生物)かもわからないので用心しないといけません! 緊張します!!

確認!

確認!

 確認しました!  ただの「サワガニ」でした(笑)。 でも、あなたこんなところで何してるの?  こんな山の頂で、食べ物あるの?    でも、「サワガニ」って何食べるんだろう??  柿は持ってないけど、おにぎりだったらあげるよ、食べる?

裏切りませんね

裏切りませんね

 見事に食事を断られたので、先に進みます。

 いやーっ! 期待を裏切りませんね(笑)。まだまだ咲いてくれていて、ついに「ホソバシュロソウ」さんの蕾とツーショットですよ。 

店じまい

店じまい

 前回、きれいに群生してくれていた「テリハアカショウマ」でしたが、今日はすっかり店じまいしていました。

ノギラン ノギラン

ノギラン

 上から見た感じでは、あまりきれいではなかったので無視していましたが、「モウセンゴケ」の写真を撮るためにしゃがんだ私に、素晴らしい美しさで微笑んでくれました。

ホソバシュロソウ

ホソバシュロソウ

 咲いている数は少なかったのですが、蕾があちらこちらにたくさんありました。これからどんどん咲きそうです。

オカトラノオ

オカトラノオ

 花期が長いようで、まだまだたくさん咲いていました。後ろの脊振山系は、登った時は何も見えませんでしたが、少しずつ姿を現してきています。 

えっ? 秋?

えっ? 秋?

 「アキノタムラソウ」です。登山口から山頂尾根までたくさん咲いていました。たぶん一番目につく花だっただろうと思いますが、名前の語源はわからないそうです。

キガンピ キガンピ

キガンピ

 蕾が鮮やかな黄色できれいでした。でも、名前が変わってますよね、黄色の雁皮? もう少し勉強しよう。

ヌスビトハギ ヌスビトハギ

ヌスビトハギ

 変わった名前ですよね!ヌスビトは泥棒のことですから、このかわいらしい花に合った、別の名前は付けられなかったのかな。

ウソでしょう!! 

ウソでしょう!! 

 ウソでしょう!! ありえない!! ………!?  こんなかわいい花の名前に”屁”と”糞”!!!     どれだけ「ヌスビトハギ」さんが幸せなことでしょう。

ヒヨドリバナ ヒヨドリバナ

ヒヨドリバナ

 先週、九重で見た「ノリウツギ」も赤と白の花がありましたが、「ヒヨドリバナ」もよ〜く見たら赤と白がありますね。。

ヒロハギボウシ

ヒロハギボウシ

 なかなか旬の花に出会えません、ひとつひとつの花期が短いからですが、ちょっぴり悔しいですね。

 いよいよ夏の花が本格的に咲きだしたのが実感できました。これからは、夏と秋の花が入り乱れてますます賑わう山頂になるでしょう。楽しみです(笑)。

トップへ戻る