夏の天山

2008年8月19日



 


ガス      しばらく      ひまわり      キュウシュウコゴメグサ      マツムシソウの一生      マツムシソウの一生2      マツムシソウの一生3
      マツムシソウの一生4      マツムシソウの一生5      マツムシソウの一生6      一番      どうしてよ!      ギエ〜      恥ずかしい
      オミナエシ      ホソバシュロソウ      サイヨウシャジン      大きいでしょう      どうしたの?       群生      群生2      行儀よく                      

ガス

ガス

 だめですねー。雷とゲリラ豪雨に、もう何日苦しめられているでしょう(泣)。今日は素晴らしい天気になるとの予報を信じて、仕事帰りに寄りましたが……。ごらんの通り。

しばらく

しばらく

 夕方から素晴らしい天気というのを信じてもうしばらく待ちましょう。時間つぶしは天山スキー場前のひまわり園です。

ひまわり

ひまわり

 大きなひまわりはほとんど終わっていましたが、ミニミニのひまわりたちが満開でした。 

キュウシュウコゴメグサ

キュウシュウコゴメグサ

 1時間ほど待っていたら、山頂が見えてきたので出発しました。キュウシュウコゴメグサの写真はこちら   入口

マツムシソウの一生

マツムシソウの一生

 幼児期

 天山山頂という、すばらしい自然環境で元気いっぱいに遊んでいます。   

マツムシソウの一生2

マツムシソウの一生2

 思春期

 「いいからほっといてよー!!」

 何にでもついつい反抗してしまいます。でも、本当は心やさしい娘さんです。

マツムシソウの一生3

マツムシソウの一生3

 一番美しい時期

 「ねえねえ、わたしきれいになったでしょう!」 

マツムシソウの一生4

マツムシソウの一生4

 「もっと近くで見てよ! きれいでしょう?」

 はいはい! とってもきれいですよ(笑)。

マツムシソウの一生5

マツムシソウの一生5

 ママ大変

 子供にはまだまだ手がかかるし、家事は大変だし、旦那はちっとも手伝ってくれないし、「あ〜もう! いらいらする。」
 「でも、最近しわが増えてきたわ〜。」

マツムシソウの一生6

マツムシソウの一生6

 白髪

 「すっかり白くなっちゃったわね。黒く染めてもう一度青春しようかしら。」

一番

一番

 「ウッフン、やはりここで一番美しいのは私よね。」

どうしてよ

どうしてよ!

 「どうしてよ! どうして私の名前がこの説明板にないのよ(怒)。」

ギエ〜

ギエ〜!!

 「お願い! ヘクソちゃん・シュロちゃん、私にからまないで!! あなたたちすごい臭い出すでしょう。私はこの美しさとすばらしい香りの両方を兼ね備ているのが売りなんだから。」 

恥ずかしい

恥ずかしい

 ものすごく赤の強い「ヒヨドリバナ」を見つけました。恥ずかしがり屋さんなのかな?

オミナエシ

オミナエシ

 山頂尾根に咲いている花の中では少ない方なのですが、黄色が鮮やかで目立ちますね。

ホソバシュロソウ

ホソバシュロソウ

 こちらは逆ですね。ものすごく咲いていますが、色が地味なので目立たないですね。

サイヨウシャジン

サイヨウシャジン

 ようやく撮れました(笑)。とにかく形からして風鈴みたいで、少しの風にも揺れてしまって撮りにくいこと撮りにくいこと。おまけに花期が短いので、どうしても枯れた花がアングルの中に入りやすいですね。 

大きいでしょう

大きいでしょう

 ここまで「ホソバシュロソウ」さんは大きくなるんですね! ちょっと驚き。

どうしたの?

どうしたの?

 「どうしたのマツムシソウさん?」

 「ちょっと臭いが……。ふらふら〜。」

群生

群生

 やはり、今日も1番咲いていたのは「アキノタムラソウ」でしたが、 所々に群生して目立っていたのは「イタドリ」でした。

群生2

群生2

 「サイヨウシャジン」もところどころかたまって咲いていましたが、行儀が悪く、通行の邪魔になっていました。

行儀よく

行儀よく

 「サイヨウシャジンさん、だらしないわね、私たちみたいに登山者の邪魔にならないように並びなさいよ。」

藪

 山頂尾根の縦走路が所々で藪になっていました。9月に関係4市長が集まっての「天山山頂記念碑祭」が行われますが、その前に登山道の草刈りが行われます。歩きやすくなりますが、残念なことにかなりの山野草も切られてしまいます。 

トップへ戻る