天山



2009年 8月14日




天候不順      ガス      登山道      涼しい〜       コオニユリロード      コオニユリ      たくさん      真っ赤
      ヤマホトトギス       ヒメキンミズヒキ      咲いてくれました      ホソバノヤマハハコ      豊作      カール      これから      わかるかな?
      シギンカラマツ      出ました〜(笑)      一本だけ      ヌスビトハギ      ヤマホトトギス      キガンピ      アキノタムラソウ      これも一本だけ
      テンザンのオミナエシ      これも      これも      これも2            サケバオミナエシ?       ようやく      マツムシソウに似た葉      

天候不順

天候不順

 不順な天候が続きますね〜(悲)

 今度の週末も良くなさそうで、遠出は無理みたいです。 そんな中、今日は安定しているようで、時間も午前中が空いたのでさっそく 「天山」 に出かけました。

ガス

ガス

 安定……、している予定でしたが!?   真白の世界!?   

登山道

登山道

 今日の目的は三つ!   一つめは、先月末の大雨で登山道がかなり荒れているのではないかなと思っていたので、その確認です。

 登山道が川になっていましたが、思ったより荒れていなかったので安心しました。 もともとが崩壊しやすい 「蛇紋岩」 のガレ場道なので、雨の影響はあまり受けないみたいですね。

涼しい〜

涼しい〜

 何、この気持ちよさ!   下界の暑さとかけ離れたこの快適さ!!     サイコ〜(喜)   展望はゼロですが、今日の二つめの目的である ”夏の花散策” にはもってこいです。

コオニユリロード

コオニユリロード

 今年は 「コオニユリ」 がたくさん咲いてますね〜(驚)  「天空の散歩道」 が、ちょっとした ”コオニユリロード” になっていました。 

コオニユリ コオニユリ

コオニユリ

 大きくて、色が色だけに目立ちますね〜   ただ、名前に 「鬼」 が入るのが少しかわいそうな気がしますが!   しかし、「ヘクソカズラ」 よりはましですね(笑)

たくさん

たくさん

 たくさん花をつけた株をめっけ(喜)

真っ赤

真っ赤

 真っ赤なしべをつけた花をめっけ(喜)

ヤマホトトギス ヤマホトトギス

ヤマホトトギス

 たくさん花をつけている株もありますが、まだまだ蕾がたくさんで、これからが楽しみです。

ヒメキンミズヒキ

ヒメキンミズヒキ

 毎年のことですが、この花を写すのは難しいです(困) 

咲いてくれました

咲いてくれました

 咲いてくれましたね〜(喜)   何といっても 「天山」 の夏の主役ですからね!   昨年は花数が少なかったですが、今年はどうだろう?

ホソバノヤマハハコ

ホソバノヤマハハコ

 昨年1本しか見つけることができなかった 「ホソバノヤマハハコ」 です。 今年も咲いてくれてほっとしています(安心) 

豊作

豊作

 今年は数多く見れますが、一株についている花も非常に多いですね。 長梅雨が生育環境に合ったのかな? 

カール

カール

 今まで数多く写真に撮ってきているのですが、花びらの先端に巻いている ”カール” がこの花をとても魅力的にしてたんですね!   気づいていませんでした(驚)    

これから

これから

 開花寸前の 「ホソバノシュロソウ」 を写してみました。 大切な ”金の○○” を優しく包み込んでいるように見えますね(爆) 

わかるかな?

わかるかな?

 わかるかな?        「イタドリ」 です! 

シギンカラマツ

シギンカラマツ

 花弁がなく、雄しべだらけの花 「シギンカラマツ」です。 好きな花の中のひとつですが、意外と写すのが難しいんですよね。

出ました〜(笑)

出ました〜(笑)

 出ました〜(笑)   花の名前の中で一番かわいそうな名前です!! 

一本だけ

一本だけ

 季節の移り変わりは早いですね〜   前回あれだけたくさん咲いていたのに、今日は一本だけしか見かけませんでした!!

ヌスビトハギ

ヌスビトハギ

 「ヘクソカズラ」 ほどではありませんが、これも少しかわいそうな命名です。

キガンピ

キガンピ

 こちらは前回よりかなりたくさん見かけました。 しかし、まだ蕾が多いので最盛期はもう少し後になりそうですね。 

アキノタムラソウ

アキノタムラソウ

 今日一番多く見かけた花はこの花です!    登山道から山頂、縦走路までずっと咲いていました。 

これも一本だけ

これも一本だけ

 これも終了ですね、一花だけ出会うことができました(喜)  

テンザンのオミナエシ

テンザンのオミナエシ

 今日の三つ目の目的はこれです!!

 昨年までごく普通にこの花は 「オミナエシ」 だとばかり思っていました。 ところがあるブログで、この花の名前がわかりません? とあったので、 「オミナエシだと思いますよ」 と投稿したところ、「葉が違うのでオミナエシではないと思います。」 という別の投稿が寄せられてびっくり仰天(驚)



 よしっ、これは現地で丹念に調べないといけない!!

 ということでさっそく調査開始! 

これだ

これだ

 この花です!  今まで 「オミナエシ」 だとばかり思っていた花!   確かに図鑑などで見る花とは葉が違います(驚)

これも

これも

 これも! 

これも2

これも2

 こ・れ・も(驚)!

 たくさん咲いていたのでずっと見て歩きましたが、すべてこのような葉を付けた花ばかりです!!

 帰ってから、天山の 「オミナエシ」 を載せているHPやブログを調べてみましたが、すべて 「オミナエシ」 として載せてありました。

葉 葉

 上の葉まで確かに裂けてますね!!   普通のオミナエシは下葉は裂けているものの、上の方は一枚葉が付いています。

ヒヨドリバナ サケバヒヨドリ

サケバオミナエシ?

 ちょうど今の時期に咲いている 「ヒヨドリバナ」 には、葉が裂けているものがあり、「サケバヒヨドリ」 「キクバヒヨドリ」 と呼ばれています。 「天山」 には両方とも咲いています。

これと同じように 「オミナエシ」 にも裂け葉の種類があるのかなと思って、「サケバオミナエシ」 で検索しましたがヒットしませんでした(困)

ようやく ようやく

ようやく

 ようやく葉の裂けていない 「オミナエシ」 を1本だけ見つけました。  それでも、普通の 「オミナエシ」 とは何となく雰囲気が違うんですよね〜

 他に ”オミナエシの仲間” で葉が裂けているのはないのか、かなり時間をかけて調べました。

オミナエシ属
オトコエシ
オミナエシ
ハマオミナエシ
オトコオミナエシ
チシマキンレイカ
マルバキンレイカ
ハクサンオミナエシ
キンレイカ
シマキンレイカ
オオキンレイカ 

 確かに黄色い花で葉が裂けているものはありました。 特に「チシマキンレイカ」 と「ハクサンオミナエシ」 は同じ条件でしたが、両方とも高山植物で葉の形が違いました。

マツムシソウに似た葉

マツムシソウに似た葉

 いろいろ調べた結果、わかりませんでした(悲)   わからなかったので、この花には新しい名前を付けましょう!

 「テンザンのオミナエシ」 から ”の” を外して  「テンザンオミナエシ」   にしましょう(笑)



 ただ調べているうちに疑問点が二つ残りました。

 ひとつは、「オミナエシ」 の学名の意味が ”マツムシソウの葉に似ている” ということです。 写真は 「マツムシソウ」 の葉ですが、普通のオミナエシより、明らかに 「テンザンオミナエシ(さっそく使ってる……笑)」 の方に似てます。 名前を付けた現物は、裂け葉だったのではないだろうか?

 もう一つは「ホソバオミナエシ」 です。 大正時代の植物図鑑 に出てくるのですが、検索してもヒットしません。 はたしてどんな花だったのだろう?   

トップへ戻る