多良岳

佐賀県・長崎県の県境にそびえる修験の山(佐賀・長崎県   996m)


2007年4月7日

  春の花の様子を見に行きました

登山口      いろいろな坂      ハルトラノオ      テンナンショウ類      階段
       エイザンスミレ      見晴らし      はしご      ヤシャブシ      六体地蔵    

登山口

登山口



 今日は、まだ未登である県内の 「九州百名山」 のひとつ



 「多良岳」 に挑戦すべく、中山キャンプ場登山口に来ました。



 ここまで時間は計っていませんが、自宅から結構遠かったですね〜



 駐車場からすぐに登山道に入れ、



バンガローの間の鳥居をくぐっていくようになっています。

いろいろな坂

いろいろな坂



 最初の上り坂で少し息が切れましたが、



坂にいろいろな名前が付けてあり楽しみながら登ることができました(喜)



 しかし、看板が古くなっているのでそろそろ付け替えた方がいいかなと思いますし、



できればその時に名前のいわれなども一緒に紹介してあれば最高なのですが……。

ハルトラノオ ハルトラノオ

ハルトラノオ

 登山道にかわいい花がたくさん咲いていました(喜)

 家に帰って調べてみると 「ハルトラノオ」 という名前でした。

テンナンショウ類

テンナンショウ類

 あまりきれいな花ではありませんでしたが、変わった形です。

 調べてみましたが、この花の仲間はいろいろあり、正確な名前はわかりませんでした(難)

階段 階段

階段

 何とか尾根まで上がるとすごい光景が……!!  

 鳥居と 「役行者様」 があるのですが、 問題はその後ろの階段です(驚)  

 ずっと続いていて、見ただけで気力が萎えてしまいました(泣)

エイザンスミレ

エイザンスミレ

 普通に歩くとばててしまうので、ゆっくりと花散策しながら登ります。

 すると……、 石の間からエイザンスミレが顔を出していて、階段を登る楽しみが出てきました(喜)

見晴らし 見晴らし

見晴らし

 ようやく階段が終わって、

楽になったと思ったのもつかの間!!  



 岩場・くさり場ありでどんどん厳しくなり、ばてばてながら何とか 「国見岳」 へ(苦)



 残念ながら遠くの雲仙などは霞んで見えませんでしたが、



近くの 「経ヶ岳」 ・ 「五家原岳」 はよく見えていました(満足)



 山頂の 「多良権現」 まで、登山口から1時間40分でした(ふーっ)

はしご

はしご





 一瞬 「ぎょっ」 としました(驚)



 しかし、鎖を登らなくていいのでこのはしごでどれだけ助かるか、



運んでくれた人に感謝ですね(礼)

ヤシャブシ

ヤシャブシ

 大岩の上で休憩しているときに、目の前に咲いていました。

 名前はわかりませんでしたが、岩の上で休憩されていた方が教えてくれました。

六体地蔵

六体地蔵

 「前岳」 まで行った後、帰りはこちらのコースを通って下りましたが、ものすごく急な下りで何度も滑りました(驚)

写真をクリックすると大きく表示されます。
トップへ>九州の春の花へ>