貫山(平尾台)

カルストの平尾台にそびえる草原の山(福岡県   712m)

2009年 3月30日

野焼き後のカルスト台地を楽しみました


平尾台      展望      展望2      展望3      展望4      展望5      展望6      展望7      展望8
      広谷台      貫山      息吹      ヤシャブシ      飛行機雲      トウダイグサ      タンポポ      ヒメオドリコソウ      
      センボンヤリ            ハバヤマボクチ      何だ!!       チョウゲンボウ      黒い物体ふたつ      タヌキ      文句                      

平尾台

平尾台





 やっぱり今年も来ました。 



 野焼き後の ”カルスト台地” すばらしいですね〜 



 想像しただけで我慢できなくなりました(笑)

展望

展望





 今日は見晴らしがとてもいいです!  



 三度目ですが、今までで最高ですね!(喜) 



 南方面には、最近登った 「古処山」 「英彦山」 が見えていました。

展望2

展望2

 西方面です。

 「福智山系」 の尾根が見渡せます!   あそこに大縦走路があるんですね。

 最近一緒に縦走させていただいている、大分の kさん が単独達成された北部九州屈指の縦走路です。 30kmを越える道のり、あのアップダウン!  こうやって横から見るとすごい距離!!(驚×驚)  苦しさを乗り越えて達成されたことは尊敬に値しますね(感動) 

展望3

展望3

 野焼き後の草原が "感じいいな" と思って写してみました。 しかし、よく見たら昨年の春も同じアングルで写してました(笑)。

 進歩がないのかな? 

 それとも、素晴らしい景色を ”素晴らしい” と思うのは感性が衰えていないのかな(笑)

展望4

展望4

 大分県方面です。

 さすがに九重までは見えませんでしたが、うっすらとですが 「由布岳」 は見えてました。 

展望5

展望5





 北九州方面です。



 「足立山」 〜 「戸上山」ですね、ここの縦走もまだ未踏破です。



 今年の冬にでも挑戦してみよう!! 

展望6

展望6

 同じ(?)平尾台内の 「水晶山」 「偽水晶山」 方面です。

 どこからどこまでが平尾台か分からないので(?)にしましたが、まだ、登っていない山がたくさんありますね。

 あせらずにぼちぼち制覇して行きましょう!!

展望7

展望7





 すぐそこに見えているのは 「広谷台」 ですね。



 今日はそちらに行ってみよう!! 



 その向こうには行橋市街地、遠くには国東半島が見えています。 

展望8

展望8





 平尾台で一番お気に入りの展望、 広谷湿原と 「周防台」 です。



 今日は見晴らしがよく、「周防台」 の右に 「香春岳」、左に 「英彦山」 もはっきりと見えていました。

広谷台

広谷台

 まさしく散歩道ですね! 

 ここまで、雄大な景色を楽しみながらのんびりと歩くことができました。

貫山

貫山

 「広谷台」 から眺めた、平尾台最高峰 「貫山」 です。

 今日は登ってきませんでしたが、最高峰に行かなくても、ここ平尾台はいろんなコースで登山や散歩を楽しむことができます。

息吹

息吹

 黒こげの中からネコヤナギの新芽が出てきていました。

 表面は毎年焼かれながらも、中の新芽は生き延びているんでしょうね(感動) 

ヤシャブシ

ヤシャブシ





 ”草原と青空、プラス早春の花木 「ヤシャブシ」!”  



 調和のとれた景色でしたので、1枚 ”パシリ”!!。

飛行機雲

飛行機雲

 すぐ近くに北九州空港があり、そこから飛び立つ飛行機やそこへ向かう飛行機が飛んでくるたびにきれいな ”飛行機雲” ができていました (感動) 

 上空はかなり冷えているようですね (ここも風がものすごく冷たいです) 、まあそのおかげで黄砂が来なくて、澄んだ空気の中での展望が楽しめています (感謝) 

トウダイグサ

トウダイグサ

 よく見かける雑草? なので普段なら写さないのですが、野焼きしたばかりでまだ花が少なく、貴重な花だったので写して帰り名前を調べました。 

タンポポ

タンポポ

 黄色い 「西洋タンポポ」 はどこでも見かけますが、これだけたっぷりの量感を持った花は初めて見ました(驚)!  

 自宅近くの 「タンポポ」 もゆっくり眺めてみよう。

ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウ

 昨年、群生して歓迎してくれましたが、今年も変わらずに ”姫踊り” で大歓迎してくれました(喜) 

桜





 下界では満開を迎えている ”桜” ですが、ここは標高が高いためにまだ2.3分咲きほどです。 

センボンヤリ センボンヤリ

センボンヤリ







 昨年初めて見た可愛い花 「センボンヤリ(ムラサキタンポポ)」 が、あちらこちらにたくさん咲いていました(喜)



 その度に足を止めて写すのですが、小さい花なので、しゃがむときにメタボの腹が邪魔して写すのに苦労します(笑)

蕾

  「センボンヤリ(ムラサキタンポポ)」 は、上から見ただけでは小さな ”白” タンポポにしか見えませんが、花びらの裏はきれいな紫色をしています。

 写すのに手頃な蕾があったので撮ってみました。

 紫色がちょっぴり顔をのぞかせていますね!

ハバヤマボクチ

ハバヤマボクチ

 まだ咲いているところは見たことがありませんが、残っている枯れ姿から 「ハバヤマボクチ」 ではないかなと思いますが……?。  

何だ!!

何だ!!

 ん……!? 



 何かの鳥がいる!! 



 さっきからカラスは何度も見ているけど、カラスではないみたいだな? 
                     
チョウゲンボウ チョウゲンボウ

チョウゲンボウ

 鳥の撮影もよくされている、大分のKさんに名前を教えていただきました。

 ハヤブサ科の猛禽類だそうで、調べてみると、 ”ホバーリングができる”  ”紫外線が見える” というすごい能力を持った鳥でした(驚)

 岩の上でせっかく休んでいるので邪魔したくはありませんでしたが、登山道がその岩のすぐ横を通っており、仕方がないので驚かせないようにそっと横を通り抜けました。 

黒い物体ふたつ

黒い物体ふたつ

 舗装路に出て歩いていると、視界に異様な光景が入って来ました。 

 じっと見てみると何やら ”黒い物体がふたつ”

 焼け野原の斜面を転げ落ちるようにして走って来ます(驚)  それもこちらに向かっています(驚×驚)

 とても犬や猫とは思えない重みのある足音!!  

 ひょっとして ”ウリ坊?” かなと思い、そうすれば近くに親猪がいるはずなので身構えました(緊迫)!!

 すると……!? 

 目の前に現れたのは ”タヌキ”!! 

 前を走っていたタヌキ (たぶん雌かな?) は舗装路に出るとそのまま前に駆け抜けて行きました。

タヌキ

タヌキ

 後ろから来たタヌキ (たぶん雄ではないかな?) は枯れ草の中から出てきたものの、舗装路に出るのをためらいその場に止まりました。

文句

文句

 そして、私の方をにらんで、何やら吠えまくり、Uターンして戻って行きました。



 山歩きをするようになってからいろいろな動物を見かけますが、ほとんど私の姿を見たら逃げていきます。



 にらまれて文句を言われたのは初めてです(驚)  



 私には、「お前のせいでものにできなかったじゃないか(怒)」 と聞こえましたが……(笑)!!



 今日の山行で一番印象に残ったのは、花や展望でなく、動物との遭遇でした!! 



 やはり、たくさん山歩きをしているといろんなことがありますね〜 

写真をクリックすると大きく表示されます。
トップへ> 九州の春の花へ>