貫山(平尾台)

カルストの平尾台にそびえる草原の山(福岡県   712m)

2008年4月 5日

    野焼き後の草原を散歩しに行きました 



吹上峠      茶ヶ床園地      案内図      展望台      歓迎      遊歩道      白花タンポポ
      スミレ      大平山      分岐      登山道      ドリーネ      熱かったでしょう!      もう少し
      ミツバツチグリ      振り返り      山頂      空港      下り道      センボンヤリ      広谷湿原      舗装道路

吹上峠

吹上峠



 朝早く出発して  「虎尾桜」 に寄り道しましたが、 なんとか午前中に着きました(ほっ)



 ここ吹上峠は3年ほど前に登山口として利用しましたが、 「大平山」 で雨に遭って残念ながら引き返したところです。



 ここはいきなりの急登で始まるので面食らってしまうんですよね。



 しかし、今日は時間も遅いので別の登山口を利用します。

茶ヶ床園地

茶ヶ床園地

 今日は、ここ 「茶ヶ床園地」 から出発します。

 ガイドブックにはここからだと70分程度で山頂に着くように書いてありました。

 すでに標高が422mあるので、残りは300mもありません、これなら最後まで楽しく歩けそうだ(喜)

案内図

案内図





 駐車場に案内図がありましたが、ここからは 「貫山」 登山だけでなく、いろんなバリエーションのウォーキングが楽しめるみたいです。

展望台

展望台

 ここ 「茶ヶ床園地」 はカルスト台地の展望台にもなっているようで、いろんな説明板やイス・テーブルが設置されています。

歓迎歓迎

歓迎

 準備をして歩き出すとすぐに 「ヒメオドリコソウ」 の大群生が歓迎してくれました(喜)

 また、その間に 「オオイヌノフグリ」 「ハコベ」 が混じって春を競演していました(喜×喜) 

遊歩道

遊歩道

 道はきれいに整備され、羊群原の中を気持ちよく散歩気分で歩けます(楽々)

白花タンポポ

白花タンポポ

 遊歩道で最初に見つけたのは 「白花タンポポ」 でした。

 白い色のタンポポは私の地元ではあまり見かけないんですよね、地域によってはよく咲いているそうですが、小さい頃から黄色以外はほとんど見たことがないので珍しかったです(感動)

スミレスミレ  

スミレ

 野焼きの後にまず咲くのは 「スミレ」 が多いですね。

 しかし、ここは、阿蘇や九重ではないので ”キスミレ” は咲かないようです。

大平山

大平山





 前回登った 「大平山」 が見えています。



 まさしく羊群原に囲まれた山ですね〜(驚)

分岐 分岐

分岐

 ここからは舗装された遊歩道を離れ、本格的な登山道になります。

 帰りは広谷湿原を回ってこちらの遊歩道から来ようと思います。

登山道

登山道

 野焼きの済んだばかりの登山道は実に気持ちよく歩けますね(喜)

 さえぎるものがなくてずっと大展望の中の散歩道ですが、残念ながら霞んでいるので遠望はダメです(残念)

 しかし、周囲の平尾台はとてもきれいに見渡せます。

ドリーネ

ドリーネ





 カルスト用語?  をひとつ覚えました(笑)



 あそこに見えている大きな穴が 「ドリーネ」 ですね。

熱かったでしょう! 熱かったでしょう!

熱かったでしょう!

 野焼きの中を生き残ったんですね!  

 葉が少しこげているので、激しい炎に耐えたのがわかります(感動)

もう少し

もう少し

 山頂が近づいてきましたが、やはり最後は少し登っています。

 気合を入れて頑張らねば!

ミツバツチグリ ミツバツチグリ

ミツバツチグリ

 野焼き後の草原に黄色いものを発見!

 側によってみたら 「ミツバツチグリ」 でした。

 「翁草」 がないかなとも思っていましたが、今年は寒かったのでまだ早いだろうと思い、あまり熱心に探さずに歩きました。

 先日、園芸店で開花している花をたくさん見たからかも分かりませんが……、一鉢700円でした。

 でも、天然物も見てみたいな。

振り返り

振り返り





 最後の急登をほぼ登りつめたところで振り返りました。



 野焼き後の平尾台は本当にすばらしいところですね〜 (野焼き後でなくてもでしょうが)。

山頂

山頂

 最後は少しきつかったですが、約65分の気持ちよいお散歩で、ガイドブックの予定時間とほぼ同じでした。

 これで3年前のリベンジができました(喜)

 山頂碑の後方に 「足立山」 が見えていますが、あそこも最後の急登がものすごくきつかったのを思い出しました(懐)

空港

空港

 残念ながら霞んでいて 「新北九州空港」 はかすかにしか見ることができませんでした(無念)

下り道

下り道



 下りは予定通り広谷湿原方面に下りました。



 しかし、ここ平尾台はどこもすばらしい景色を見ることができますね〜(感動)  



 もう少し自宅から近かったら何度でも訪れたい場所です、すっかりファンになりました!!

センボンヤリ センボンヤリ センボンヤリ

センボンヤリ

 初めて見る花だったので、家に帰ってから調べました。

 春と秋の2回花を咲かせ、秋の花が大名行列の槍に似ているのでこの名前がついているそうです。

 春の花は別名 「ムラサキタンポポ」 と呼ばれていて、確かに花弁の裏は紫色をしていますし、遠くから見ると紫の花に見える株もありました。

広谷湿原 広谷湿原広谷湿原

広谷湿原

 まだ、冬のままで何も咲いていませんが、水の音やコケ類が心を癒してくれました(ほっ)

舗装道路

舗装道路

 広谷湿原コースは大部分が舗装道路なので、登山靴よりはスニーカーの方が歩きやすいですね。

 また、平尾台全体もガレ場などはないので、登山靴でなくスニーカーで十分なようです。

写真をクリックすると大きく表示されます。
トップへ> 九州の春の花へ>