福智山

筑豊地方最高峰で展望の良い山(福岡県   901m)

2008年4月 5日
虎尾桜を見に行きました。

昂る気持ち      登山口      迂回路?      大崩壊
サツマイナモリ      標識      すばらしい!      600年!      3.8m      ささえ      青空      

昂る気持ち昂る気持ち

昂る気持ち

 虎尾桜が満開との情報を得て、早速やってきました。明日が雨という予報が出ているので、今日が一番の混雑になるだろうと予想して早めにやってきました。 それでも駐車場にはそこそこの車がすでに停まっていました。
 駐車場近くの説明板ですが、読んでいるうちにまだ見ぬ「大桜」に対して否が応でも気持ちが昂ぶってきます。

登山口 登山口

登山口

 駐車場からは、温泉施設を左手に見ながら車道を登り詰めると登山口になります。登山道はすぐ横に清流が流れる常緑樹林帯の中に続いていました。

迂回路?

迂回路?

 しばらく登ると「迂回路?」の標識があり、それに従うかどうか悩みました。

大崩壊

大崩壊

 理由はすぐにわかりました。土石流で崩壊したようですが、今は登山道部分だけ通れるように片付けてありました。

サツマイナモリサツマイナモリ

サツマイナモリ

 登山道にはサツマイナモリが、崩壊地からずっと左斜面に咲き続けていて楽しませてくれました。まだまだ蕾が多くこれからも長く見れそうです。

標識

標識

 手作りの標識がありがたいですね。「源平桜」というのもあるんですね。

すばらしい!

すばらしい!

 声にもならないぐらいすばらしいですね!大きくて色も濃く、普段見慣れているソメイヨシノとは全然違いました。樹木から出ているオーラかどうかわかりませんが、周囲の空気も厳かでした。

600年!600年!

600年!

 あくまで推定ですが、樹齢600年なんですね。京都の「金閣」「銀閣」と同じぐらいの歴史を刻んでいるんですね。

3.8m

3.8m

 もちろん柵で囲ってあるので近寄れませんが、周囲3.8mの株元あたりはなんとなく人を寄せ付けない雰囲気がありますね。

ささえ

ささえ

 人間でいうと当然「高齢者」になるので、身体を支える杖が必要ですね。いろんな方たちが懸命のケアをしてくれて生き続けているんですね。

青空

青空

 私が来たときには、すでに数人の方がカメラを設置して青空を待っておられましたが、今日はなかなか気持ちの良い青空にはならないみたいですね。
 写真を撮っている間に次々と団体さんが登ってこられ、混雑する前に下ることにしました。今日は混雑すると思われる山頂を目指さずに、近くの名山  「貫山」  にこの後行きました。しかし、下りでも次々と大人数の団体さんとすれ違い、どれだけの人が今日は見に来るんだろうなと思いながら下りました。 



写真をクリックすると大きく表示されます。


トップへ>九州の春の花へ>
2006年10月 6日

上野越      登山道      うーん      もうすぐ 山頂      すすき      見晴らし      

上野越上野越

上野越

 午後からきたのでかなり近道をしました。白雲ラインの終点ゲートまで車で乗り付けてずるいと思いましたが、他にも車はたくさん停まっていました。
 しかし、ここ上野越からはすぐだろうと思っていましたが甘かったです。

登山道 登山道

登山道

 気持の良い登山道ですが突然交通標識が出てきました。こんな山の中にありえないでしょうと思いたいのですが、背振の縦走路のこと(背振山)を思い出すと何でもありですからね。

うーん

うーん

 九州自然歩道は整備されていて便利ですが、この地図はちょっと複雑すぎて、もう少し簡素にできないでしょうか。地元の方以外は何の事やら。

もうすぐ

もうすぐ

 ゴールが見えてきました。

山頂

山頂

 山頂からの八丁辻です。何となく天山から眺める雨山に似ています。

すすきすすき

すすき

 時期が遅く、少し枯れているのが多いかなという感じでした。

見晴らし見晴らし

見晴らし

 遠賀川方面と貫山方面です。雲が多くてあまりきれいには見えませんでした。増淵ダムが見えています、あそこからのコースは渓谷が素晴らしいということなので一度歩いてみたいです。

写真をクリックすると大きく表示されます。
トップへ>