万 年 山

大分県玖珠町の広大な山頂を持つメサの山。(大分県  1140m)

2008年5月31日
ミヤマキリシマを見に行きました


登山口      登山道      いない      ちらほら      アカツメクサ      見えた      上万年
      九重連山      分岐      あれっ      説明板      まだまだ      アップです      牧場と花      満開  

登山口

登山口



 今日は80過ぎの母親に 「ミヤマキリシマ」 を見せたくて、

どこにしようか考えた結果 「万年山」 にしました。



 ここは群生地までほとんど舗装路を歩くので、

膝の悪い母でも何とか歩けるだろうと思います。



 「仙酔峡」 はすでに花が終わっているだろうし、

「天山」 は山頂までの距離はあまりないものの、

道が悪く頑張って登っても多分下れないだろうと思い断念しました。

登山道

登山道

 しばらくは車の来ない広い道ですが、かなりの登りなのでゆっくり歩きます。

 のんびりと道路脇の斜面を見ていたら 「ミヤマキリシマ」 がポツリポツリと咲いていました。

 しかし、他の樹木との競争ではまったく勝ち目がないので、やがて消えゆくんでしょうね

いない

いない

 牧場入り口の柵が開いていました。

ということは牛さんはいないということですね、かなり安心(ほっ)

ちらほら

ちらほら

 牧場内の道脇にもちらほら 「ミヤマキリシマ」 が咲いています。

アカツメクサ

アカツメクサ





 道路脇に咲いている数ではシロが圧倒的に多いのですが、





所々アカが見られました。

見えた

見えた

 樹木の隙間から群生地が見えてきました。

 咲いてますねー(喜)

上万年

上万年







 「万年山」 は 「上万年」 ・ 「下万年」 からなっており、





群生地は 「上万年」 の下にある牧場の隅にあります。 

九重連山 九重連山

九重連山

 今日はかなり霞んでますね。

 黄色が強いので、たぶん黄砂がかなりとんできているようで、「九重連山」 は 「涌蓋山」 がかすかに見えているだけでした。

 左が 「九重連山」 、右が 「涌蓋山」 です。

分岐

分岐

 ここで山頂に向かう登山道? (牧野道?)と分かれ群生地に入ります。

あれっ

あれっ

 「あれっ!!」 遠くからはきれいに見えていましたが、近づくと枯れた花が目立ち、花の終わりに近い株が多いようです。

やはり先週ぐらいが見頃だったかも分かりませんね(残念)

説明板

説明板

 母の足でここまで35分でした。

 せっかくの説明板が傾いていますね(笑)

まだまだ

まだまだ









 終わりに近い株が多い中、まだまだ満開の株も探せばありました。

アップです

アップです







 たくさん咲いているとその美しさに目がいきますが、





ひとつひとつの花をアップで写すととてもきれいです。

牧場と花

牧場と花









 牧場の緑と 「ミヤマキリシマ」 のピンクが合いますね(うん)

満開

満開



 満開中の花はすごい密集度ですね。





 これが 「ミヤマキリシマ」 の一番の魅力で、



私たちの心をしっかりと捉えてしまいます。





 来週はいよいよ 「阿蘇」 か 「九重」 ですね(闘志)