日照岳

(ひでりだけ)


1751m
’08/03/07

  

お蔵入りしていた山スキーを引っ張り出して、久しぶりのスキー山行でした。
行く前日に久しぶりに道具を引っ張り出すとスキー、兼用靴、ビンディングは問題なし。
ところがシールを見て唖然!接着剤が硬化して使い物にならない〜(・_・、)
慌てて金沢市内の登山用品店ケルンさんに買いに行き、何とか間に合いましたが、こんな準備不足で大丈夫なのかと少々不安。
同行者は山仲間のWAKU隊長と鉄人M川氏。
国道159号線の登山口付近に駐車して、AM6:30出発→頂上着12:00→頂上発12:30→登山口13:50
頂上までは雪の降る中での登高でしたが山頂で晴れ、滑走時には絶好の好天に恵まれました。
平日で他には登山者もなく誰も滑っていないパウダーを満喫してきました。
久しぶりのスキー山行でしたが、古いシールの効きも悪く、深雪のシール登高では170cmの板が邪魔で体力を奪われ、滑走時にはクタクタの状態でした。
深雪の樹林帯では、長い板では小回りがきかずに苦労した経験を生かし?帰宅直後に160cmのツアー用スキー板とシールのセットを注文したのでした。
クタクタ状態の深雪樹林帯滑走では転びまくりましたが、アップした動画では当然のように転倒シーンはカットして都合よく編集しております。(5年ぶりくらいのスキー山行ですので大目に見てやってね!)


尾根への取り付き口
山頂より白山方面
白山は見えませんでした
山頂にて
クタクタヨレヨレ〜!
山頂下尾根からの滑走
その1
山頂下尾根からの滑走
その2
深雪のパウダーを荒らしてしまいました
1600m付近から御母衣湖 1500m付近の広い尾根
広い尾根を滑るWAKU隊長 尾根から谷へ
ブナ林を滑るWAKU隊長
深雪のブナ林を滑るWAKU隊長
この滑りを見て板の購入を決意したのでした
山スキーは技術よりも道具です
登山口へ無事下山
国道脇のスペースに駐車



滑走動画
クリックすると動画が音声なしでスタートします
Windows Media player


  



プライバシーポリシー 特定取引法に基づく表示 会社概要 ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ 1