富士山

(ふじさん)


3776m
’09/05/23

  

仕事が片付かずバタバタしていても、山の誘いは断れません。
今回もWAKU隊長の誘惑に負け、富士山を滑走してきました。
大阪出発のWAKU隊長と東海環状自動車道の美濃加茂SAで合流し、中央道経由で富士山の富士宮口5合目に4:30到着。
一時間ほど仮眠後、駐車場(2380m)を5:55出発→8合目小屋(3230m)9:17→9合目小屋(3550m)10:40
9合目小屋までは何とか辿り着いたものの調子が上がらず、疲れがたまっていたところに寝不足と高度障害で今日はここまで!と潔く断念。
百名山完登まで残りわずかの隊長には山頂まで行ってもらい、ここで下山を待つことにしましたが、遮る物が何も無い9合目で強風に震えながら待つこと約2時間。
山頂まで行った方が良かったかも。。。と震えながら登っていく登山者を眺めていましたが、半数以上はアイゼン・ピッケルまで携えたスノーボーダーでスキーヤーの方が少ない現実にビックリ。
2時間後に山頂を踏んだ隊長と合流し、滑り出したら体調回復で、「どこが調子悪いん?」と言われるような滑りであっという間に2700mまで一気に下降。
駐車場着14:45で本日の滑走を終えました。
山に行くときは体調万全が鉄則ですが、今回は行きたい気持ち優先で少々無理をしてしまったと反省。
山頂はまた後日再挑戦です。
下山後は翌日登る予定の皇海山(百名山)へ移動。


ルート
富士宮口5合目駐車場
5合目駐車場からスキー・兼用靴・アイゼン・ピッケルをザックに付け、軽登山靴で登り始めます 6合目までは雪の無い夏道を登ります
下界には雲海が広がります 8合目小屋
この時は既にヨレヨレ状態で足が前に進みません 9合目小屋
今日はここで断念です
合流後復活!
「どこが調子わるいん?」と言われながら快適に滑走開始です
高度障害は下れば直る
隊長
陶酔の滑走
2700mで滑走終了
ここからはスキーを担いで下山
2600m付近から山頂を振り返る


WAKU隊長の滑走 きつねだこんの滑走

滑走動画
クリックすると動画が音声なしでスタートします
Windows Media player


  



プライバシーポリシー 特定取引法に基づく表示 会社概要 ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ 1 1