我が家のキャンプ道具の紹介です。使用感など参考になれば幸いです。


サウスフィールド スクリーンテント(SF7011ST)


サウスフィールド  スクリーンテント(SF7011ST) 

こちらも「サウスフィールド」製のスクリーンタープです。 かなり大きく、横に長いのが特徴です。横に長いのでテントと連結しても長さが少し短くて済みます。(詳細はこちら)






サウスフィールド ヘキサゴン型タープ(SF7013HT)


サウスフィールド ヘキサゴン型タープ(SF7013HT)    

解放感がありつつも、適度にプライバシーを確保してくれるヘキサタープ。 テントとお揃いの方が見た目がいいのと、コストパフォーマンスの良さで決めました。(詳細はこちら)






フォールディングパティオタープ


フォールディングパティオタープ    

キャンプに慣れてくると、設営に時間を掛けたくなくなってきて、簡単に組み立て出来る自立式タープを買いました。柱のフレームが真っ直ぐなので、思っていたよりも広く感じます。コンパクトに畳めないのと、重さがネックです。(詳細はこちら)






D-X ハイパワーランタン3000


サウスフィールド  D-X ハイパワーランタン 3000   

これもサウスフィールド製です。
「世界最高3000ルクス」という言葉に、目を奪われました。
確かに明るいです。
ガス式なので、使い勝手もいいです。(詳細はこちら)






Coleman(コールマン) ノーススター2000


Coleman(コールマン)  ノーススター2000   

ガソリン式のランタンに憧れて購入しました。
明るいと聞いていたのですが、D-X ハイパワーランタン3000を使っていた僕には、 驚くほど明るくは感じませんでした。
しかし、気温に左右されずに安定して使えます。(詳細はこちら)






D-X テーブルランタン 400


サウスフィールド  D-X ハイパワーランタン 400 

これもサウスフィールド製です。
スクリーンタープ内で使う明るいランタンが欲しかったので、買いました。
ホヤは、すりガラスになったモノに換えました。
調理など明るさが欲しい時にも使えて、重宝しています。(詳細はこちら)






エクスプローラー・プロ EX−777XP


GENTOS(ジェントス) エクスプローラー・プロ EX−777XP

直接明かりを見るとまぶしいくらいの明るさがあり、ガスなどが使えないテント内では力を発揮しまます。
LEDなので使用できる時間が長く、明かりの色が温かみがあります。
雨に濡れても安心な防滴構造になっています。(詳細はこちら)







VISIONPEAKS(ビジョンピークス) アルミロールテーブル


VISIONPEAKS(ビジョンピークス) アルミロールテーブル

ロースタイルに変更したので、それに伴いテーブルも対応できるものに交換しました。
アルミ製で軽く、収束式なのでコンパクトになり、持ち運びに便利が良いです。(詳細はこちら)







Coleman(コールマン) スリムキャプテンチェア


Coleman(コールマン)のスリムキャプテンチェア

アルミフレームで軽量です。
ディレクターチェアを収束タイプなのにした感じです。 収束タイプにありがちな、太ももの裏が痛くなることもありません。 しっかりとしたすわり心地で、背もたれが傾いていないので、食事の時などは使いやすいです。(詳細はこちら)






「チェア ディッシュ&ドリンクトレー」サウスフィールド


サウスフィールド チェア ディッシュ&ドリンクトレー

スリムキャプテンチェアには、ドリンクホルダーがありません。
そこで、「チェア ディッシュ&ドリンクトレー」があると、ドリンクはもちろん、お皿も置けます。
取り外しも簡単にできます。 (詳細はこちら)







サウスフィールド 可動式サイドテーブル チェア


サウスフィールド 可動式サイドテーブル チェア

僕専用のイスです。
折り畳んでもコンパクトではないのですが、座り心地とサイドテーブルの便利良さが気に入っています。(詳細はこちら)






「イージーリフトチェア ST 」Coleman(コールマン)


イージーリフトチェア ST 」Coleman(コールマン

キャンプで気持ちよくお酒を飲んでいると、酔いつぶれて眠たくなってくるんです。
もう、座っているだけでもしんどい状態。
そんなときに、これがあればちょっとリクライニングして安らげます。(詳細はこちら)







「カップホルダー付スリムチェア」Coleman(コールマン)


「カップホルダー付スリムチェア」Coleman(コールマン)/

スリムキャプテンチェアの素材をスチールにした感じです。
こちらも収束タイプにありがちな、太ももの裏が痛くなることもありません。
お値段も手ごろで、家族分そろえやすいです。(詳細はこちら)








「キャンパスコージーチェア」Coleman(コールマン)


キャンパスコージーチェア」Coleman(コールマン

コージーチェアをコットン製にしたイスです。
コットンなので、火の粉に強く、焚き火をする時などにいいです。
何よりも、ロースタイルなのに、この座り心地の良さがいいです。(詳細はこちら)








「ラウンジスタイルチェア」VISIONPEAKS(ビジョンピークス)


「ラウンジスタイルチェア」VISIONPEAKS(ビジョンピークス)/

ロータイプのチェアです。
こちらも収束タイプにありがちな、太ももの裏が痛くなることもありません。
背もたれの角度が5段階に調整できます。(詳細はこちら)








「あぐらイス」 プロックス(PROX)


 「あぐらイス」 プロックス(PROX)  /

ロータイプのチェアです。
収束タイプなのでコンパクトになります。
背もたれの角度は直角なんですが、あぐらをかくと、姿勢がよくなり、これが意外と疲れないんです。(詳細はこちら)








「 ローコンパクトスリムチェアDX」 North Eagle(ノースイーグル)


 North Eagle(ノースイーグル)「 ローコンパクトスリムチェアDX」 /

ロータイプのチェアです。
収束タイプなのでコンパクトになります。
背もたれの角度が緩やかなので、くつろぎ用のチェアですね。(詳細はこちら)








ファンチェア  Coleman(コールマン)


 Coleman(コールマン) /

ロータイプのチェアです。
収束タイプなのでコンパクトになります。
見た目は何の変哲もないチェアに見えますが…(詳細はこちら)








キックバックチェア  Coleman(コールマン)


 Coleman(コールマン) キックバックチェア /

ロータイプのチェアです。
収束タイプなのですが、収納するとちょっと太めかな?
包み込まれるような安らぎを与えてくれるチェアです(詳細はこちら)








「コンパクトグランドチェア」 Coleman(コールマン)


 コンパクトグランドチェア Coleman(コールマン) /

簡単に言えば座椅子です。
収束タイプなのでコンパクトになります。
長時間の使用は、お尻や背中が痛くなってきます。(詳細はこちら)







Coleman(コールマン) 3ウェイオットマン


3ウェイオットマン  Coleman(コールマン) 

無くても良いモノなんですが、せっかくのキャンプを快適に過ごすのに重宝します。
「オットマン」「イス」「サイドテーブル」と、3通りの使い方が出来るすぐれものです。(詳細はこちら)







サウスフィールド コンパクト テーブル


サウスフィールド コンパクト テーブル

簡易テーブルなので、上に物を置くと安定感がありませんが、コンパクトに収縮できます。
持ち運びに便利なので、重宝します。(詳細はこちら)







グリーンウッド カセットボンベ式ポータブルヒーター(GCP-181)


グリーンウッド カセットボンベ式ポータブルヒーター( GCP-181)

燃料がカセットボンベのヒーターです。春先や秋などの朝晩の冷え込みに重宝するかと思い買いました(詳細はこちら)