「勝手にゴミ拾い」とは?
 
◇ はじめに ◇
 清廉な流れと緑豊かな空間で、野生の渓魚に出会う感動・・・
 しかしながら、その素晴らしい空間に落ちている、あるいは捨てられたゴミのせいで、せっかくの景観や気分が台無しになった経験は誰しもあると思います。

 一部の心無い人達により残された渓流のゴミは、何もしなければ自然に消滅することはありません。また、行政や漁協に依頼することは時間もかかり、交渉の煩わしさもあることは事実です。

 でも、自分の好きな渓流のゴミを“勝手に拾う”ことは誰にでもできます。「人が捨てたゴミ」と言わず、例え一つでも拾って、いつも遊ばせてもらっている渓に恩返しをしてみませんか?
 
◇ 全国一斉ゴミ拾い ◇
 しかし、実際には、なかなか拾えないのも現実です。
 そこで、インターネットを通じて「みんなで全国一斉に、同じ日に拾おう!」と企画しました。
 場所や時間は問いません。あなたのお好きな渓で一人でも良し、お仲間を誘っても良し・・・でも、全国で一斉に活動できれば、とても大きな力となります。
 この活動の発起人クラさんを中心とする仲間では、毎年10月の第一週を目途に河川清掃に取り組んでいます。
 この日を、「全国一斉ゴミ拾い」の日として提案します。
 
◇ いつでも・どこでも・だれとでも ◇
 「勝手にゴミ拾い」ですので、「全国一斉ゴミ拾い」の日に限らず、“いつでも”、“どこでも”、“だれとでも”けっこうです。
 時期やカタチにとらわれず、常時、ゴミ画像をお待ちしております。
 残念なことですが、地道に拾っていく以外に、渓のゴミを減らす方法はありません。