Kamakura Walking Association
Report 2017年
8月6日
「鎌倉ぼんぼりウオーク」

top index

 
 会員 nameki  会員 nameki
  会員 nameki  会員 nameki
   会員 szk 会員 szk
 
 
 会員 nameki 会員 nameki 
 
 
会員 nameki  会員 nameki

 月例会報告
 役員:佐藤 敏雄   
 本日は高温注意報が出て、出発時間が午後3時という歩行には悪条件が出ていたが、226名プラス県立鎌倉高校の生徒33名と担当の大坪先生、前NPOセンター鎌倉の渡邉理事長の合計261名、亀岡八幡宮を出発。
 逗子郵便局の信号を直進し逗子海岸方向へ進み、途中右折し、逗子開成高校前から住宅地~新宿を経て逗子海岸通りへ出た。後ろを振り返れば海岸では色とりどりのビーチパラソルで賑わっていた。
 高養寺・浪子不動から披露山のハイキングコースへ。披露山公園の駐車場で水分補給を兼ねた小休止を取り、名越切通には大切岸。防衛のためとも採石場ともいわれます史跡を逗子市が整備した道を歩き、「子どもふれあい広場」から宅間ヶ谷へ下りた所から自由歩行としました。
 皆さんはそれぞれ、鶴岡八幡宮境内の「ぼんぼり祭り」「夏越祭の茅の輪」をくぐり、無病息災、夏の無事を祈られたことでしう。
 解散後三々五々、明るいうちに展示されている「ぼんぼり」の作者を確認したり、夕暮れ時に「ぼんぼり」に灯が点され幻想的雰囲気を味わった方もいらしたことでしょう。
高養寺という名は、
寺の建物を作るのを援助した政治家、高橋是清・犬養毅の名をとってつけられたものだそうです。
 
  コース: 逗子・亀岡八幡宮 → 逗子郵便局 → 逗子開成高校前 → 高養寺・浪子不動 → 披露山公園 → 名越切通 → 子どもふれあい広場 → 宅間ヶ谷(自由歩行) → 報国寺 → 田楽辻子の道→大御堂橋 → 筋違橋 → 鶴岡八幡宮(ゴール)