Collabo 2018
健康づくり講座
「ゆったりウオーク」
1/25

共催:名越やすらぎセンター(鎌倉市社会福祉協議会)
                   共催:鎌倉歩け歩け協会

TOP index

 
slide show
健康づくり講座「ゆったりウオーク」 第1回「伝統工芸と文化財にふれる・鎌倉彫会館」

担当:役員  
  平成30年1月25日(木)名越やすらぎセンターと、鎌歩協会共催の健康づくり講座「ゆったりウオーク」を開催しました。
 この講座は、昨年より健康に「教養」を取り入れ、歩くだけでなく鎌倉の歴史、史跡、歩いたことのない路地での発見、またゴールでの専門講師によるお話を聞いて解散する歩行距離5`程の企画です。

 サブタイトルは「伝統工芸と文化財にふれる」となりました。 今回は「鎌倉彫」がタイトルでした。
日頃は「鎌倉彫」という言葉は耳にしていますが、地元にいてもよくわかっていないのではないでしょうか。

 ゴールした鎌倉彫会館の資料室で、女性講師よる、わかりやすい説明で始まりました。
鎌倉彫の確立された年代ごとの展示品で、室町から安土桃山時代、江戸時代、明治・大正・昭和から現代までの鎌倉彫の誕生から鎌倉彫の発展を知ることができました。
 仏師により鎌倉彫は生まれ、当時は鎌倉物と表現されていたようで、近代になると仏師は後藤家と三橋家となり、現在は仏像を製作する仏師はいないとのこと、解散後、有志は会館1階で鎌倉彫一式の食器でランチを楽しみました。食後は建長寺で採集した「はちみつの菓子」、とコーヒーは、3万から5万円の値段の鎌倉彫の器で、大満足しました。参加者から、これからも「鎌倉らしいウオーク」を楽しみにしたいと
・・・

 コース:西口→御成通り→六地蔵→和田塚→(若宮大路)一の鳥居→下馬交差点→大町→妙本寺→琴弾橋→妙隆寺→鎌倉彫会館(解散) 

 次回(講座2日目) 2月15日(木)・出発10 鎌倉駅西口時計台広場  「鎌倉歴史文化交流館」(解散)