発行者
 JR3LCF 岸 雅弘     アワードのデザインを変更しました(2016.04.01)

申請料 無料 (郵送料等はご負担ください、アワードに郵便振替用紙を同封します。)

ルール 湖沼賞制定の全国の池・沼・湖・ダム湖周辺で運用するアマチュア無線局と交(受)信しQSLカードを得る。
     または湖沼賞制定の数多くの湖沼周辺より運用し各湖沼1枚以上のQSLカードを得る。その他のに注意を


    >>湖沼の追加受付を停止しております。<<  2016.10.15



1.湖沼賞WAJA・・・・・47都道府県すべての湖沼移動局と交信する。

2.湖沼賞HAJA・・・・・47都道府県すべての湖沼移動局を受信する。

3.湖沼賞50・・・・・・・・湖沼移動局50局と交(受)信する。湖沼賞100、200、300・・・と100ごとにアワードを発行

4.湖沼賞QRV20・・・・制定された20か所の湖沼周辺で運用する。QRV50、100、150・・・と50ごとにアワードを発行

5.湖沼賞1DAYAJD・・24時間以内に国内10エリアの湖沼移動局と交(受)信する。

申請書類 ホームページにあります。紙の申請書類が必要な人は申請先にSASEで請求してください。
       また、湖沼リストが必要な人はハガキで申請先に請求してください。(要実費)


申請先
 メールに申請書類を添付してjr3lcf(at)yahoo.co.jpまでお送りください。
      郵送での申請は交信表が手書きの場合のみ受け付けます。〒586-0069 大阪府河内長野市石仏549 岸雅弘宛



その他
1.同じ種類の賞は2賞まで、合計3賞まで同時に申請できます。QSLカードが手元に集まってからアワードの申請をしてください。
  2賞または3賞を申請される場合はそれぞれに申請書と交信表を用意してください。

2.QRV賞以外は申請局に移動地の制限はありません。QRV賞では琵琶湖のように複数の市郡区があっても1湖沼と考えます。

3.湖沼移動局の運用地と湖沼の所在地は同じ市郡区内であること。LAナンバーを送出できるのは湖沼移動局に限ります。

4.湖沼移動局の運用地の市郡区、湖沼ナンバー、周波数(周波数は2バンドまで)のいずれかが異なれば同一局も異なる移動局と考え、それぞれ1回の交(受)信とします。
   ()一つの郡内の異なる町村で運用する同じコールサインの局と交信しても別ポイントにはなりません。町村の区別はありません。

5.同じ湖沼から運用する異なる局との交(受)信はそれぞれが有効です。

6.複数の市郡区(町村ではありません)の記載がある湖沼の場合、ひとつの湖沼の複数の市郡区から運用する局との交(受)信はそれぞれが有効です。

7.アワードは紙製A4サイズ、JPGやPDF等では発行していません。 発行は国内局のみです。

8.受賞者 および 交信例

9.少しの寄付をお願いします。(1賞につき0〜200円で)

10.CWのみのアワードPSCWもよろしく