ホワイトデーの倍返しもほどほどに

ホワイトデーは3倍返し?

ホワイトデーのお返し、よく「3倍返し」と言われます。この「3倍返し」というのは、一体どこから来た基準なのでしょう?ホワイトデーの3倍返しのいわれは、実はあまりはっきりしていません。というより、このホワイトデーの3倍返し、どうもバブル期の名残のようです。まあ、たしかに当時は景気が良かったし、みんな今よりはお金を稼ぎやすかったから、男性諸氏も3倍返しなんてことが可能だったかもしれませんが、今は景気が回復してきているとはいえ、さすがに義理チョコにまで3倍返しができる人はそんなに多くはないでしょう。そして実際、現代は「ホワイトデーのお返しは、もらったチョコレートの額に見合った額」という人が主流のようです。女性におかれましては、ホワイトデーの3倍返しを期待するのは相手を見て、ということのようですね。

ホワイトデーの倍返しもほどほどに

「ホワイトデーは3倍返し」などという言葉も聞かれるように、男性諸氏に期待をしている女性も少なくないようです。時にホワイトデーの3倍返しの件を「エビでタイを釣る」などと言っている女性も見かけることも。ホワイトデー自体が30年ほど前にできた、日本独自の新しい習慣であるということもあり、ホワイトデーの倍返し、3倍返しというのは、特に意味のあるものではないようです。世間の一部の風潮として、「男女で食事をする際は男性が払う」というものが見られますが、倍返しというのもその延長で、男性のプライドや女性のズルさが絡み合ったものなんでしょうね。というわけで、聡明な男性や女性の方なら既にお気づきだとは思いますが、ホワイトデーの3倍返しなど、本来は必要のないもの。誤解している男性も多いかもしれませんが、女性の皆が3倍返しなどを望んでいるわけではなく、「そんなことをされると、かえってって気を使ってしまう」という人のほうが多いのです。ホワイトデーのお返しは、バレンタインデーのプレゼントに釣り合うような、男性諸氏の誠意が伝わるものであれば十分でしょう。