通称会津磐梯山は福島県のほぼ中央に位置する猪苗代湖の北約5kmにあり、大磐梯(標高1819m)、櫛ヶ峰(標高1636m)、赤埴山の3峰から構成されております。 この磐梯山は会津若松市から見ると一つの峰の様に見えるところから会津富士とも呼ばれております。 磐梯山の麓は南が表磐梯で北が裏磐梯となり、表磐梯から見る磐梯山は普通の山ですが、裏磐梯から見ると、一変して山体崩壊跡の荒々しい姿を見せております。
 又、裏磐梯の景観は、磐梯山の噴火により川が堰き止められて桧原湖、小野川湖、秋元湖、五色沼等々、大小さまざまな湖沼で形成され、磐梯山周辺一帯は、ウォータースポーツやキャンプ、フィッシング、スキー等で一年中多くの観光客で賑わう北会津の観光メッカとなっております。  尚、磐梯山は、東北日本火山帯の火山フロントに沿っており、北北東には吾妻山が、ほぼ東には日本百名山の一つ安達太良山等が隣接しております。  

(画像をクリックしますと拡大写真でご覧頂くことが出来ます)




磐梯山 磐梯山 磐梯山

磐越自動車道より望む
(桜の季節)


同左拡大写真


磐梯山サービスエリア(下り線)より望む

磐梯山 磐梯山 磐梯山

磐梯山サービスエリア(上り線)より望む(1)


磐梯山サービスエリア(上り線)より望む(2)


磐梯山サービスエリア(上り線)より望む(3)

磐梯山 磐梯山 磐梯山

会津若松城(鶴ケ城)の桜祭りと磐梯山


同左拡大写真


会津若松市の全景と磐梯山(会津富士)

磐梯山 磐梯山 磐梯山

磐梯山(会津富士)の拡大写真


磐越自動車道より望む
(猛暑の季節1)


磐越自動車道より望む
(猛暑の季節2)

磐梯山 磐梯山 磐梯山

裏磐梯の五色沼(毘沙門沼)から望む(1)


裏磐梯の五色沼(毘沙門沼)から望む(2)


裏磐梯の五色沼(毘沙門沼)から望む(3)

磐梯山 磐梯山 磐梯山

裏磐梯の五色沼(毘沙門沼)から望む(4)


裏磐梯の桧原湖の遊覧船から望む(1)


裏磐梯の桧原湖の遊覧船から望む(2)

磐梯山 磐梯山 磐梯山

磐梯山噴火記念館の屋上より望む(手前の施設は磐梯山3Dワールド)


同左拡大写真(右峰が磐梯山(1819m)、左峰が櫛ケ峰(1636m))


全国第4位の大きさを誇る湖猪苗代湖の遊覧船から望む

磐梯山 磐梯山 磐梯山

猪苗代湖の遊覧船から望む拡大写真(左峰が磐梯山、右峰が櫛ケ峰)


磐梯山麓に広がる水田の稲穂と磐梯山


同左拡大写真

磐梯山 磐梯山 磐梯山

福島が生んだ世界的医学者・細菌学者の野口英世記念館(生家)と磐梯山


世界のガラス館(福島猪苗代店)から望む(1)


世界のガラス館(福島猪苗代店)から望む(2)

磐梯山 磐梯山 磐梯山

世界のガラス館から望む拡大写真


世界のガラス館のお花畑から望む


磐越自動車道より望む
(菊薫る秋1)

磐梯山 磐梯山

磐越自動車道より望む
(菊薫る秋2)


   


磐越自動車道より望む
(菊薫る秋3)



 下記の関連ページ(日本の名山ところどころ)もご笑覧願います。

大雪山国立公園
(旭岳)
利尻富士
(洋上に浮ぶ利尻岳)
大雪山国立公園
(層雲峡・黒岳)
予備
(工事中)
☆地球の心音
(活火山有珠)
予備
(工事中)
北八甲田山
ところどころ
予備
(工事中)
☆アスピーテライン
(秋の八幡平)
磐梯山ところどころ
(表・裏磐梯)
☆錦秋の安達太良
(日本百名山)
○奥久慈の紅葉
(矢祭山,桧山)
雪化粧の室堂平
(立山連峰)
予備
(工事中)
室堂の夜明け
(立山[三山巡り])
長瀞宝登山
(蝋梅園)
予備
(工事中)
筑波山ところどころ
(表・裏筑波)
予備
(工事中)
秋の御岳山
(武蔵御嶽神社)
予備
(工事中)
☆御神火(三原山)
(熱海⇔大島)
△紫陽花咲く天上山
(河口湖)
富士染める紅葉
(お中道散策)
予備
(工事中)
熊野古道
(那智大社参詣道)
予備
(工事中)
○菜の花と開聞岳
(薩摩半島)
予備
(工事中)
△縄文杉への道
(雨の屋久島)

 尚、本館のトップページに移る場合は、今年も本サイトを宜しくお願いします本館(日本の観光地ところどころ)のトップページへ移りますをクリックして下さい。




平成14年5月20日以降
      あなたは人目の訪問者です。