ISLAND OF WEST FISHING SITE

                                                  (隠岐 西ノ島の釣果情報 シーバス)

〜 釣れちゃった!投げたら釣れた。釣れちゃった!!〜

 

g.JPG

 → G好釣会のPROFIEL

  → 書き込みサイト

     釣りに関する情報交換の場

    書き込みお待ちしてます

 

  → 投稿情報

      あなたの釣果情報をこのサイトに

        載せませんか?携帯で写真を添

        付するだけでサイトに更新します

        島外の方も大歓迎!ぜひお願い

        します

  → 天気、潮見、アクセス

       天気(西ノ島)

       潮見(海釣り総合サイト)

       地図(yahoo地図)

          アクセス(隠岐汽船)

 














Yahoo!ジオシティーズ

→Home    →シーバス    →メバル・カサゴ    →タイ    →チヌ   →石鯛   →ハタ  →アオリ

→青物    →イサキ   →ヒラメ   →グレ   →シイラ

2009年釣果情報

Aくんの釣果情報(プリとアフター)

20091211172932.jpg

一番したはおそらくアフター。

日付:12月11日
時間:夕マズメ

釣果:77〜68cm シーバス 3匹

 

Aくんからまたまたメール。30分サラシを打って5本の釣果。2本はきられたらしい。プリとアフターのまじる感じ。やっぱ産卵期のずれかな〜。しかっし77はふって!

 

Aくんの釣果情報(入れ食い)

20091209170534.jpg

ナイスシーバス

 

日付:12月9日
時間:12時前後

釣果:55〜75cmシーバス 4匹

ルアー:ショアラインシャイナー レーザーレッドヘッド

Aくんから突然のメールが!ボートで出かけたらしいが昼12時前後にサラシにぶち込んだところ入れ食い状態。平スズキもかけたがネットがなくて寄せてきてからのバラシたらしい。この日はサラシでタイもかかりいい状態だったとのこと。(詳しくはタイ情報で)プリスポーンの魚タイばかりだー。シーバスも終盤間近。1月初頭までがシーズン!でかいのつれます。いや僕もつりたいっす。

 

Kくんの釣果情報(はらぼて75)

20091208193534.jpg

75cm はらぼて

日付  12月8日
時間  17:45〜19:30
ロッド  8,3フィート[チューブラー]
リール  シマノ2500番
ライン  PE0,4号、リーダー2号
ジグヘッド  ジャズ 尺ヘッド3グラム、メバル弾丸1,5グラム
ワーム  月下美人 ビームスティック 2,2インチ ピンク、スクリューテイル グローホワイト


仕事が終わるとポイントへ直行。スクリューテイルでボトムを探ると15センチぐらいのメバル、カサゴが入れ食い状態。藻はまだ伸びきっていないのでこの根掛かりが少なくいい感じ。弱い引きに飽きてきたので表層を探ると鯵の20センチぐらいのがよくアタる。ワームをチェンジしダート後カーブフォールさせると吸い込むようなアタリがあった。合わせると鯵とは違う重量感、引きが伝わってきた。メバルだったら尺確定だと思いながら手前まで寄せるとラインが物凄い勢いで出て行った。もう一度寄せライトを照らしてみるシーバスだった。しかも70オーバーのシーバスの群れも寄ってきている。そのままランディングし計測すると75センチ、3,5キロの子持ちシーバスだった。その後反応が無くなったので納竿した。

 

HIの釣果情報(ぼちぼち)

091206_060715.jpg

60cmくらい

日時:12月6日 5:30〜6:30

釣果:65,60cm シーバス

ポイント:宇賀

 

昨日の夜から風が強く雨もあがりいい感じだったが昨日はいけなかったので、朝マズメ釣行。まずはX80でキワを攻めると80近いシーバスが2回ほど手前まで寄ってきたが食わせきれず。昨日の雨で排水溝からの濁りが入っているのでルアーをカレントマスター9Sのコットンキャンディに変更しトゥイッチを入れたところ2投目ヒット!引きも弱くなんなくランディング。60cmくらいのシーバスをゲットした。その後、先ほどチェイスがあった方を攻めると堤防の先でまたヒット!エラ荒いも多く引きも弱いので丸呑みでエラにフックがかかってるかな〜とあげてみると案の定その状態。その後、外浜を攻めたかったので移動。行くと空があかるくなってきた。反応がない為、サーフを攻めるがヒットせず。宇賀に帰ってデイメバルでジグを投げているとAくんからメールが。86cmをあげたらしい。いいなー。メバルは13,4cmのを2匹、ベラの猛攻にあい撃沈。途中ドラグを出すくらいのをかけたが寄せて手前の藻に入ったところでバラシ。メバルだったらかなりの大きさだと思うが上げてないのでわからない。カナの可能性が高いかなーという感じだった。

 

Aくんの釣果情報(86ランカー)

20091206073409.jpg

日時:12月5日、釣果:86〜55 6匹

ポイント:波止、美田湾、浦郷湾

ルアー:ショアラインシャイナー レーザーレッドヘッド

6日の朝シーバス後、メバルデイゲーム中にメールが。見ると86cmの文字。Aくんからの釣果情報で、すぐに電話した。昨日の夜からYOSHIと釣行。状態はよくポイントのほとんどで反応があったとのこと。86cmのシーバスはトルクもありなかなかあがってこなかったとの話だった。去年もそうだがランカーサイズが釣れるのはこの時期。まだまだシーバスも行けそうです。

 

Aくんの釣果情報(連発)

200911152303.jpg

さすがー。いいの釣ってます。

 

日時:11月15日、釣果:77〜40前後 8匹

ポイント:波止、浦郷

ルアー:ショアラインシャイナー レーザーレッドヘッド

16日、松江にいる際、1通のメールが。送信元はAくんだった。写真をみるといいサイズのシーバス発見!昨日の夜釣行したとのことで釣果情報をくれた。昨日はいい風も吹いており1週間の出張でいけないこともあって自分もこの日の早朝行く予定だったがおきれずいけなかったので後悔!シーバスもあっという間に終盤へ突入。いけるときにいっとかんとな〜

 

Aくんの釣果情報(丸々ランカー)

20091105072443.jpg

45〜82cm 曲がってますが82cm。しかもコンディション抜群。体高もありかなりでかそう

 

日時:11月4日 8:00〜9:00

釣果:45〜82cm 4匹

ポイント:波止

ルアー:ショアラインシャイナー

     レーザーレッドヘッド

風:西南西

 

今日はいい風が吹いていたので釣行したとのこと。波はないが濁りが入っておりいい感じで、ショアラインで攻めるといきなり82cmナイスサイズをゲット。その後も45〜50cmクラスをゲット!1時間で4本の釣果となり楽しくつりができたとの話だった。

 

HIの釣果情報(久々ナイトゲーム)

091105_040437.jpg

75cm

 

091105_040206.jpg

丸呑みでリアが舌にかかってました。エラにかかっても同じですがこうなるとあまり引けないみたい

 

091105_041158.jpg

上75cm、下73cm

 

091105_023545.jpg

77cm グッドコンディション

日時:11月4日 11:30〜翌4:00

釣果:77、75、73cm、

        55〜50cm 3匹、40cm前後 2匹

ポイント:由良湾、大津

ルアー:メガバス X80

風:西南西

 

今日はG好釣会のグレ釣り大会のミーティングで浦郷へ。面白いミーティングとなり11月〜12月までの開催となりました。乞うご期待!家に帰ると嫁さんも寝てるしー、酒は飲んでないしー、いい風吹いてるしー、で久々ナイトゲーム決行!まずは物井を攻めることに、風が強くたっているのがやっとくらい。X80でキワの明暗部、ブレイク沿いを攻めるが反応がない。先端の流れが払い出しているポイントにキャスト!するとガンガンあたる、が乗らない。サイズは小さいようだがどうもだめだ。先日のデイゲームからフックも変えてないしキレも悪いんだろう。レンジを下げるためB太のシンキング、逆にレンジを上げてショアラインを投げたが反応がない、再びX80に戻すとバイトが、しかしのらず。そのままスレたようで反応が無くなったので移動することに。やっぱフックは変えとくべきだった。といっても80は一つしかもっていないので80でランガンすることにした。宇賀を軽く攻めたが反応がない、とりあえずコノコリから攻めるため移動。波はないが濁りがあるのでいいかもと思ってキャストすると2投目、まずは50cmくらいをゲット。由良湾の反対側は風があたり波がある。そこで1本追加し、浦郷湾入り口へー。ポイントに立つといい流れが入っている。50cmくらいの明暗をキャスト。2投目、暗いほうから明かりが差すほうにルアーが出る瞬間。食った!しかもサイズはあるよう、何度か突っ込まれたが無事ランディング。計測の結果は77cmナイスサイズ!ここでもう一本55cmを追加し、大津方面を最後に攻めてあがることにした。lここはシャローが絡んだポイントで、前にMちんが船の下から73cmをたたき出している。水面に影を落とさないように忍び足でつめより岸壁の明暗を狙った1投目、いいところに入ったと思って引いてくると食った!引きは弱いがナイスサイズ75cmをゲット!あげてみるとルアーを丸呑みしておりリアが舌にかかっている。続けてシャローを攻めると手前まで追ってきてヒット!またまたいいサイズ、引きは弱いが慎重にランディング。同じサイズが1本着いてきていたがその後は反応がないので納竿とした。70オーバーを3本ゲットしたのは初めてだったのでかなりうれしかった。

 

HIの釣果情報(ボートでデイゲーム)

091031_094256.jpg

61cm シーバス

まあまあ引きはよかったです。

日時:10月31日 9:00〜11:00

釣果:52cm〜60cm シーバス4匹

ポイント:犬島〜カブリ手前

ルアー:メガバス X80

 

今日は朝3時からオカッパリで赤水狙いで釣行。テキサスリグで釣行してみたが釣れるのはボッカのみ。ちょうど産卵期だし時期的にもう終わりなんだろうかー。アフターはつれないのかとかいろいろ考えながら帰路に着いた。途中Kくんが釣りをしていたので聞いてみるとカナ狙いでバイブレーションを投げてシャローを攻めていた。30くらいのを1匹あげたらしい。「いいねー」といいながらしばし談話。とりあえず子供を保育園に送った後、船で出撃!最初はいつもの犬島のポイントをカナ狙いで流すもうねりと風がきつすぎて自分の船だと底もの釣りはちょっとつらい。磯際をみるといい濁りとさらしが出来ている。久々にシーバスでも狙ってみるかと思いX80をチョイス。サラシの中についているでかいのをかけたいが、どうもヒットしない。ワンドの入り口付近は大体釣れるが小型が多い。がこの際こだわりは捨てワンド狙いに変更。くるかな〜と思った瞬間食った!サイズは小さそうだがスピード感があり結構楽しめた。その後も同じように流して3匹を追加したところで時間がなく納竿。底ものはだめだったが久々に魚の引きを楽しんだ。

 

SINの釣果情報(きましたナイスサイズ)

091017.JPG

日時:10月17日 4:30頃

釣果:72cm シーバス

ポイント:物井

ルアー;金ミノー

 

今日は波があるので物井からスタートしたとのこと。放射状に攻めると数匹チェイスしてくる。ブレイク沿いを攻めるといきなり食った。引きも強くなかなかあがってこず、しかもあがってきたはいいがネットの先がつぶれているため、横に伸ばせない。真下に寄せてどうにかランディングしたらしい。計測の結果は72cmナイスサイズ。毎朝仕事前に釣行していたかいがあった。何度もかけていたが、取り込むまでいたらず苦労していたけど根気がすごい。SINちゃんよかったなー。またきてな〜。

 

HIの釣果情報(ランカー)

091011_060001.jpg

80cmジャスト

 

日時:10月11日 5:30〜7:30

釣果:80cm シーバス

ポイント:宇賀

今日は4時に1度起きたが、二度寝してしまい寝坊、4時41分起床となった。SINに連絡すると宇賀でうっているとのこと。自分は倉の谷手前のカーブからトップで攻めるも反応がない。10分くらい打って移動。宇賀の堤防にはKくん、SIN、アオリ狙いの人の3人がいるのが見えた。

とりあえず堤防より手前のカーブを打つことに。ここはシャロー、シモリも絡んだポイント。兄貴が一度でかいのをかけて切られている。自分も何度か打ったことはあったが、うまく食わせきれずあげたことはなかった。とりあえず沖15mくらいのところにシモリが入っているのでその上を引いてくると2投目、いきなり一本出た!がルアーをうまく食わせきれない。2,3投シモリ周りをそのまま攻めると横から体全体が見えるようにヒット!引きからしていいサイズを確信。手前は1m〜1.5mくらいのシャローなので竿を立てて応戦、途中「ツン」と軽くなったのでやっちまったと思ったが掛りが変わったようでどうにか魚はついている。慎重に寄せてくると70は超えている。なるべくえら荒いさせないように弱らせ無事ランディング。あげた瞬間もしかしてと思ってメジャーを当ててみるとジャスト80cm。心の中では「ヨッシャー」って感じ。年間一本はランカーサイズをあげるのが目標なんで、とりあえず目標達成できて超うれしい。(兄貴の魚を釣ってしまったが・・・)その後も沖の潮目でこれまたナイスサイズをかけたが、皮一枚だったのか「プン」という感触とともにばれてしまった。ワンダー80で粘ってもいいかと思ったが、赤水も狙いたかったので堤防側へ移動した。SINに状況を聞くといいサイズをかけたが藻に入られて切れたらしい。「残念」その後、赤水を狙うも時間がなかったのでここで納竿とした。

 

HIの釣果情報(トップのレンジ)

091009_064428.jpg

76cm

日時:10月9日 4:30〜7:30

釣果:76cm シーバス

ポイント:宇賀

今日もSINと出勤前に出動。電話するとSINは先に宇賀についていた。自分は物井から攻めることに。倉の谷のいつものポイントでX80で明暗を通すと3回目にヒット!しかもでかい。幅の大きいヘッドシェイクだがスピードがないし完全に吸い込んだ感じのバイトだったので追い合わせを入れようとした瞬間すっぽ抜け、最悪だ。その後宇賀に移動してミノー、ジャイアントで攻めるが反応がない。7時ごろ最後の手段でワンダー80をチョイス。連続トゥイッチ&ジャークで先端のいつものポイントを攻めると一本でたがフッキングせず。でもさすがワンダー。次の2投目トップまで出てきてジャーク後のスラッグが出たところでヒット!あまり引かなかったがあげてみると76cmいいサイズだ。仕事もあるのでここで納竿とした。トップのレンジはやっぱシビアなんかなーと感じる一幕でした。

 

SINの釣果情報(デイゲーム)

091008_174602.jpg

日時:10月8日 14:00〜15:00

釣果:68,56cm シーバス

ポイント:国賀の浜

福山から仕事できたSIN、前回来た際も帰る日の朝、2本釣果を上げていた。今日は台風で風が強い為、仕事は午前中で終了。「昼釣れるポイントないっすかね〜」とのことだったので、「小国賀、国賀の浜がいいんじゃねー」と伝えた。外浜、三度はちょっと説明も難しいし足場も悪い。SINは最初小国賀を攻めたらしいがでないので国賀の浜までおりたとのこと。ミノーで攻めるとガンガン食ってくる。3回バラシた後68cmをゲット!続いて56cmをゲットした。その後、小国賀に戻ると先行者が。話を聞くとどうも会長らしい。いろいろ話をして時間が来たので納竿したとのこと。

 

Kくんの釣果情報(台風シーバス)

20091007205803.jpg

【日付】 10月7日
【時間】 19:00〜21:00
【タックル】 ゼクスライド、TDソルトバイブレーション、R32、PE1号、リーダー5号

台風シーバスを狙いに出動。まず宇賀へ行ったが海藻があり釣りにならず、物井へ移動。手前側から先端に向かってバイブレーションをキャスト。影から魚体がギラッと光ヒット。残念ながらエラ洗いでバレてしまった。もう一度キャストするとショートバイトがあったがフッキング出来ず、反応が無くなったので次は隠岐汽船へ移動。いつもはなかなか釣れないポイントだがR32を通すと一発できた。ネットが無かったのでリーダーつかんでランディング。サイズは60位。どのポイントも最初は反応あるが後が続かないので納竿した。

 

HIの釣果情報(赤水つれず)

091007_055425.jpg

68cm

日時:10月7日 5時〜7時

釣果:シーバス 68cm

ポイント:宇賀

 

出勤前に軽く出動。今日は赤水メインで夜明け前から15gくらいのジグヘッドにECOGEARのパワーシャッドを装着し狙うが反応がない。夜明けを迎えたので試しにシーバスを狙ってみた。多少風もあり波もある為、ジャイアントドッグXで先端側を攻めると手前5mくらいでヒット!バシャバシャ跳ねまくる。小さいかなーと思ったがあげてみるとそこそこのサイズ。再度ワームで赤水を狙うも反応がない、奥の堤防で同じように攻めるが風がアップになり釣りにくく時間が来たので納竿とした。

 

HIの釣果情報(またまたボート)

091004_054647.jpg

67cm

 

日時:10月4日 5時〜9時

釣果:シーバス 63cm〜67cm 4匹

ポイント:倉の谷、海士(諏訪湾入り口)

 

今日もボートで出撃。夜明けからカブリまで一気に行く予定だったが、やっぱり倉の谷が気になる。とりあえずちょこっとよってうとうと急遽予定変更。いつものシャローを岸ギリギリにキャストしてトップで狙うと2投目に当たりがあった。次の1投、半信半疑狙うとヒット!まだ暗い状況だったので寄せてライトを照らしてランディング。67cmをゲットした。

091004_060851.jpg

船からの朝焼け。超きれいっす。

オカッパリで狙えるところでとるのも勿体なかったので、まだ出そうな雰囲気だったがそのまま移動。宇賀の堤防前でKくんがキャストしているのが見えたので手を振って出航。先日、兄貴たちが出したポイントは素通りしてちょっと気になったポイントを打つといきなりトップに踊り出た!がルアーを食いきれない。今日はカブリ周辺をチェックする予定だったので手前のワンドから流していくと湾奥でヒット!。ここは水深が3,4m水は超クリアー、藻場が点在しているもののシモリは入っていない。エンジンをニュートラルにし慎重にやり取りしていたが、あまりにも引きが強いのでちょっとあせった。頭をこちらに向かせようと引いた瞬間「プン」という感触が〜最悪。ルアーは残っており、どうも皮一枚で口切れを起こしたっぽい。でかいのになると引きが強いのでフッキングが浅いとこの現象に陥る。気を取り直して攻めるが反応がない。途中ダツが2匹釣れるも出ない感じ。カブリを回って攻めるが波が高すぎて危険を感じたので再度もとの位地に戻り湾内方面へ流した。西ノ島側がでない為、シモリ、スリットが多数ある灯台の浅瀬付近を攻めた。が反応がないので移動。Kくんの話だと諏訪湾で4kgクラスがあがっているとのことだったので諏訪湾を攻めることに奥までいくには時間がない為、入り口付近のワンドを攻めた。ミノーに2匹ついてくるがその後、チェイスはない。もうひとつ手前のワンドでミノー、トップで攻めるが反応がない為、最終兵器ワンダー80をキャスト。エンジンを切って風で流しながら攻めるとヒット!63cmをゲットした。2,3匹ついてきていたのでまだ出ると思い同じように流して同じサイズを2匹追加。体高もありコンディションも良かったので結構楽しめる。まだ出そうだったが帝祭りで時間もないので、納竿とした。

 

HIの釣果情報(ボート)

090927_070249.jpg

50cm前後

日時:9月27日 8時前後

釣果:シーバス 50cm前後

ポイント:海士

今日は久しぶりに福山から仕事で来ているSINと釣りに行く予定だったが痛恨の寝坊。最悪だー。とりあえずSINに連絡すると宇賀を攻めているとの話だった。状況を聞くとまだ釣果がないらしい。夜も明けているしボートででようとの話で美田屋丸で出撃。出来れば宇賀の先を攻めたかったが風が強く波も少々あるので風裏の海士のポイントへ入った。最近ボートシーバスを始めたばかりなので全くわからない。SINも「ここで出したことあります?」と一言。「いやーわからん。初めてだけどでると思うんだけどなー」と話しているといきなりヒット!50cmそこそこなんでなんなくランディング。しばらくしてSINのトップにもシーバスが踊りでた。しかしルアーにあたらず。その後、いろいろ攻めるも反応がなくなり時間もないため納竿とした。

 

Kくんの釣果情報(R32)

20090927.jpg

63cm 夜明け前

【日付】 9月27日
【時間】 4:30〜7:00
【タックル】 ワンダー、R32、TDバイブレーション、PE1号、リーダー5号

今朝は強風だったがとりあえずいつものポイントへ。まず、R32で際を通すと強風でわかりずらいがショートバイトがあった。もう一度通すとヒット。R32は凄い。ランディングしてみると63センチ。リリースしてもう一度キャストするとまたヒット。サイズは50ちょっとなので速攻でランディング。このポイントは、夜明け前は反応がいいがサイズは60センチクラスクラス、夜が明けると反応が少し悪いがサイズは70センチクラスだ。今日は強風なので夜が明ける前に美田湾へ移動。ワンダーをキャストしても反応無いのでバイブレーションにチェンジ。ボトムをとってからリフト&フォールで誘うとブレイクでバイトがあったがフッキング出来ず。もう一度ワンダーに戻すとブレイクでヒット。サイズが小さくネット使わず抜きあげ。サイズは40ちょっと。その後も反応はあるもののフッキング出来ないので納竿した。

 

Kくんの釣果情報(夜明け前)

20090925052203.jpg

76cm ナイスサイズ!

コンディションいいっしょ〜

【日付】 9月25日
【時間】 4:50〜7:00
【タックル】 ワンダー、PE1号、リーダー5号

べた凪、無風、魚の活性は低そう。相変わらずカマスは活性が高い。今日はワンダーで攻めることに。ただ巻きでは反応が無いのでロッドを立ててトップのように引いているとカマスが当たってくるが、フッキング出来ず。キャストを続けているとポツポツと良型のカマスが釣れた。カマスでもトップに食ってくるとちょっと嬉しい。キャストを繰り返し、少し明るくなりだした頃、沖側でバシャっと音がした瞬間、自分のロッドが曲がっている。手前まですんなり寄ってきたが、サイズはまぁまぁ。すぐランディング出来ると思ったがいきなり暴れ出した。何とか海面まで浮かせてネットを伸ばそうとしたが、スナップに引っかかり、手こずってる間シーバスは海面で暴れている。いやな予感がしたがランディング出来た。よく見てみると皮一枚に掛かっていた。あと少し遅れていたら…サイズは76センチ。先日HIさんが釣り上げたシーバスとサイズは同じだが、体高があまり無かったと言うよりも、HIさんが釣ったシーバスの体高がありすぎて、とても 同じサイズの魚
とは思えなかった。その後は反応がなくなったので帰宅した。青物の反応がさっぱりだったがもう終わりなのかな!?

 

兄貴、Murapyの釣果情報(ボートシーバス)

090923_091433.jpg

68cm 結構引いてました。

 

日付:9月23日
時間:4時40分〜10時
ルアー:コモモ、ナバロン、

     ショアラインシャイナー

ポイント:宇賀

釣果:58〜68cm シーバス 3匹、

ヤズ子

 

今日も早朝から3人で宇賀へ直行。無風で完全べた凪状態だ。行くとKくんが準備をしていた。4人でいろいろ話がなら堤防へ向い早速実釣開始。早々Kくんにチェイスが!だがバイトにまでいたらなかったよう。とりあえず夜明けまでうったがその後は出ない感じ。今日はボートで攻める予定だったので夜が明けてすぐ昨日兄貴が切られたポイントへ小移動。

トップで狙うも反応がない為、ボートで出かけることにした。美田屋丸は小さいしスピードが出ないのでおじちゃんに船を借りて大津丸で出撃。倉の谷の手前のポイントでKくんがうってるのが見えた。少しうったが兄貴が痛恨のライントラブル。ツインパワーMgが今日はどうも調子悪いらしい。「昨日一日中竿を振ったせいじゃねーか」とかいいながら船をバックさせどうにかトラブルを解消したところでポイント移動、宇賀の堤防より先に入った。Murappyが青物狙いで潮目をうつといきなりヒット!32,3cmのヤズ子をゲット。自分は船の後ろから後方を狙っていると藻場のなかから出てきた。が食わせきれない。ルアーをおってきてたが、スピーディーな誘いを入れるのも忘れてしまい、「しまった」って感じ。ゆっくり岸際を流しているといいシモリが入っているポイントを発見した。ベイト(アジ)もいていい感じ。Murappyがコモモで連続トゥイッチで巻いてくるといきなりヒット!船のすぐ手前まで来て食ったらしい。サイズはそこまでなかったがチーターのLクラスを使用していた為、竿の曲がりも最高!面白そうだった。これをみて兄貴もミノーイングにチェンジ。トップにこだわりたかったようだが今日帰るため少しでも釣果をあげたいらしい。ポイントをまた少し移動すると今度は兄貴がヒット!先ほど同じくらいのサイズをゲットした。兄貴論だとワンドの払い出し+潮があたっている右側がいいんじゃねーとのこと。その話をした数分後、またまた兄貴がヒット!さっきよりサイズはよさそう。少しやり取りして無事ランディング。みんながミノーを使っているのでトップを検証する意味で投げ続けたが出ない。最後にちょっと遠出して星の神まで遠征した。遠い気がしたけどカブリから10分もしないくらいで到着。とりあえず青物狙いでMurappyに操船を頼んでうつもののバイトがない。時間もないのでここで納竿とした。Murappyまたきてね。

 

HI、兄貴、Murapyとの釣果情報(潮目)

090920_061920.jpg

63cm サイズはないが体高がありグッドコンディション。フィッシュグリップあると楽ちんです。(Kくんに頂きました。早くKyoちんにもらったリールも登場させたいっす。)皆さんありがとうございます。

 

日付:9月20日
時間:4時40分〜8時30分
ルアー:TDソルトペンシル

ポイント:宇賀

釣果:50〜63cm シーバス 3匹、

ヤズ子、カマス数匹

 

昨日シルバーウィークで兄貴が友達(Murapy)を連れて帰ってきた。兄貴達はついてまもなく19日の夕方軽く宇賀に出撃。Murapyはエギング、兄貴は以前より試したかったワインドを検証したところ一本かけたが余裕かましている間にバレタとのことだった。とりあえず20日の早朝から3人で宇賀を攻めることにした。ついて早々いきなり兄貴はトラブル。まだ暗いうちだったのでキワを狙ってもらおうとMurapyに話したが、いいからうってってことだったのでトップで狙うといきなりヒット!50そこそこのシーバスがあがってきた。その後反応はないものの堤防の先で兄貴がこれまた50ちょいを一本。3回ほどチェイスがあり食ってきたとのことだった。Murapyはというとこれまた興味のあるポッパーを使用している。スプラッシュさせたときの音はまるで捕食音。最初投げているときは一瞬ライズかと思った。つれそうな感じがするがこのときはポッパーはでず。自分も何気にキャストを続けていると30mくらい沖の潮目で体全体が見えるようなバイトが!パワーのあるやつは大体そうだが表層には出てこない。何度か突っ込みを見せるもサイズがそこまでないので1分もたたないうちにあがってきた。Murapyにランディングしてもらって計測してみると60ちょい。でも体高もあるしいいシーバスだ。その後反応がないので倉の谷手前のシャローエリアへ移動した。つく早々兄貴のルアーに飛び出したーがフッキングせず。Murapyはsasukeのクリアーカラーでトゥイッチ攻撃でかますを連発、一時ほぼ入れ食い状態になっていた。20分ほどうって魚の反応もなく時間もなくなってきたのでここで納竿とした。

 

HIの釣果情報(極太)

090919_060049.jpg

76cm 極太 どうも潮目にいる魚はヒレが切れている。ルアーの影響なのだろうか?

日付:9月19日
時間:4時50分〜7時
ルアー:TDソルトペンシル

ポイント:宇賀

釣果:76cm シーバス

 

今日も4時過ぎに起きて出勤。行くとKくんがいた。状況を聞くとまずまずの反応はあるものの食いきれないとのことだった。夜が明けて6時過ぎ潮目がTDで越せる堤防から40mくらい沖に出てきた。フルキャストして潮目の10mくらい先に着水。潮目の上を通したとき「ひょっとして」と思った瞬間出た!バイトと同時にガンガン突っ込む。が一向に水面に上がってくる気配はない。慎重にやり取りして寄せてくるとなかなかいいサイズだ!最後はゆっくりあげて無事ランディング。あげてみると体高もあるが厚みもすごい。ここまでグッドコンディションの魚は初めて。Kくんもびっくりしていた。その後粘るもバイトもなく宇賀〜倉の谷までランガンするが反応もない為、納竿とした。

 

Kくんの釣果情報(アジ子)

k20090913.jpg

70cm ナイスサイズ!!

日付:9月13日
時間:4時30分〜7時
ルアー:TDソルトペンシル、ショアラインシャイナーR50、アダージョ

今朝はシーバスの姿は見えるものの活性は低そうだった。まず際にキャストしたがバイトはなく、シンペンをセットして沖側へキャスト。追ってくるが、すぐ見切られてターンしていく。足下で鯵子がピチャピチャ跳ね出すとシーバスのスイッチが入り鯵子を追いかけだした。TDソルトペンシルに替えて鯵子の近くを通すと一発で食ってきた。暴れるがサイズが小さい為すぐランディング。サイズは60センチだった。それから反応が無くなったので移動した。まずはトップで反応をみようと広範囲にキャストした。シーバスの反応があったのでミノーに替えてキャストし、トゥイッチさせると食ってきた。最初は小さいなと思っていたが、エラ洗いでそこそこのサイズだと確信した。ロッドを倒してジャンプを防ごうとしてもひたすらジャンプしていたのでバレないかヒヤヒヤしたが無事ランディング。サイズは70センチ。その後納竿した。

 

HIの釣果情報(このこりトップ)

090912_053813.jpg

70cm このこりシーバス

 090912_163600.jpg

ヤズ子 まあまあ面白。

日付:9月12日
時間:4:50〜7:30
タックル:PE1号、リーダー5号、

ルアー:TDソルトペンシル
釣果:シーバス70cm

        ヤズ子

ポイント:このこり、倉の谷

 

今日も引き続き4時起き。外に出ると雨が降って止んだ直後だった。最初はニグを攻める予定だったが雨でぬれてすべるので予定変更。足場のいい由良湾、このこりから攻めることにした。行くと浦郷丸がとまっておりエンジンがかかっていたので一瞬ちゅうちょしたが、まずはカレントマスターをキャスト。反応がない為、TDに変更し3投目、いきなりヒット!出た感じの音が小さいし、最初は手前によってきたので小さいかと思ったが5mくらい手前からいきなり反転して下へ突っ込む。ちょっといいサイズかもと思いながら。ランディングしてみると70cmジャスト、ナイスサイズだ。腹に大きな傷があったがよく引いた。その後、5,6投したところで大雨が降ってきた。最悪だ!とりあえず車に非難し待機するが治まる様子がない。あきらめて車横付け雨宿り戦法でうつことに決めた。久々に隠岐汽船のトン先に移動。雨の中車の後ろを傘代わりにうってみるも青物の反応ばかり。場所を移動して倉の谷の手前のポイントへ。つく早々、35,6のヤズ子が食ってきた。このくらいのサイズになるとちょっとは楽しめる。シーバスはでなかったがヤズ子が面白かったのでここで納竿とした。明日はニグ攻めだ!

 

HIの釣果情報(磯マルリベンジ)

090911_065352.jpg

68cm 磯マル

 

日付:9月11日
時間:4:50〜7:20
タックル:PE1号、リーダー5号、

ルアー:TDソルトペンシル
釣果:シーバス68cm

        ヤズ子

ポイント:外浜

 

平日なのに4時起き。昨日、美田湾、外浜のトップゲーム調査を行ったところ外浜であわせた瞬間ラインブレイクという悔しい思いをした(飲まれによる歯ズレと思われる)ので最初から外浜へ(リーダーも5号に戻した)。行くと波気がありジャイアントを使用したいところだが昨日ロストしてしまっている為、TDで調査開始。相変わらずヤズ子は食ってくるがシーバスは出ない。テトラの上から磯際、昨日でた沖へ流れる払い出しの潮目を狙うもトップにでてくる気配がない。

時間もないのでランガンして磯際を歩きながらトン先まで来た。1mくらいのうねりが入るので沖の小島はセットが入ると時たま10m半径くらいの大きなサラシが広がっている。先端で投げれればいいのだが、波があがってくるため、10mくらい手前の高い場所からねらった。がフルキャストしても惜しくも届かず(泣)。サラシまではギリギリ届くものの後10mは飛ばさないと出ないだろうって感じ。そのうち島との間の沖へ流れる潮目で一本でた。のらなかったがトップへの反応はいいようだ。とりあえずKくんを見習ってフォローでミノーを入れるもバイトがない。あきらめかけて帰ろうとしたが、最後にその潮目の沖ど真ん中をTDでフルキャスト。一投目から思いがけずシーバスが飛び跳ねる。2投目も反応があるものらずじまい。3投目でやっとフッキング。磯マルはやっぱりパワーがある。かけた瞬間ガンガン突っ込んでいった。かなり手前からうっていたのもあり、出来れば自分の目の前によせて波でづり上げようと考えていたが、魚は潮上に向かってもうダッシュ、右側へ走っていく。10秒くらいして完全に根にかかっているのがわかった。すぐさまベールを返してフリーにし右側に移動。運よくラインが根から外れたようで魚の重みだけが伝わってきた。その後も少し突っ込みを見せたがしばらくすると弱ってきて浮いてきた。まあまあサイズだ。70はないなーと思いながらランディングしようとするも波がきてなかなか難しい。グレ釣りに行ったときに味わったような感覚。もたついている間にまた沖へと走る。だが観念したようで完全に浮いた状態になった。ネットを出して無事ランディング。計測の結果は68cm尾びれが切れていたが体高もありコンディションはいい。その後も粘るも仕事もあるし反応がなくなったのでここで納竿とした。磯マルはやっぱ面白い。ただ8フィートじゃ限界だなぁ〜

 

HIの釣果情報(はねまくり)

090905_073713.jpg

67cm

 

日付:9月5日
時間:4:50〜8:30
タックル:PE1号、リーダー3号、

ルアー:TDソルトペンシル、ワンダー80
釣果:シーバス67cm、45cm前後

        ヤズ子

ポイント:宇賀

 

今日も4時起き。休みの日はこの時間帯になってきた。とりあえず用意して出動。現場に着くとKくんが釣りをしている。「今日はどげかえ?」と聞くと「反応いいですよー」の答えが、つく早々シーバスとカマスらしきライズが堤防先端の半径5mくらいで見える。どうやらベイトは5cmくらいのイワシっぽい。水面をピチャピチャ跳ねて逃げ回っているところにシーバスとカマスがガンガンアタックしている状況。そのポイントに投げるといきなりバイト!しかしのらずじまい。Kくんのルアーにも何回か出ていたようだがのらなかったよう。自分は先端側からテトラよりに移動。若干明るくなってきた頃から沖合いでちょっと大きめのボイルがあがった。正体はシーバスっぽいがルアーへの反応はない。ルアーを変更するか迷ったがトップで続行。しかしその後反応はなくなった。さっきのボイルは堤防の先端、その後はさらにその先でおきていた。

090906_054738.jpg

9/6日撮影 右端に移っているのはKくん

秋の朝焼けきれいっす。

どうやら群れがベイトについて移動しているよう。Kくんは早めに見切ってボイルが発生している先へ移動した。自分はどうにかでないかといろいろ試すも釣れるのはヤズ子ばかり。6時半を回った頃に自分もKくんがうっているポイントより少し先に移動することにした。車に乗ってKくんの状況を聞こうと寄せてみるといい魚体が横たわっている。「さすが!」話を聞くとトップで出たらしい。その後、フォローで入れたミノーへの反応もよかったとのこと。自分も負けじとトライするが反応がない。あきらめかけたが昨年8時まわっても出ていたことを思い出した。もう少し粘るかと思いとりあえずトップでランガンすることに。この先に湾からでる潮と外から入る潮があたっているポイントがある。沖合いは外からの潮、手前は別府方面からの潮が流れておりシモリもあるので出そうなポイントだ。しかし反応はない。しばらくしてそのポイントより少し先の流れが緩やかなポイントを攻めるといきなり出た。一発で食ってきたのは45cm前後のシーバスだ。手前がゴロタ石なのでそのまま引きずってランディング。とりあえず一本でて良かった。その後、もう少し倉の谷よりでルアーをはじき飛ばすあたりが。同じところにキャストすると同じようにルアーをはじいている。2回はじかれた後、スピーディーに誘ってダイブさせてとめたところで食った!完全によっしゃーって感じ。手前が浅いので竿を立てて慎重にやりとり。道路の上でファイトしていたので下におりてゴロタにずりあげランディング。計測の結果は67cmコンディションはいいが5月のシーバスよりは引かない。まだ水温が高くて酸欠ぎみなのかなーと思いつつそのままランガン。倉の谷の手前で2,3度出たがのらずじまい。去年は感じなかったがトップでのせるのってやっぱ難しいと思った。一度、家に帰り再び14時くらいからトップを検証する意味で釣行した。(Kくんも去年80cmを日中たたき出している)宇賀から倉の谷の間をランガンするが釣れるのはヤズ子。帰る間際に倉の谷の手前のポイントを叩くことにした。しつこく同じポイントを攻めていると黒い背中が見えた。同じところを引くとまた出る。が乗せきれない。しかしそのままドッグウォークさせブレイクより手前でダイブさせたところで食った!水中でえら荒いしているのが見える。そのまま一度こっちに頭を向けたが反転してブレイクの先へ突っ込もうとした際にプン、一瞬切れたかと思ったがルアーはついている。おそらく皮が切れたのだろう。時間もないのでここで納竿とした。日中のシーバスは取れなかったがいい調査になった。ダイブで食わすのはいいかも(兄貴からのアドバイス)

 

Kくんの釣果情報(ガンガン)

20090905071550.jpg

グッドコンディションの79cm

日付:9月5日
時間:4:40〜7:00
タックル:PE1号、リーダー5号、

ルアー:ローリングベイト、アダージョ、

     ショアラインシャイナーR50、

     TDソルトペンシル
釣果:シーバス79cm、カマス30オーバー、

   ヤズ子

昨日、シーバスを二回もバラしたので、今日はリベンジ釣行。ポイントに着くと、防波堤の際や沖側でシーバスがボイルしていた。活性が高そうだと思いながらローリングベイトをセットして際を攻めると、コンッとショートバイト。反応が無くなったのでトップをキャスト。何か追ってきているが掛からない。手前に来たときにシーバスが出てきたが掛からず。少し明るくなりだして沖側でシーバスがボイルしている。トップをキャストしても反応なし。ミノーをキャストし、トゥイッチさせるとヒットと言いたいとこだがすっぽ抜けた。群れは移動してルアーの届かないところでボイルしている。半分諦めていたが、群の移動先に先回りしてトップをキャスト。すぐに出てきたが、ルアーが弾かれてフッキング出来ず。次のキャストでまた水面に出てきた。今度はフッキング成功。慎重にやりとりしようとしたが手前に瀬があるのでちょっと強引に寄せた。一度根に入られたが無事ランディング。79センチいい体格のシーバスだった。その後は、トップで反応が無くなったのでミノーをキャスト。着水直後にドスッといい手応えが、でもすっぽ抜けてしまった。次のキャストでもいい手応えがあったが、またすっぽ抜けた。ここで諦めて納竿する事にした。

 

HIの釣果情報(トップではでず)

090828_061349.jpg

74cm かなりやせ気味

日付:8月28日
時間:4:30〜6:30

釣果:74cm シーバス
タックル:PE 1号、リーダー3号、SFノット改

      ワンダー80

 ポイント:宇賀

 

今年も夏は忙しい。祭り、消防、同窓会、盆と7月から怒涛の日々だった。途中合間に2,3回釣行したが釣果を上げることは無く、先週末から久々に釣りにぼちぼちいける状況に。今日は先週のトップゲームでは惜しくもバラシでゲットできなかった為、リベンジ釣行!というかトップで出るならいつでも行きたい感じ。今週末は島を離れるので金曜の朝、早起きしてトップで狙ってみた。TDペンシルをドッグウォークさせるも反応がない。夜が明けてくるとカマスがガンガンチェイスしてくる状況。潮は別府湾方面から外海側に流れておりいい感じ。テトラ周りのシャローエリアでシーバスらしい「モワ」とした波紋が2回ほど上がった。こりゃートップまで出ないかと考えとりあえずニョロをセット。トゥイッチ&ジャークで誘うがバイトがない。ここはやっぱりワンダーの出番か〜と思い堤防湾内から外に潮が抜ける船道をチェックすると2投目、ジャーク後の巻き始めにズンと藻がかかったような感触が!「ん」と思いゆっくりあわせると魚がついている。が全く引かずスーッとよってきた。取り込む際に2回ほどえら荒いをしたのみ。明るかったのでなんなくランディング。計測の結果は74cmまあまあナイスサイズ。ファイトは楽しめなかったが久々の一本に満足して帰った

 

Kくんの釣果情報(トップゲーム開幕)

20090822051626.jpg

ナイスサイズです。

日付:8月22日
時間:5:30〜7:00
タックル:PE1号、リーダー5号、TDソルトペンシル、ローリングベイト、ショアラインシャイナーR40、アダージョ

 

久しぶりの朝釣行で宇賀へ。ポイントへ着くとHIさんが釣りをしていた。まだ釣れてないようだ。
暗かったので、ローリングベイトをセットして際の陰を引いてみたが無反応。少し明るくなりだして、小さいナブラを発見。赤ビラかヤズ子だろう。ルアーをTDソルトペンシルにチェンジしてキャスト。ドッグウォークさせると後ろから何か追いかけてくるがバイトには至らず。その後も同じことが何回かあった。ルアーの飛距離は50メートルオーバーで40メートル付近で突然水柱が上がった。合わせると軽い感じがしたので一瞬バレたと思ったが、遠くでジャンプしている。トップで釣るシーバスはめっちゃテンションが上がる。ジャンプ姿や引きからあまりサイズなさそうと感じていたが、手前まで寄せると70オーバーと確信。必死に抵抗して逃げようとする。弱らせてからネットでランディング。ナイスサイズのシーバスだった。リリースしてルアーローテーションしながらキャストしているとヤズ子がヒット。ゴリ巻きで抜きあげすぐリリース。次はどのルアーを使おうかとボックスを見ていると、ボコッという音が聞こえたので海面を見てみるとおっきな波紋があった。HI
さんのトップに出たみたいだが針に掛からなかったようだ。少し経って足下にナイスサイズのシーバスがいたのでシンキングペンシルをを沈めてみるとスーッと寄ってきて口先で突っついて沖へ泳いでいった。それから反応が無くなったので倉の谷へ移動したが、ここも無反応だったので帰宅した。

 

Ka-くんの釣果情報(隠岐初シーバスがランカー!)

090814.JPG

81cm 磯マル

 

090725165801.jpg

大阪のイベントにてあや吉と小沼さん。

あや吉もこの日68cmのグッドサイズをあげている。

 

日時:8月14日 6:30〜8:00

釣果:81cm 磯マル

ポイント:宇賀〜カブリ

ルアー:コアマン パワーブレード

 

13日に兄貴と大阪から帰ってきたKa-くん。その日は家でBBQをして次の日の朝からボートで攻めるとの話だった。14日の朝からあやちゃん(奥さん)と釣行。ワンドを流しながらの釣行だったが、船を止めて遠投した時のほうが反応が良かったとのこと。この日は、数回のバイト2本のヒットがあったらしい。写真の磯マルはパワーブレードを遠投し、5秒カウント後の巻き初めでヒット!かなりの突っ込みに少々手間取ったがしっかりキャッチ!「パワーブレードのリアフックはやっぱりいいですか?」の問いに「フッキング率が違うね〜」の答え。あやちゃんの話だとゼッタイの反応もかなりよかったとの話。隠岐初シーバスでランカーはうらやましい限りです。Kaーくんはシーバスを始めてまだ1年ちょっと。去年の秋に大阪でもランカーを上げている。奥さんのあやちゃんもかなりの釣り吉で年間50本はあげている。

 

20090725015003.jpg

大阪のイベントでka-くんと小沼さん。イベントで3本ほど上げたとのこと。

 

Kくんの釣果情報(風)

20090809194101.jpg

65cm

 
日付:8月9日
時間:20:00〜21:00

釣果:65cm、55cm シーバス
ルアー、タックル:ビーフリーズ、アダージョ、R32
                PE1号、リーダー5号

最近ライトゲームにハマってシーバスはしてなかったが、風と潮が良さそうなので出動。物井に到着後、ビーフリーズをセットして背の際にキャスト。瀬を通過後、ドンッと重みが伝わった。直後、海面でエラ洗い。その後は沖に向かって突っ走る。なかなか弱らず、ランディングするまで走り回っていた。ランディングしてみると65センチだった。リリースして次は防波堤の際にキャスト。足下まできたときにギラッと光り重みが伝わったが、小さくあっと言う間にランディング。サイズは55センチ。もう一度際にキャストしてみたがショートバイトで終わり、隠岐汽船へ移動。ルアーをR32に変更。ただ巻きには反応せず、ダートさせてみるとチェイスはあるもののバイトには至らず。次はアダージョに変更。沖側にキャストしスローリトリーブしているとフグのようなバイトがあり合わせてみるとシーバスだった。元気よく走り回ってそのままフックアウト。その後ショートバイトがあったが掛からず納竿した。20090809194742.jpg

55cm

 

Mちんの釣果情報(ランカー)

090725_105551.jpg

鶴丸のイケスに入っていたところを撮影
日付:7月22日

時間:15:00〜17:00
釣果:80cm シーバス、1kg前後 赤水2匹

 ルアー:自作インチク

 

赤水狙いで釣行。水深は15〜20くらい。赤水の釣果が延びなかったので早めのピッチで誘っていたところ10m付近でヒット!結構引いたらしい。赤水ではないのはわかっていたが、あがってきた魚を見たところシーバス(外道)だったためがっかりしたとのこと。でも80クラスだけんなーしかもグッドコンディション。俺も釣りて〜

 

Kくんの釣果情報(ランカーサイズ)

20090710191107.jpg

81cm

 

20090710182500.jpg

日付:7月10日
時間:17:30〜19:00
釣果:45cmチヌ、81cm シーバス

 

仕事が終わってから前回鯛が釣れたポイントへ。潮は少し動いていたがベイトが見当たらない。とりあえずブレード系をキャストして広範囲を探る。バイトは無いが根気強くキャストを繰り返す。するとブレイクで強烈なバイトが!鯛の引きだと思いながらやり取りしていると手前のブレイクの藻場に潜られてしまった。無理矢理引きずり出すと黒っぽい魚が…チヌだった。鯛もチヌも藻場が好きみたい。サイズは45センチ、まぁまぁかな。その後もキャストを繰り返したがバイトがなく、集中力が切れかけたときにベイトの群が寄ってきた。集中力が戻ってきた。ルアーが手前のかけ上がりに当たって跳ね上がった瞬間バイトの瞬間が見えた。ナイスサイズのシーバスだ。すぐ寄せれると思ったがパワフルに走り回る。藻場を交わして無事ランディング。フックは二本伸びていた。エラ洗いをされていたら危なかったかもしれない。いい体格でサイズも70は確実にある。スケールが無かったので同行者に借りて計ってみると81センチあった。自己記録を1センチだが更新した。なかなか80
オーバーを釣ることがないのですごい嬉しいもんですね。その後はバイトがなく暗くなってきたので納竿した。

 

ルアー:

ダイワ トルネードスピン 30グラム 

コアマン パワーブレード

 

HIの釣果情報(魚による引きの強さ)

090610_224759.jpg

73cm

 

日付:6月10日
時間:20:30〜23:00
潮汐:中潮、下げ9分前後
釣果:45cm、73cm シーバス2匹

ポイント:美田湾

 

ラインシステム

PE1号 リーダ 3号フロロ(50cm)

SFノット(改)

ルアー:ダイワ ショアラインシャイナー

     カレントマスターSG9

           極みチャート

今日は南西風が吹いておりいい感じだったので出撃。消防の訓練のあとで由良湾からランガンすることにした。このこりに到着すると雨による濁りが入ってはいた為、カレントマスターの極みチャートを投入。風により切れた藻場が手前に寄せられているため明暗部は引けない。藻場のキワから出てこないかとおもいキャストするも無反応。扇状に明かり周りをせめていると「コン」とバイトがあり反転するのが見えた。もう一度同じコースを引くとまたバイト。下から食いあげているにもかかわらずヒットに持ち込めない。針も変え時だし、フッキングが甘いのかと考えながらキャストするがその後、アタリはなくなった。移動して運河近くのポイントのキワを攻めるとまた「コン」と一度バイトがあった。もう一度同じコースを引くと「ゴゴー」と明確なあたりと同時に今度はナイスサイズのシーバスが反転するのが見えた!「アチャー」やっちった。日ごろの整備不足がたたったのか乗らずじまい。先日から6バイト逃している。もう一度同じコースを引くと今度は乗った!やっとスランプ脱出だ!かけた瞬間からほぼゴリマキ状態。あがってきたのは45くらいのシーバスだった。とりあえずリリースして周りを探るが反応がない為、中島屋前に移動。スロープのブレイク沿いを攻めるがバイトがない為、船の先端を引くと「ゴンゴン」という鋭い当たりと同時にシーバスが反転するのが見えた。ナイスサイズだ!トルクはあるがスピード感がない。一応慎重にやり取りしネットインすると体高もありグッドコンディション 73cmだ!でもコンディションがいい割には引きが甘かった。ほんと魚によるな〜という一幕でした。

 

Kくんの釣果情報(R32)

20090603211953.jpg

71cm

 

日付 6月3日
時間 20:30〜22:00
潮汐 若潮
釣果 シーバス 71センチ
ポイントに着くと風はなく、海面は静まり返っている。しかも藻だらけでキャストする所がほとんどなくがっかり。一度バイトがあったが、すぐ場所移動。またいつものポイントへ行ってしまった。ポイントに着くと船の波で濁りが凄かった。マイブームのローリングベイトをセットしてキャストを始めた。ブレイクの上を通ったとき、海中がギラッと光りロッドに重みが伝わった。型は小さくてもいい引きをする。余裕かまして遊んでいると藻場に潜られフックアウト。ルアー回収後R32にチェンジしてもう一度ブレイクの上を通すとまた食ってきた!いきなりエラ洗いされフックが外れないことを祈った。最初に掛けたやつとは全く引きが違う。パワフルでラインが出て行く。藻場に潜られないよう沖で 弱らせてから寄せようとしたが言うことを聞いてくれない。暴れて気が済んだのか最後は自ら浅場に泳いでランディング。久々の70オーバーでちょっと嬉しかった。満足したので納竿した。

 

ロッド 9,1フィート Lクラス
リール 3000番
ライン PE1号
リーダー フロロ5号
ルアー ローリングベイト、R32

 

Kくんの釣果情報(風)

20090602232118.jpg

60cm

 

日付 6月2日
時間 22:30〜23:30
潮汐 長潮
釣果 シーバス 65センチ位、60センチ位
今夜は風が強くいい感じ。いつもの美田湾のポイントへ。R32をキャストするとメバルが当たってくる。何回かキャストをしていると、ルアーの着水と同時にブレイク際でシーバスがバシャバシャっと出てきた。32がブレイクの上を通った瞬間ヒット!丸呑みしてラインが歯で擦れている感覚が手元に伝わる。いつもより引きが強く、藻場に突っ込もうとするが、潜らせないよう交わしてランディング。メジャーが無かったのでサイズは計れなかったが65センチ位だった。このポイントにしてはまあまあのサイズだ。
ちょっとだけ場所移動して、ルアーをローリングベイトにチェンジ。左右のブレイクを探るがバイトなし…正面にキャストすると、沖側の明暗の境目でヒット!遠くで掛けたので魚とのファイトタイムが長く面白い。最後まで暴れていたので強引に寄せてランディング。今度は60位。
その後、バイトがないので帰宅した。 

 

ロッド 9,15フィート Lクラス
リール 3000番
ライン PE1号
リーダー フロロ5号
ルアー ローリングベイト、R32

 

Kくんの釣果情報(磯マル)

20090530070042.jpg

65cm 磯マル

 

日付 5月30日
時間 6:30〜8:00
潮汐 小潮
釣果 シーバス 65センチ
前日は風が強く、波が高かったので釣りにならず、翌日リベンジすることに。夜にHIさんから電話があり、一緒に行くことになった。四時に起きてお互い電話する予定だったが、2人とも寝坊してしまった…六時前にHIさんから電話があり慌てて準備してポイントへ。前日より風、波は落ちていたがいいサラシができていた。それでも波は高いので足場の高い場所からキャスト。R50だとサラシの手前で浮いてしまうのでカレントマスターにチェンジ。磯際を通してもバイトはなく、諦めようとしたときに待望のヒット!すぐに浮いてきたので小さいかと思ったが、寄せてみるとそこそこのサイズ。あとはランディングだけだが磯際は危険でなかなかランディング出来ず、手こずってしまった。波が引いた隙にフィッシュグリップでランディング。計ってみると65センチだった。いい時間になったので納竿した。 

 

ロッド 9,8フィート MLクラス
リール 2508R
ライン PE1,2号
リーダー フロロ5号
ルアー ショアラインシャイナーR50、

           カレントマスター

 

HIの釣果情報(磯マル)

090528_183355.jpg

74cm 磯マル

 

090528_202140.jpg

58,9のシーバスが吐き出したカタクチとタイドミノー

 

日付:5月28日
時間:18:30〜23:50
潮汐:中潮 下げ3分〜干潮

風:北北東〜北東
釣果:48〜74cm シーバス10匹

ポイント:耳浦、宇賀、由良湾、美田湾

今日は風が強いので釣行!仕事が終わってばあさんがおでんを作ってくれたのでありがたく頂いた。北北東が強かったので久しぶりに耳浦の磯マルにチャレンジした。会長に教えてもらったポイントで一昨年の梅雨時期にも朝マズメいい釣果があった場所だ。そのときは前の日に70〜80が8本くらいあがったとのことで釣行し、3本の釣果があった。ポイントにつくと予想通りノタ(うねり)が入りかなりいい感じ。歩きながらポイントまでランガンしていくが、反応はない。パイロットはハルシオンシステムGOZZO12、兄貴からもらったルアーだ(KA-くんからもらったらしい)。ローリング主体のフローティングだが1.5m前後のセットが入るためうまく泳がせられない。120前後のしっかり泳ぐルアーをチョイスしたいと思っていたが、今はもっていない。波があたる場所につくといい感じにサラシが入っている。一度GOZZOで狙うもルアーをうまくリトリーブできない為、最近調子のいい若干クランク系のタイドミノーをセットした。2投目波に乗せて引き波でバランスを崩した瞬間、サラシから茶色い魚体が見えてヒット!見た目のサイズは無かったがその引きからいいサイズを核心した。えら荒いする様子はなくスピードとトルクのある引きでガンガン潜る。途中ラインが根に絡まったがどうにか引き出した。3分くらいファイトしようやく浮いてきた。やっぱりナイスサイズ。波があがるテーブルに乗せてランディングしようとするが、波が押し寄せてまた沖へ〜最悪!どうにかこうにかフックが手に刺さるのを覚悟で水にはまりながらハンドキャッチ「良かった!」写真では見にくいが、金色っぽい魚体で背中は薄いブルーが入っておりきれいな魚だった!ランディング時にうろこが取れてしまったのは痛いが!その後、60前後のシーバスを波打ち際でキャッチした。湾内に移動し、風が当たるか通る場所を探し宇賀で2匹、由良湾で4匹、運河近くで2匹とり、久々に隠岐汽船のトン先へ。ここでも活性はよくチェイスもあり一匹かけたがバラシ(由良湾でロープにかけてしまいはずす際にフックが両方ともダブルフックになっていた)12時を回ったのでここで納竿とした。

 

ラインシステム

PE1号 リーダ 3号フロロ(50cm)

SFノット(改)

ルアー:DUO タイドミノーDC75

 

Kくんの釣果情報(沖の明暗)

20090527202402.jpg

67cm シーバス

 

20090527202953.jpg

57cm シーバス

日付 5月27日
時間 8:30〜21:30
潮汐 中潮
釣果 シーバス 67センチ、57センチ2匹

 

今夜は風があるのでシーバス狙いに出動!HIさんは、風があれば高確率でキャッチしている。
ポイントに着くと東からの風が少し強かった。足下までルアーを引きたかったのでバイブレーション系のローリングベイトをセット。一投目、防波堤の先端より5メートルほど先にキャストし、影の際を引くことにした。ルアーが影に入った瞬間いきなりドンッ!ときた!よっしゃと思ったが最初のヘッドシェイクでフックアウト。気を取り直してもう一度キャスト。また影に入った瞬間ヒット!ロッドはしなり、シーバスはエラ洗いをしながら抵抗する。このやり取りが面白い。割とすぐに浮いてきて、ライトで照らしながらネットでランディング。写真を撮りリリース。サイズは67センチ。すぐ同じコースにキャスト。また同じところでヒット!小さいので抵抗出来ず、ファイトタイム30秒以内でランディング。リリースしてもう一度キャストしたがバイトなし。先端へ移動し、ルアーをR32にチェンジ。外側の影には藻だらけでキャスト出来なかったので斜め前方へキャスト。沖側の光と影の境目でヒット!最初は抵抗しなかったので小さいかと思っていたが、手前に寄せると大暴れし
ラインが出て行く。弱らせてランディングしよとしたがネットを離れたとこに置いていたので、ベールを上げてさっとネットを取った。リールを巻くとシーバスが外れていた…70クラスだったのに…
その後もキャストしたがチェイスはあるもののヒットせず終了。

 

日付:5月19日
時間:19時〜24時
潮汐:小潮

ポイント:宇賀

釣果:48〜74cm  シーバス 10匹

 

HIの釣果情報(ルアー変更)

090520_031732.jpg

50,55cm

 

日付:5月19日
時間:21時〜22時
潮汐:小潮

ポイント:宇賀

釣果:50,55cm  シーバス

3日連続の釣行だが、風が止んだのでメバル狙いで釣行。消防の練習の後、倉の谷へ行くとKくんがメバルを連発していた(全てリリース)。しばし談話し自分は宇賀へ移動。キワをカレントマスターで狙うと2回同じポイントでチェイスがあるが食わずじまい。潮はクリア状態だった為、ナチュラルカラーのタイドミノーDC75をチョイスした。チェイスするポイント前でトゥイッチを入れた後、ただ巻きしてくるとヒット!完全に昨日とは逆パターンだ。ネットの枠も買い換えて60cmにしたので堤防は高いがなんなくランディング、その後、音沙汰がなくなったので小移動。メバルを狙っていると食いが悪くなった。と思った瞬間「グー」ともっていくあたりが〜。あわせるとゆっくり潜っていくー。シーバスだ!しかもでかい。やり取りしていると水中ヘッドシェイクでばれてしまった!その後やっぱりメバルはヒットしない為、遠めのポイントを攻めるとまたヒット!メバルロッドだったので慎重に寄せてランディング。55のシーバスをゲットした。その後別府湾でメバルを連発し納竿とした。

 

ラインシステム

PE1号 リーダ 3号、1.75号フロロ(50cm)

SFノット(改)

ルアー:DUO タイドミノーDC75

           バークレイ ベビーサーディン

 

HIの釣果情報(アスリートが!)

090518_232926.jpg

47,8かなー

 

日付:5月18日
時間:21時〜翌2時
潮汐:小潮 満潮〜下げ8分

風:西南西〜南西

ポイント:由良湾

釣果:47 シーバス1匹

 

ラインシステム

PE1号 リーダ 3号フロロ(50cm)

SFノット(改)

ルアー:ダイワ ショアラインシャイナー

     カレントマスター SG9

           パールチャート

昨日、遅くまでやってしまった為、若干疲れがあり釣りに行くか迷ったが風がいい感じなのでなんとか釣行。とりあえず宇賀に到着すると昨日より風が強い。本当に立っていると飛ばされそうな感じ。ルアーも空中で舞い上がるし流したいポイントを狙えない。いろいろ攻めるも今日は食わせきれない感じだ。昨日とはうってかわってチェイスも見えない。とりあえず一気に由良湾へ移動した。着いて早々出るんじゃないかと考えていた初ポイントでヒット!スピードはないがトルクのある引き。冷静に対処していたが、突っ込み+えら荒い中「プン」ラインが切れた!最悪。見るとルアーの手前から切れている。おそらくルアーを飲まれて歯ズレによるものだと思う。今日は若干にごりが薄くなっていたのでアスリート(サヨリカラー)を使用していた。定番ルアーだがかなりの実績がある。へこんでいたがしょうがない。とりあえず昨日ヒットしたポイントへ小移動した。タイドミノーDC75のナチュラルカラーをセットしキワを狙うも反応はない。先日でたストラクチャーを狙うが反応ない為、試しにカレントマスターをセットし同じコースを流すと一発でヒット!47,8ってとこをゲットした。その後浦郷湾の入り口付近に移動しカレントマスターを投げるといきなり70クラスがチェイス。ピックアップ寸前にバイトしようとしたがルアーが口に入らない。ただこちらには完全に気づいた様子。再度同じコースを引くと今度は60チョイのシーバスがチェイス。が食わせきれない。その後宇賀に再びもどったが反応がない為、納竿とした。

 

 

HIの釣果情報(ランカー逃す)

090517_211330.jpg

この日最大68cm

 

090517_211428.jpg

丸呑みでエラにかかっている。

 

090518_005335.jpg

由良湾シーバス。62,3cm 結構引いた。

 

日付:5月17日
時間:20時〜翌2時
潮汐:小潮 満潮〜下げ

風:西南西〜南西

ポイント:宇賀、浦郷湾、由良湾

釣果:45〜68 シーバス9匹

(すいません。記事かなり長いです)

 

今日は夕マズメから倉の谷へ釣行。明るいうちに中層をテールスピンで狙う予定が暗くなってしまった。雨の後でアスリート(サヨリカラー)かカレントマスターSG9(パールチャート)か迷ったがカレントマスターをパイロットに選択。まずは倉の谷のシャローが絡んだポイントに入るが反応がない。藻場嵐にもあい早々に宇賀へ移動した。行くとめずらしく先行者がいた。どうもシーバス狙いのようで外側のキワを狙っていた。向こうから「こんばんわ〜」と挨拶をしてくれてうれしかった。「ありがとうございます」。この日はかなりの強風で少々きつい。南西風なので堤防の角に波風が押し寄せてくる。潮は別府湾から沖に流れており、排水溝からのにごりが堤防を越したあたりで左へ流れておりいい感じだ。先行者の方がポイントをあけてくれたのか堤防の真ん中あたりに移動したので、外側のキワを少し狙ってみたがバイトはない。すかさず内側を先端から狙うと「コン」と一度バイトがあった。2,3投してもチェイスでシーバスが明かり周りに出てくるのがわかるが、バイトには至らない。ただ高活性の固体がある程度入っているようだ。内側の潮は波風もあるが、別府湾からの本流の潮もあるので堤防際でよれて湾内へ流れている。大体潮上を向くのであたりまえだがどうも流れに負けて入ってくるベイトを待ち構えて捕食しようとしているのではと思い、強風できついが風、潮ともにアップクロスでキャストすると一投目からヒット!

(右記事へ)

(写真下からの続き)

先日のランディング時のバラシもあり慎重にやり取りし無事ネットイン。47,8の小ぶりなシーバスをキャッチした。その後も同じ狙い方をすると2,3投でヒット!しかもでかい。強烈な引きで堤防の先端へスピーディな走り。そのまま船道の深場へと鋭い突っ込み。「ギーギギギギギー」とラインが出ていく。一瞬はずれたような感覚があったが、おそらくフックのかかりが変わったようでまだ魚はついている。「一瞬ばれたと思った」。しかしその後は堤防の先端を横に走り始めた。表層に飛び出す気配はまるでなく深場に潜る一方。竿を立てようにも突っ込みがするどいので水面と平行に保つのがやっと、久々に左手を添えてなんとか応戦するも今度は外側へ横に走り手前の藻場へ突っ込んだ!竿が8フィートしかないので角度をつけられずこれがまたやばい!前へ乗り出しギリギリのところで竿を思いっきり外へ向けると方向転換し今度は5mくらい先のブレイクへと突っ込む。完全に主導権は魚。かなりの引きで!トルクもあるしスピードもある。しかしその後、慎重にやり取りし、どうにか浮かせることに成功した。みると完全に自己記録更新サイズだ!体高もありグッドコンディション。先端までもっていき横になるがネットを容易している間にまた突っ込む。ネットも小さいし完全に弱らせてからでないと無理と判断しその後も1,2分弱らせた。フックはリアフックが口元にかかり、フロントがえらの手間にかかっている状況。いやな感じだ。ネットを入れるがまだまだ元気でたまに突っ込む。あせりは禁物だが完全にあせっている。しかもネットにどうしても入らない。ここは堤防が高くてネットが水に使っているのかが見分けにくい。一瞬入ったと思ったがネットからこぼれ落ちた。「ヤバイ」しかもフックがネットにひかかってしまっている。そうこうしているうちに「バシャバシャバシャ」やってしまった。一度ならず二度までも!!その場に崩れ落ちて天を仰いだ。「最悪だ!」とらなきゃ意味がない。完全に落ちたが数分後、気を取り直して若干手前から狙うとまたヒット!今日はやっぱいい状況だ。さっきのに比べると小さく見えるがまあまあサイズ70近い。場あれするのはいやだったが確実にランディングする為、先端までもっていった。えら荒いは激しいが潜る様子もなく、今度は明かりを照らしてランディング。68cmをゲットした。ルアーは丸呑みでリアフックがえらにかかっている。以前もあったがこういうときは魚は引けないようでなんなくランディングした。その後、キワではさすがに反応がなくなったのでにごりの中を攻めるとブレイク沿いの深場から上がってきてバイト!おそらく4,5m下から食いあげてきている。がヒットせず。いろいろ攻めるもその後はあたりがなくなったので物井へ移動した。外側を攻めるも反応がない為、宇賀と同じパターンかと思い湾内側を攻めると船のロープ際から出てきてルアーを吸い込んだ。がうまくフッキングできず。数投して反応がないのでまた移動。遠征して由良湾の風があたるほうへ行くと。一投目から60くらいのシーバスをゲット。その後も同じキワをもう少し先から狙うとまたヒット!逆に向き、浮きのストラクチャー周りを狙うとチェイスがあった。時間差でもう一度引くと今度はヒット!由良湾で3匹追加した。どれも62,3ってとこだ。そこから「コノコリ」に移動して一投目、ヒットしたがえら荒いでばれた。すぐさまポイントを移動し、浦郷湾の入り口へー。一投目から55cmをゲット。続いて50cmクラスをゲットした。美田湾も攻めたかったが、時間もない為、宇賀へ再び移動。風も落ち着き外側から2本のシーバスをゲットし、納竿とした。ランカーはまた今度(いつになるかわからんけど〜)

 090518_015041.jpg

最後に釣った2匹

 

ラインシステム

PE1号 リーダ 2号フロロ(50cm)

SFノット(改)

ルアー:ダイワ ショアラインシャイナー

     カレントマスター SG9 パールチャート

 

兄貴の釣果情報(釣らせてなんぼ トラブル多発 変わり身の術編)

hiro-seabass1.jpg

ランディング直後

 

hiro-seabass2.jpg

変わり身の術を食らった赤。下から2匹目

 

日付:5月3日
時間:3:00〜4:30
潮汐:小潮 干潮〜上げ2分
ポイント:宇賀

釣果:47 シーバス1匹


今日は兄貴が帰ってきた為、2人で釣行。小沼さんの「釣らせてなんぼ」ルールで自分がガイド役になり、兄貴が一本とれば好きなルアーをひとつもらうことになった。兄貴は大阪湾でシーバスを始めて一年たたないがかなり研究し、釣行回数のわりに釣果を上げており、ルアーもタックルもかなりの知識をもっている、最近では兄貴に教えてもらっているぐらいだ。まずは明かり周りの自分のヒットパターンのリトリーブ速度を教える為、隠岐汽船のトン先へ向かったがあえなく先行者がいた為、断念。場所を少しかえ「いそかぜ」がいないところで竿を振ろうとすると今度は「いそかぜ」が帰ってきた。(右へ続く)

 

(写真下からの続き)

ホテル隠岐前もたまに釣れる為、流すもキワを引きすぎて長く伸びた「ワカメ」にかかってしまいあえなくロスト。いきなりトラブル続きだったが、笑いながら本命の宇賀へ向かった。到着すると水面は波気がありいい感じ。ただ南風が強すぎてかなり苦戦を強いられた。一本確実にとりたかった為、マーズR32をセットし明暗の境を攻めると数投したところで兄貴から「なんかやばい音がしとる」と一言。みるとまだ数回しか使っていないナイトホークのディップが折れている。最悪。やってしまった。どうもキャストの瞬間反動で堤防にたっている40cmくらいの杭にあたってしまったらしい。初日から大トラブルだ。かなり落ち込んでいたが、自分が用意していたロッドに持ち替え、波気があった為、アピールを強くする意味でウォブリング系のX80を投入したところ数投でヒット!本人いわく明るい側から流れに乗せ若干ドリフト気味に暗部に差込んでからトゥイッチ、ジャークを織り交ぜオーバー気味のアクションでリトリーブしてきたところ食ったらしい。明るみにでてえら荒いをしたところをみると60チョイはある。しかしネットをとりランディングしようと身構えたところであえなくフックアウト。「残念」、その後、あちこち回ったがあたりも得られないため再び宇賀へ3時頃戻ってきた。ついたころには風も少しおさまりいい感じ。着く早々兄貴が「なんかライズしとでー」と一言。見るとどうやらメバルっぽい。「シーバスもだめだしメバルでもすっかー」とメバルに変更したとたん入れ食い状態。(詳しくはメバル編で) 二人で「おもしれー」と楽しんでいると今度はシーバスがライズし始めた。どうもメバルと同じベイトを捕食しているようだ。兄貴に「そのままメバルタックルで食うと思うけどフッキングのことを考えるとマーズだよなー」とはなしていたが、兄貴はメバルタックルの判断。ライズしている付近を数投するといきなり食った、があえなくバラシ。その後も2,3投でまたヒットした!サイズは小さいがメバルタックルだったので引きを堪能し無事ランディング。「よっしゃルアーゲット!」、場荒れしメバルの食いが落ちたが、とりあえず一本とれてよかった。その後、兄貴もしばらくメバルをポツポツ釣っていたがたまにシーバス狙いで明暗の境を攻めているとまたヒット!だがキワの藻場に潜られた。どうも変わり身の術(YMCAさん命名)をくらい根がかったようだ。引っ張ったり緩めたりしているとなぜかラインが若干沖に出ている。「あれ〜魚ついとれへんか〜」と顔を見合わせると18くらいの赤メバルがあがってきた!どうも根がかって外れたあとに今度はメバルが食ったようだ。完全な変わり身の術をくらって大爆笑。そうこうしているうちに朝を迎えた為、ここで納竿とした。トラブル続きの釣行だったがかなり面白い釣りになった。

 

ラインシステム

PE0.8 リーダ 3号フロロ(50cm)

SFノット(改)

ワーム バークレイ ベビーサーディン

 

Kくんの釣果情報(一投目)

20090423203728.jpg

ライン:PE1号
リーダー:フロロ2号
ルアー:ダイワ 澪示威6S  R-32


日付  4月23日
時間  8:30〜22:00
潮汐  中潮 上げ一分〜三分
釣果 54cm シーバス 18〜20cm メバル数匹


今日は久々にシーバスタックルを用意して、シーバス狙いの釣行。現地に着き、シンペンかワームか迷ったがシンペンに決定!一投目、着水してすぐにコンッと小さいアタリがあったがかからない。リトリーブを続けて手前のブレイクでストップさせるとガツンときた!重量感はそんなにないのにかなりいい引きをしている。ちょっと期待をしたが、手前に寄せたときにフッコクラスと確信、サイズの割に引きが強くビックリした。ネットに入れるまでずっと元気よく暴れていた。54センチでいいサイズではないがシーバスタックルで釣れたので満足した。そのあとは20センチくらいのメバルを追加して時間になったので納竿。
HIさんもシーバスを狙っていたがダメだったみたい。西ノ島はシーバスが群でいることが少なく、数釣れるようなことは滅多にない。(腕が悪いからかも…)シーバスもメバル同様に新たなポイントを探しに行こう。

 

HIの釣果情報(またまたkくんのおかげ)

 090423_223703.jpg

 67cm かなり引いた この時期にしては

グッドコンディション

 

090423_225754.jpg

73cm やせやせ

 

ラインシステム

PE0.8 リーダ 3号フロロ(50cm)

SFノット(改)

ワーム マーズR32+コアマンパワーヘッド6g

日付:4月23日
時間:21:00〜23:10
潮汐:中潮 上げ4分目〜6分目
ポイント:倉の谷、宇賀

釣果:67,73 シーバス2匹

今日も消防の訓練があり釣行日となった。kくんとは消防で会うときにいつも釣話で盛り上がる。「今日はいくかえー?」の問いかけに「行きますよー!」とのワクワクした答えが!俺もとりあえず「このこり」からせめてみるわーと話していたところ、マーズR32の話に。先日、隠岐汽船の難しいシーバスが反応したらしい。マーズR32は先日朝マズメに使ったがそれ以来使ってなかった。今日はそれをヒントに釣行。ハード系で攻めたいがこの時期ワームの強さが光るためマーズのR32をパイロットに選んだ。まずは「このこり」に到着、一投目からヒット!ではなく電話がなった。着信をみてみるとkくんだ!どうやら美田湾でこれまた一投目からシーバスが来たらしい。さすが〜と思いつつシャローを攻めるもバイトはない。対岸に移動するもクラゲの嵐に出会いすぐさまポイント移動。大橋の明かり周りを攻めたが反応が得られないまま、kくんがいるポイントへ。その後シーバスは出ていないがメバルが連発しているらしい。そうこうしているうちにDAIKIN(松尾丸)の息子さんが車を止めた。「つれたでー」とkくんに話している。釣果をみてみると20〜23,4cmの黒メバルを10数匹、50ちょいのシーバスをゲットしていた。この人もまたうまそうだなぁ〜って感じ。自分も負けじとキャストするもシーバスはなかなかでない。そのときは「にょろ」を使っていたので再びR32をセット、一投目から19くらいのメバルが食ってきた。よく食えたなーと関心したがプランを変更し、いつものホームへ移動した。まずは倉の谷のシャローエリアを攻める・・も反応がない為、2,3投し、いつもの明かり周りを攻めることにした。明かりがある方向からシャローのブレイク沿いにキャストするが気配がない。とりあえずヒットパターンの先端の明かり周りの暗闇を横に引いてくると一投目からヒット!!ヒットポイントはいつもと全く同じ。半径1M範囲だ。最初はがんがん突っ込む!ドラグを調整しながら対応したがかなりいい引きだ!次の瞬間今度は表層へ踊りでた。久々にジャンプも決める元気のいいシーバス。えら荒いも連発するが、やっぱり下へと潜る引き。「おもしれー」としかいいようがない。ただ自分がいっぱいいっぱいなのは間違いなかった。どうにかランディングして計測すると67cm。まあまあサイズだ!その後反応がない為すぐ宇賀へ移動した。いってみると先行者が堤防の先端にいる。どうやらメバルを狙っているらしい。堤防の外側のキワを探るも反応がない。内側は排水溝からのにごりが入っておりいい感じ、内側を堤防の真ん中より先端に向けてキャスト、少し早めに巻いてくると手前3mくらいでヒット!いきなり先端側へ走るがその後はおとなしい。ネットをかつがず釣をしていた為、先行者の方にネットをとってもらおうとしたところ、自分のネットを差し出してくれた。「ありがとうございます」ネットインが難しかったがランディングして計測してみると73cmいいサイズだ。その後2投くらいしたが反応がないので先行者の方にお礼を言いかえろうとした。ただ堤防の根元が気になったので根元から堤防の真ん中くらいめがけてキャストするとピックアップ寸前にまたヒット!が最初のえら荒いであえなくフックアウト。フッキングが甘かった〜。でもいいサイズを2本キャッチできたのでここで納竿とした。マーズR32の威力を確認できてよかった。kくんにも感謝!

 

Kくんの釣果情報(二人で釣行)

20090416215017.jpg 

 

ライン PE0,4号 リーダーフロロ2号
ルアー 澪示威、不知火、ママワーム
日付  4月16日
時間  21:30〜1:00
潮汐  中潮 5分目〜9分目


今夜はHIさんと一緒に行くことに。HIさんとはよく釣り場で出会うが一緒に行くのは初めてである。HIさんはシーバス狙い、自分はメバルとシーバス狙いでまず美田湾の道路沿いのポイントへ。海面にはプランクトン!?よくわからないがウジャウジャわいていて、メバルがライズしている。いつもならワームをキャストしているが今夜はシンペンをキャスト!一投目からコンッとアタリがあり、いきなりヒット!釣り上げてみると18センチくらいのメバルだった。リリースし、すぐキャスト。コンッ、コンッとアタリはあるが掛からない。キャストコースを変えるとヒット!また同じようなサイズのメバルだ。ほぼ入れ食い状態だがサイズはどんどん落ちていく。小さいけどいっかと思ってると…いいアタリが!フッコクラスがヒット!慎重に寄せてHIさんにランディングしてもらった。サイズを計ると51センチ。小さいがメバルタックルなので楽しめた。
その後、ワームやポッパーでしてみるものの食いが悪い為、橋脚付近へ移動することに。潮はいい感じに動いていたがアタリがない…このポイントでちょっとして、浦郷の93センチのシーバスが上がったポイントへ。HIさんのルアーに追ってきたがノーバイト。ここのシーバスは隠岐汽船のと似ていてかなりスレている。最後に宇賀の防波堤へ。メバルが浮いていたので表層をリトリーブ。アタリがあるのに掛からない。スピードを遅くしてみるとヒット!引きがおかしい…上げてみるとフグだった。夜にフグを釣ったのは初めてだ。水温が高く、フグの活性も高い為、ワームがすぐボロボロに。今度はリトリーブスピードを上げてみると20センチくらいのメバルがヒット!結局、ここではそのメバル一匹だけだった。アタリもなく時間も遅かったので帰宅することに。いい釣果ではなかったが、HIさんと釣りに行って楽しかった。またお願いします。

 

HI:僕は全然だめでしたが、久々面白かったわ〜こちらこそまたお願いします。

 

HIの釣果情報(ナイスファイト)

090415_004242.jpg

ネットは径45です

 

090415_004318.jpg

 外掛かり皮一枚

 

ラインシステム

PE0.8 リーダ 3号フロロ(50cm)

SFノット(改)

ルアー にょろにょろ

 

日付:4月15日
時間:0:15〜1:00

潮:中潮:干潮前後

ポイント:大橋付近


消防の訓練で今日も休肝日。家族が寝静まったころからラインを結びなおし釣行した。まずは隠岐汽船のトン先へ様子を見に行ったところ50〜70くらいのシーバスが見えるがライズする様子もない。とりあえずワンダー80をセットしトゥイッチで誘うも無反応状態だった。早々にポイントを移動し最近お気に入りの橋下へ。今日の潮は先日とは逆で美田湾から浦郷湾へ左から右に流れている状況だった。ルアーは「にょろ」をセットしブレイク沿いを長く引いてくるため横にキャストしたがあたりはない。橋脚周りをアップクロスで狙うもなんの反応もないため橋より美田湾側へ移動。とりあえず橋脚周り、ブレイク沿いをダウンで横に狙ったがバイトはないため先日つれた感じで橋側から明かり周りの岸際ぎりぎりにキャストし引いてくるがメバルもあたらない状況だった。ちょっと沖目を沈めて表層〜中層を狙うも反応がないので再度ブレイク沿いを攻め5投くらいした頃、そろそろポイントを移動するかと考えているとピックアップ寸前、3mくらいのところで「クッ、ココ」と若干小さめのあたりが!その瞬間水面に「バシャバシャ」!「食った!」ヒットポイントは完全にブレイクの下から出てきた感じ。最初は水面に踊り出るも後は下にがんがん突っ込む。先日のいかにも春先シーバスの「ノタノタ」した感じとは違い、トルクのあるスピーディーな突っ込みを見せた。近くでかけた為、ちょっとあせったがどうにか耐え無事ランディング!あかりを照らしてみると体高もありこの時期にしてはナイスコンディションのシーバスだ!リアフックがほほに皮一枚状態でかなりあぶなかった、「ぎりぎりセーフ」。口の横にもフックがかかった後があったがアップで狙っていたのもあり頭から飲んで外にかかったんじゃないかと思う。サイズは61とそこまでではないが久々にいい引きを堪能した。その後美田湾を点々と攻めるも反応はない状態で波止まで遠征したがシーバスの気配は感じれなかった。メバルがつれそうだった為、メバルに変更したところ15〜18のメバルが入れ食い状態。サイズも小さくシーバスもキープしていたためリリースしたが10匹ほど釣って納竿とした。メバルもいいがやっぱシーバスも面白い。

 

HIの釣果情報(Kくんのおかげ)

090412_044901.jpg

暗くて見えにくくてすいません。

 

ラインシステム

PE0.8 リーダ 3号フロロ(50cm)

SFノット(改)

ルアー にょろにょろ

 

日付:4月12日
時間:4:00〜5:00
潮:大潮 満潮前後


昨日はやめに寝たので3時に目覚ましをセットしシーバス狙いに。結局起きて出動したのは4時近かった。隠岐汽船のトン先でシーバスの活性があがってないか見に行ったところAさんがいて。19〜23くらいのメバルを20匹ほど釣っていた。ほとんど浦郷で釣ったらしい。ここにきてからはいまいちの為、YMCAさんとしばし談話していたとのこと。シーバスも食いがたっていないようだったので早速ポイントへ。今日は完全にハードで攻めようと決めていたので「120のにょろ」をセット。橋脚周りで表層を引くといきなり「グン」と一度あたりがあった。どうもメバルだ。2投目、同じポイントを通すと22くらいのメバルがかかった。サンドワームを長めにセットしシーバスを狙っているときによくメバルのあたりがある。小さくすると逆にあたりが遠のくことがあるため、やはり長いワームはアピールが強くいいのではと考えていた。「にょろ」は3フックついている為、メバルがきてもかかるんじゃないかと考えていたが、やはりそうだった。ここでメバルロッドに変更してワームで釣ればおそらく数があがっただろうが今日はシーバスと決めていた為、早々にポイント移動。橋脚より美田よりにすぐ明かりがあるシャローがある為、そこをたたくことにした。まずはブレイク沿いをリトリーブするがあたりがない。橋側より横に岸際ぎりぎりにキャスト。ミディアムリトリーブで引いてくるといいサイズのメバルが!途中まで寄せてきたがあえなくフックアウト。そのコースより2mくらい沖側をリトリーブすると「グググー」とあたりが大きくあわせると水中ヘッドシェイク!きた!シーバスだ!1mもないシャローで食ってきた。何度かえら荒いをくらったがシーバスロッドを使用していた為、なんなく寄せてランディング。体高もなく細身だったので最初は50ちょいかと思ったが計測の結果は67cm。まあまあだ。Kくんがシャローエリアで何度もかけていたのでそれをヒントに狙ってみた。Kくんのおかげです。

 

Kくん釣果情報(ナイスシーバス!いいな〜)

222-400.jpg

日付 3月31日
時間 20時〜22時
中潮 下げ八分目
記事 Kくん


今日は浦郷のメジャースポットへ。
最近スプリットショットリグにハマっており、今夜もそのリグでフィッシング開始!通常は5Bのガン玉1個だが、風が吹いてたので3Bのガン玉を追加。何回かキャストしたがアタリがなく即場所移動。
次は、美田湾の道路沿いにある街灯のある場所へ。この場所は大型のメバルはいないが、この時期になるとシーバスが混じったりするのでお気に入りです。仕掛けは同じで、ラインはPEの0,4号にフロロ1,5号。風の影響を受けやすいが感度は抜群!魚のアタリがハッキリと伝わってくる!15センチくらいのメバルを3匹釣り、今日はダメかなぁと思ったとき、海藻が引っかかったようなモワッとした感じが手元に伝わってきた。海藻かと思い回収しようとすると、わずかに引いたような気がしたので合わせてみたらラインが勢い良く出ていった!エラ洗いをしたのですぐシーバスだとわかった。ラインの強度は問題ないが、針が伸びないか心配になりドラグを緩めることに…寄せては出て行き、数回繰り返して無事ランディング!結構針が伸びていたので、もうちょっと時間をかけていたらバレてたのかもしれない…ラッキーだった。今日は外道だが大物が釣れたので気分良く、帰宅することにした。

ライン PE0,4号
リーダー  1,5号
ガン玉   5B、3B
針  ゼロヘッド
ワーム  ママワーム1,5インチ

 

産卵前

NEC_0020.JPG

日時 2009年 1月 3日 6:00

潮:小潮 満潮から下げ9分

風:北西

 

9月後半〜10月のトップゲームは終了し、瀬まわり、流れの中でシーバスが釣れなくなってきた。今年は早かったのかな〜と思いつつも後輩のAくんは12月に88をあげたらしい。さすがAくん!あれから45〜60ちょいのシーバスを何度か上げたが最近いいサイズが出ていない。とりあえず今日も宇賀のポイントへ。最近キワでしかこなくなっていたのでこの日も常夜灯の明暗部(50cmくらい)を狙った。ルアーは兄貴お勧めのドリフトトゥイッチャー。先日も60アップのシーバスをたたき出した実績ルアーだー。タイトウォブンロールアクションでジャーク、トゥイッチもいいダートでパイロットルアーになりつつある。その日も小アジのライズが多くベイトは豊富にいる状況。下をみるとシーバスが明暗部でライズしているのが見えた。ライズしたポイントを先端の反対側から狙うも出てこない。数投して先端側から狙うと「ドン」と出た。ヒットと同時に何度も突っ込み久々にいいファイトを見せる。ランディングしてみると体高もあり産卵前のナイスコンディションの70ジャスト!以前、産卵直前のはらぼてシーバスは全然引かなかったが、今回はかなりいいファイトで楽しめた。来シーズンはもっといろいろなメソッドを試してスキルアップしたい。

 

ルアー:バスデイ ドリフトトゥイッチャ

 

おしくもとどかず

NEC_0204.JPG

日時:2008年 10月 18日 6:30

潮:中潮 下げ6分

風:静寂

 

今日も宇賀への釣行。トップで狙うもなかな出ないシャローも攻めるもバイトがない為、再び堤防へ、瀬の上を攻めているとルアーの横に「モワット」シーバスが出た。こりゃトップまで出ないな〜と思いワンダースリム90をセット。得意の水面下ドッグウォークで狙うとヒット!!結構でかい。下へと突っ込むも強引にポンピングして頭をこちらに向かせ主導権を握られないようにしたが寄せてきたところで再び突っ込まれた。なかなかいいファイトを堪能しあげてみると久々に80近い。メジャーを当ててみると79cmおしくもランカーサイズには届かなかった。残念 !

 

 

ラトル音

NEC_0244.JPG

日時:2008年 10月5日 5:00〜7:00

潮:小潮 満潮〜下げ3分

風:南西

 

会社の友人Kくんが仕事が終わって福山に帰った為、一人での釣行、宇賀に直行した。この日は波が少々ある状況。シーバスにとってはもってこいだ。ただここのシーバスは無風、凪状態でも活性が高い。いつものようにTDペンシルでトップを狙うもなかなかでない。堤防先端から沖に2本の潮目が入っていた為、久々にジャイアントドッグXを選択。このルアーはラトル音が非常に大きい、フルキャストしても巻き始めから「ガシャガシャ」と音が聞こえるほどだ。ラトル系はあまり使わないが波がある状況だったので少しアピールを強くする意味で投入した。潮目を狙って3投目にいきなりヒット。60アップのシーバスをゲットした。続けてシャロー側にキャストすると水柱とともにヒット!今度は少々でかい。根に入ろうとするも強引に寄せてると80オーバーがついてきている。無事ランディングしたが、あの80クラスを釣りたいと粘るもその後あたりはなくなった。シーバスのみならず魚を釣るとよく別の魚がついてくるがどういう現象なのだろう。いつも不思議に思う。とりあえずジャイアントで釣れたんで満足。これで納竿とした。

 

ルアー:メガバス ジャイアントドッグX

           カタクチイワシ

 

完全トップ

NEC_0230.JPG

日時:2008年9月28日 4:30〜8:00頃

潮:大潮 下げ8分〜干潮〜上げ2分

風:静寂

 

今日も福山から仕事に来ている友人Kくんと釣行。弟は数日前、横浜に帰った為、二人で4:30くらいから釣行した。Kくんをピックアップしてから物井、倉の谷は捨ていきなり宇賀のポイントへ入った。この日はKくんがトン先の瀬の部分でTDペンシルのシンキングで1投目からヒット!!先日シーバスを釣り上げていたため、落ち着いていたが、逆に自分の方が興奮状態。どうにかネットにいれ一安心。Kくんはいきなり記録更新で60アップのシーバスをゲットしてからはちょっと興奮気味だった。とりあえず自分もと思い先日ヒットしたTDペンシルでドッグウォークでシャローエリアが絡むポイントをねらったところ60アップをゲットした。最近アカビラ(カンパチの子30くらい)が夜明け頃にルアーで釣れるためアカビラを狙っているとKくんに再びヒット!!30ちょいで少々小ぶりだが引きは抜群!ちょっと油断した隙に根に入られたようでフックアウトしてしまった。その後、自分もアカビラを狙いゲットしたがワンダー80でトゥイッチ&ジャークで少し沈めた状態から得意のダートを繰り返しているといきなりヒット!ガンガンもぐっていくため最初はでかめのアカビラか!と思ったがあがってくるとシーバス。狙いが外れてちょっと残念だったが、いいファイトだった為、正直ある程度満足!ヒットポイントはいつもの瀬まわりポイントだった。その後もいろいろ試してみるが次がでないため倉の谷と物井の間のポイントへ移動。手前が0.5〜1.5m程度のシャローで釣りにくい場所だがTDペンシルにいきなり反応!チェイスしてバイトしたがフッキングせず。だがそこそこのシーバスが2匹ついていたのを確認した。すかさず同じポイントをドッグウォークで攻めると水面を割る水柱とともにヒット!!トップは面白い。手前がシャローなため竿を立ててファイトしどうにかランディングした。計測の結果は69cmグッドコンディションのシーバスだった。トップゲームはまだまだ続きそう〜

 

トップパターン

NEC_0262.JPG

日時:9月23日 5:00頃

潮:小潮 上げ9分

風:南西

 

今日は福山から仕事に来ているKくんがシーバスを釣りたいとのことで釣行にでかけた。ちょうど弟も帰ってきていた為、3人で4:30頃から朝マズメを狙っての釣行。人と行くのはかなり久しぶり。二人ともシーバスは初めてのため釣らせたいという気持ちが強くナビゲーター気分。今回は物井からせめてみようと堤防の状況をみると若干向かい風で波立っている状況。ここのシーバスは別府湾ほど警戒心が強くないが、状況がよければ食ってくる。弟は自分でルアーを選択しアイマジーン110 イワシカラー、実績のあるルアーだ。Kくんはにごりもある状況だったため最近調子のいいカレントマスターのパールチャートを装着。Kくんにキワや出そうなポイントをせめてもらったがなかなかでない。弟もいろいろ投げていたが出ない様子。ふとみるとリトリーブが遅いため、「それじゃーみきられるぞー」と一言。ヒットするリトリーブ速度を教えた。そのうちKくんがトラブったためなおしているとなにやら弟が無言でファイトしているよう。「お前釣れたか?」と聞いてみると「うん。きたー」という言葉が返ってきた。「よっしゃー!とりあえず一本目」弟は45くらいのシーバスだったが元気な一本をいい感じでキャッチ。その後あたりもないため宇賀のポイントへ。まずはトン先の瀬の上をKくんに投げてもらったところ数投でヒット!、58のシーバスをゲットした。二人が釣ったところで夜明け前になり去年の秋ヒットしたシャローを広範囲にTDのドッグウォークで狙っていたところヒット。シーバスロッドを貸していた為、メバルロッドでどうにかキャッチ。計測の結果は68cm惜しくも70には届かなかったがまあまあのサイズ。やせてはいたがメバルロッドだったので結構楽しめた。宇賀のポテンシャルはやっぱ高い。しかもトップで食わした実感が最高だった。そろそろトップがあついか!

 

ルアー:ダイワ TDペンシル カタクチイワシ

 

秋パターン到来か〜?

NEC_0245.JPG

日時:2008年9月20日 4:30〜6:00

潮:中潮 満潮より下げ5分

風:西

 

久々の更新です。夏になりもぐりや同窓会や帰省の人たちと飲んだりと忙しくなかなか釣りにいけませんでした。6,7月と朝、夕マズメに倉の谷で何本かとりましたがナイスサイズがでず。また夜中に別府湾で釣行するもなかなか釣果が出ないため、今日は久々に朝マズメに宇賀のポイントへ釣行した。暗いうちから常夜灯の明暗部で数投して45くらいのシーバスを上げ小さいが開始早々いい感じ。水面では小アジがライズを繰り返しパチャパチャしているが、次が出ない。とりあえず先端の瀬付近をトゥイッチで攻めると50くらいのシーバスがヒット。なんなく取り込んで次を狙うと今度はトルクのある引き。ちょっとでかいな〜と思い慎重に寄せてランディングすると74cmのグッドコンディションのシーバスでした。この時期からシーバスはうまくなる為、久々にキープ。特性和風バジルソースをかけてソテーにして食べましたがかなりうまかったです。待望の秋パターン到来か〜?

 

ルアー:ダイワ ショアラインシャイナー

     カレントマスター9S 極みチャート

 

回遊系の群れ(やっぱフックは大事だ)

NEC_0260.JPG

日時:2008年5月10日 0:30頃

潮:中潮 干潮からの上げ始め

風:南西

 

最近めっきりメバルに浮気してたが、今日は完全シーバス狙い。ポイント宇賀に到着したのは0:30頃。キワの明暗部をねらうもバイトがないため5投くらいして先端の瀬の上をショアラインで誘うも反応がない。レンジを下げてみようと久々にX80でトゥイッチを入れながらミディアムリトリーブで探ったところいきなりあたりが・・・。「ギラッ」といい巨体が見えたがフッキングにはいたらず。2投目も同じポイントを通すと同じように下からバイト。大きくあわせをいれフッキングしたが、ランディングのときに手間取ってしまいあえなくフックアウト。やはりフックがさび気味でフッキングが甘いらしい。いつもフックを買いたいとおもいつつもルアーに手を伸ばしてしまうため交換するフックもなく日ごろの手入れ不足に反省を覚えた。しょうがなく同じフック(X80)で3投目、「ガツン」というあたりに大きくあわせてがっちりフッキング。どうやら群れが入っているようだ〜。えら荒いはあまりせずがんがん突っ込んでいく。春先のシーバスより明らかに体力がある感じ。なんとかランディングして計測してみると73cm。西ノ島の湾内シーバスは東京湾や大阪湾にくらべるとストックはないがアベレージは60〜70くらいだからたまんない。続けて投げるとまたヒット!入れ食い状態。だが少々小ぶりなシーバスは簡単に外れてしまった。その後も1度あたりがあったがこれにて終了。日ごろの整備不足に後悔したが、活性の高い回遊系の群れが入って久々に面白い釣行でした。

やっぱフックは大事だわ〜

 

ルアー:メガバス X80

 

アミパターン

NEC_0227.JPG

 

日時:2008年4月5日 3:00頃

潮:大潮 満潮後 下げ始め

風:南西

 

いつものようにメバル狙いで別府湾へ〜。メバルをはじめたのは今シーズンからだが黒メバルが浮いてきてライズもありかなりはまっている。隠岐汽船の先端でメバルを狙っていると常夜灯の明暗部でシーバスの食いがたち始めた。ここのシーバスは警戒心が強く梅雨、秋時期のいい条件がそろったときしかルアーに反応しない。活性がよくてチェイスはあってもくわずじまいがほとんどだ。去年の4月にサンドワームで71をしとめたがやはりこの時期はワームがきくらしい。今年も3月中旬くらいにメバルの仕掛けで5,60のシーバスを2本とったことがあったので同じように月下美人のカーリービーム クリアーをセット。上下させながら軽くトゥイッチをいれ引いてくるとヒット!メバルロッドをバッドからへし折る引きで結構堪能できた。この日はネットも持っていた為、体力を消耗させてからなんなくランディング。計測の結果は72cm 結構いい型だー。2月に釣ったシーバスより引きはよく面白かった。春先のこのパターンはなかなかいいかも。たぶんアミパターン

 

ヒットワーム:月下美人 カーリービーム

 

スポーニング後 春シーバス 岸壁必死のハンドランディング

NEC_0205.JPG

日時:2008年2月22日 1:20頃

潮:大潮 上げ9分 満潮前

風:北西

 

この日も最近はまっているメバル釣りに23時くらいから出かけた。なんといっても釣り場まで歩いて5分とかからないあたりが最高!いつも晩酌をしてしまう為歩いていけるところしか攻めれない。別府湾の砂地が混じったポイントでぽつぽつではあったが20前後のメバルをキャッチ。今日はこのくらいでいいかと久々にシーバスを狙ってみた。超安物のメバルロッドにショアラインのレッドヘッドをセット。ルアーとのバランスはよくないがしなる竿をゆっくりと振り50cmくらいしかない明暗部分をアンダースローで沖側から岸よりにキャスト。常夜灯の真下に入ってしまうと影が落ちるのでいつも影が落ちないポイントからうつ。3投くらいしたが何も反応はない、もうだめかなと思った5投目、暗闇からいいサイズのシーバスが!ここで平常心を失うと食ってこない。そのまま同じスピードで巻くと「ガツン」「食った!」すかさず大きくあわせを入れると沖へと突っ込む。この時期のシーバスは体力がないため、何度か突っ込まれたがメバルロッドで十分。ちょうどいいスリリング感で引きを堪能した。しかし、今日もネットはない。あいかわらずどうにかなると思っていた・・・が。どうするかー。迷ったあげく岸壁にあるはしごをくだり水面まで、だが糸を持って寄せるもなかなか口をあけてくれないし胴体をもつのはちょっと厳しい状況。何度か糸をひっぱるとやっと口をあけた。すかさず親指をいれてなんとかランディング。知らない人がみたら「あの人なにを何をしてんだろう?」っておもうだろうな〜と思いつつとりあえず取れてよかったと一安心。後々聞いてみると以外と島の人はやってるらしい。計測の結果は73cm、だがスポーニング後でやせやせ状態。でもこの時期にしては早巻きパターンで食ってきた。「体力なくてもタイトウォブリングの早巻きはきくんかな〜」と思った一幕でした〜。

 

ルアー:ダイワ ショアラインシャイナSL12

          レーザーレッドヘッド

 

はらぼてランカー(初)

 

NEC_0195.JPG

 

日時:2008年1月5日 4:50頃

潮:中潮 下げ7分 干潮前

風:北西

 

この日は先輩のToっちんから電話で「メバル釣りでもいかーや〜」とのお誘いが〜。レスリングで世界制覇をしているMaーちん(すごい人ですほんと)が明日、埼玉に帰るとのことで3人で別府湾に釣行しました。2人はその前に美田湾で釣っており、Maーちんは小学校以来釣りに行っていなかったようだが、今回の帰省でボッカ釣りにはまったらしい。早速別府湾のとある場所で合流。そこは対岸に島がある為、潮流もあり好調の時には、20そこそこのメバル、30ちょいのボッカが釣れるポイント。二人はすでに30匹近くメバル、ボッカを釣っており結構堪能してきた様子。負けじと到着してすぐさまキャストするもリリースサイズのボッカばかり、港の先端に移動するも思うように数、サイズともに出せず納得のいかないまま夜中の2時過ぎになった。二人の先輩もさすがに疲れた様子で「そろそろ帰るわー」といってしまった。通常一人で釣りをするので久しぶりに笑いながらの釣りでほんっと楽しかったが釣り自体に納得がいかず粘って時合を待ちキャストを続けた。しばらくすると20くらいのメバルが数匹かかったが後が続かない。ポイントを移動したがここでも釣果を伸ばせず。「メバルってなかなか難しい釣る人は30くらい軽くつるのになー」といろいろ考えながら「倉の谷」のポイントへ。ここではシーバスがキワでたまにかかるので、メバルはあきらめルアーを引いてみた。突き出た堤防の右はしに影を水面に落とさないよう忍びこみ堤防の先端を真横にキャスト。常夜灯周りのシーバスは目が見えているようでスローではなかなか口を使わない為、ミディアムより少し早めのリトリーブで岸壁沿いを狙ったところピックアップ寸前に「ガバッ!!」。「食った!」時間も時間だし今時期は厳しいかと思って気を抜いていた為、水面を割るあたりに完全に目が覚めた。立ち位置から2mくらいのところでヒットした為、ルアーにくらいついてすぐ、沖へと突っ込んだ。ドラグは一瞬出ていったが、突っ込みの合間に追い合わせをいれるとすぐに浮いてきた。一度強烈なえら荒いを見せたがその後はおとなしい弱った魚。しかし浮いた状態をみると結構でかい。タモはもっていなかった為近くのサーフまで寄せて無事ランディング。あがった魚をみると完全スポーニング体制。今にも卵を産みそうな状況、ルアーは丸呑みでリアフックがエラにかかっている。まったく引かなかったがそのサイズには正直びっくりした。「80近いかも」とウキウキでメジャーを当ててみるとなんと83cm。「キター」自己最高。シーバスを始めて4年目にして待望のランカーをしとめた。湾内だと70cmクラスは結構あがるがランカーサイズはなかなかあがらないため本当にうれしかった。メバルがつれなかったのは残念だが、正月早々ラッキーな一尾だった。

 

ルアー:ダイワ ショアラインシャイナSL12

          レーザーレッドヘッド

 

→ 渡船情報

   渡船、釣船 三力丸

   TEL・FAX

    08514-6-1831

    090-4699-0907(携帯)

P5020028.jpg

   三力丸さん釣果情報

→ LOCAL(地域情報)

   釣具店 さくらや(ブログ)

       G好釣会をバックアップしてくれる

       釣具屋、西ノ島の釣果情報発信源

       ある程度ポイントも教えてくれます。

       お土産も豊富いいとこです。

   

   クラブノア隠岐

       ダイビング、カヤック等

       マリンスポーツサービス

 

  D-style

      シュノケーリング、ウエイクボード

   マリンスポーツサービス

 

   民宿 三力丸

   TEL・FAX (08514)-6-1831

      問い合わせはお電話で

 

     隠岐シーサイドホテル鶴丸

   いつもお世話になっている鶴丸。料

       理 絶品!ここのAくんは相当釣吉(そ

       のうち登場します)

 

  鶴丸(松江HP)

   松江で隠岐料理を出している鶴丸

   ここも料理絶品!おさながやってま

   す。