管理人・嘘八百  案内人・庶民@

熊野古道  小辺路 2007.05.27.日

十津川・大津越え&谷瀬の吊り橋

9:50 大塔の道の駅。
さっきまで降っていた雨が止んで明るくなっている。
これこれ!ニャアのお出かけの時はこうでなくっちゃ!
10:35 谷瀬の吊り橋・・写真は、こっこさん。

バスを下りたときはしっかり降っていたので一応カッパも着込んだが、いざ歩くとなると、あっという間に小振りになって・・これなら傘だけで十分じゃん!ってな具合に・・

「20人以上は渡れません」・・あの〜90人の団体なんですけど・・ボチボチ歩き始めるので一斉に乗ることはないが・・先着の他の観光客が戻ってきてるしぃ〜・・橋は相当な人数になった。

mityannさん

雨に濡れてはいるが、思ったより滑らないので助かった。
板の両側は細かい編み目の鉄線だし、横もしっかり丈夫だし、転んでも落ちる心配がない。思ったほど高度感もないので・・なにしろ釣り橋は好きですから・・安心して写真を撮っていたら・・進むにつれて・・向こうから戻ってくる観光客とすれ違うようになると、ますます激しく揺れて・・うっ!・・目が回り始めた・・しょえぇぇ・・乗り物酔いしそうだあ!・・したっ!


写真は諦めて・・目が回っていたんでは写せないので・・渡ることに集中しようと・・そしたら・・後ろから来ているおじさんが色々と話しかけてくる・・おもしろおかしく話していると酔いも治まってきた。橋の中央では戻ってくる人のピークで、次から次へと・・更に揺れて揺れて・・また目が回ったら困るので一点に目を固定して・・・

もう少しで渡りきるという時、戻ってきた人の中に恐がりの方がいて、狭い橋の中央に仁王立ちして「どうぞ!」と・・どうぞ・・ったって・・あなた・・どう見ても通せんぼじゃあ〜りませんかぁ〜・・どこ通るんですか?金網の所ッスか?私はまだ目が回ってるんですかどね・・
「すみません。少しでいいからよけて下さい」
すると足はそのままだが身体を少ぉ〜し除けてくれたので何とか通れた。

向こう岸へ着いたときはホっとしたけど・・またこれ戻るのかあ・・

こっこさんとmityannさんと、向こうから渡ってくる集団を待ち、空いてから渡る事に。

戻りはもう写真を写さなかったし、すれ違う人も少なかったので、目を回すことも、酔うこともなく・・また橋もそれほど揺れず・・歩きやすかった。風もなく、無風状態だったので良かったが、少しでも風が吹けば、よ〜渡れへんなあ〜と思った。


そこから何度か立ち寄った・・前回の三浦峠越えでは最後に立ち寄った「昴の郷」へ。

またまた雨が強く降ってきた・・お弁当はバスの中で食べることにした。隣に駐車した2号車では、こっこさんとmityannさんが偶然にも隣同士になってお弁当を食べている。

今日は時間が遅くなればなるほど雨脚が強まるとの予報だった。30分の休憩でトイレもすませて、ここからスタート地点の西中大谷橋まで送ってもらい、また昴の郷に歩いて降りるのだ。昴の郷から果無峠につながっている。ここからトンネルを抜けて直接行ける道があるそうだ。
12月に見た、標識は、ここへ出る道だと思う。

今日は昴の郷で温泉に入れるが、一人でここまで往復しても時間はかからないだろうと思ってワクワクする・・が・・
「でも、途中の橋が壊れていて通れないんですよ・・」・・うげっ!そうだったのか・・だよな〜
12:57 スタート地点の西中大谷橋・・わあ〜い!さっきまで、かなぁ〜り降っていたのに、またまた小雨になってるぅ〜!さすが!晴れ猫のパワーはスゴイ!・・と・・誰も言ってくれないから自分で宣伝する!・・


こんな景色を横目に見ながら、そして山側にはササユリが所々に咲いていて最高!

13:33 川合神社

ここは結構広くなっているので、ここで集合し、澤熊講師の説明などがある。ここに来るまでに凄い勢いで私達を追い抜いていく人達が・・きっと1号車の人だろうな・・
13:46 別に橋を渡るわけではありません・・三浦峠登山口の標識。前回のコース


小雨というより
霧状だな・・
  
14:45 ここから大津越え・大師堂への山道。今日、初めての山道だ。

澤熊講師が「ちょっと待ってて下さい。道を見てきます」・・ここからの往復なら大丈夫なのだが、大師堂を越えていく道が、ほとんど人が通らないので、雨が余り降ったときに通ると崩れてしまうんだと・・
少ししてGOサインが出た。
大師堂を写し忘れた・・これは大師堂の反対側にある石仏郡。ぐるり一周コースだ。

このあと、反対側へ下っていくのだが、本当に人が通らないらしく、道が固まっていない。柔らかい僅かな幅しかない急勾配だ。地元のお詣りの方は、さっきの道(階段)を往復しているのだろう。できるだけ山側を歩かないと崩れそうだ。雨が止んでいるから良いが、降っていたら難儀やなあ〜・・
・・とはいえ・・今日初めての山道に嬉しくなる。

20分ほどで、また林道に合流する。


15:27 昴の郷に到着!今日はここで入浴タア〜イム!!

何度か立ち寄って「いつかお風呂に入りたい」って思ってたのが叶って嬉しい!・・実にいいお湯だった。

16:30 出発時間間際・・大粒の雨が・・いままでやんでいたのに・・ドザザザア・・・って・・
よかった〜もうバスの中だもんね〜!・・あ!・・まだ外にいた澤熊先生が・・
17:58 大塔の道の駅でトイレ休憩。おお!雨がやんでる!

そして・・またまたバスに乗ってる間は雨がしっかり降って・・
大丈夫!大丈夫!ニャアは晴れ猫だから梅田に着いたら雨はやんでるって!

・・やんだ!・・

こうして家に帰り着くまで傘要らずだった。大満足の一日だった!暑くなくて飲み物もたいして要らなかったし、めでたし!めでたし!

いよいよ・・果無峠へ!
熊野古道トップへ