管理人・嘘八百  案内人・庶民A

伊勢路・始神(はじかみ)峠越え 2007.09.29.土

11:30 道の駅「まんぼう」・・ここでは本当にマンボウ料理がある!外の売店で焼きながら売ってる!

今日はお弁当!澤熊ツアーの「道の駅・弁当」・・ニャアが勝手に命名・・は、本当に旨いっ!!ここのも旨かった!結構いい素材が入ってた!伊勢路ではこの道の駅での食事が増えるそうだ。・・この先達さんは食いしん坊というウワサがある・・本当だと思う・・
12:02 始神さくら広場

上に発電所があるそうで、その排水が勢いよく海へ流れ出していた。
峠っていうのは一番低いところなので・・あの山々の窪んだ所を通るんだそうだ・・こうしてみると遠いなあ・・
12:17 始神峠・江戸道の説明。

今日は降水確率が結構高い。流れからして降りそうだ・・でもっ!大丈夫!ニャアは晴れ猫だから!
mityann
12:43

茶屋跡
12:44 始神峠!

ここは少し広くなっている。この道に沿って少し右にカーブした所は海が見えてステキだ!もう少し奥に進んだら角度が変わって、また面白い!・・でも・・コースは・・今、人が多くいる所を左へ行くのだ・・
慌てて追いかけるトップグループ・・適当に間をおいて、のんびり行くニャア達・・
12:54
三野瀬駅に至る
江戸道
12:55
宮谷池まで
12:56
説明を受けているようだ。なんだろ?なんだろ?

「右が明治道です。大砲を乗せた荷車が通るように新しい道を作っています」

道フェチのニャアにはヨダレが出そうな道・・行きたいっ!!・・っていうか・・この道も制覇したいっ!!・・きりがないかな・・?

ニャアがなんでこんなに道フェチなのか?それは、こういう分岐点には何とも言えない雰囲気というものがあるのだ!多くの人々がいろんな思いを胸に行き来した交差点!・・思いの交わる場所!・・そして・・つい・・別の思いに惹かれて・・片っ端から歩いてみたくなるのだ・・ここは江戸と明治の交差点・・

あと・・こうして歩いていると、とんでもない所に「え〜?こんな崖通れるのか〜?★★集落へ・なんて書いてあるけど・・こんな所を下るのか〜?」・・とか・・いろんな集落への分岐もある。これがまた・・ええんや〜〜・・こんな山道を生活道路としていた人達って・・暮らしって・・ほらな〜・・行きたくなるんや〜〜
若い頃に山にはまっていたら・・行方不明になったクチかもしれんなあ・・


おっと!話を戻そう!

ここから少しの間、江戸道も明治道も同じなので、明治に整備された跡が残っている。
13:00 左手に下りていく道がある。江戸道だ!

結構急な道・・坂・・だな・・魅力的やなあ・・が・・このまま広くなった明治道が今日のコース。
「江戸道行くと早く着きすぎるからな〜」・・納得!
13:06
岩肌を滑り落ちてくる滝!

木の橋を渡り・・
振り返る・・
石垣が美しい

13:07
素晴らしい石垣が続く


13:18


13:32
宮谷池

13:36
民家が見えてきた・・

13:40 始神峠に別れを告げる標識。

「おつかれさま。またの 起こしを」・・疲れてないわ〜・・もっと歩きたいわ〜・・
13:44 休憩場所があってトイレがあって・・猫が寝ていた!!

それが・・ぶっさいくな猫・・でも・・その、ぶさいくさがメッチャかわいいという不思議な猫!連れて帰りたかったなあ・・こっこさんも同じ事いってる!
「あんた・・可愛そうに・・ぶっさいくやなあ!でも可愛いなあ!飼いたいなあ!」
13:46
13:54 13:59
14:04
14:15
なんと!
イノシシを飼っているっ

鯨自主防災会
・・鯨って地名?・・
たしか・・大和葛城山の麓に
櫛羅ってバス停があったなあ・・

本日の行程
熊野古道・目次へ     熊野古道・伊勢路・目次へ   トップへ