大笹牧場

大笹牧場の夏

  日光にある「大笹牧場」と言えば、毎年、乳牛を育てて、秋にはその大きく太った乳牛が生まれた古巣へ帰ることで有名な牧場のにとつなのです。

 

 以前は、日光霧降高原行きの、有料道路を通って、かなり高い料金でしたが、それを利用することにより、簡単に行ける行けるところでした。 ところが数年前から、この有料道路の料金が、「無料」になったのです! これ以来シーズンともなると、沢山の人達が、ここを簡単に訪れるようになったのです・・・・
近年訪れてみると、それはそれは、沢山の人たちがこの地、大笹牧場に来ているのには、驚かされるのです。 また施設もかなり以前より改善されて、乳牛等の放牧ばかりでなく、観光的にも、人に優しい「観光施設」になっていたのです!  この時には、特に、東京ナンバーのバスが数十台来ており、ここから多くの小学校の生徒達も沢山訪れていることが、分かりました! 勿論マイカーも沢山来ていましたが、特にバスが目に付いたようです・・・・ ☆☆☆2013年7月「今まさに霧降高原は、ニッコウキスゲで満開です!」「早春の花を楽しむ

 

 その他の関連探索地: 大笹牧場の晩夏(20070821)   日光光徳牧場   千本松牧場  那須南が丘牧場 20090629 「速報日光霧降高原・キスゲ咲く様子!

日光大笹牧場

      「霧降高原」 も参照下さい! 大笹牧場は、バスで学校関係の人たちが着ているように思える・・・・たくさんの小学生達がみやげ品を探している姿が見うけられる。  ここはただ牧場があるだけでなく、遊園施設もあり、体験施設もあるからなのかもしれない・・・ 上の写真の道標を見ていただきたい・・・・たくさんの方位にその案内板が溢れているのがわかる。それほど多くの見せ場、楽しみ場所があるということなのだ!

 

夏休みに入りこの地に来ると先ず感じられるのが赤とんぼ・・・・地表に住んでいる我々には感じられないのだが、この場所ではもう早々と高原の秋を感ずることができるのだ!

 

大笹牧場・日光  

     大笹牧場は、日光国立公園の中にあって、このように環境の良いところです。 道ばたから見える、このようなのどかな風景が、展開しているので、特に、お子様ずれの方々は、大いに楽しめるようになっているのです。 また子供用の触れ合いの出来るような場所も用意されているので、素晴らしい場所の一つです! ここの来るためには、下の地図を見ていただけば分かりますが、日光の神橋付近から左折して霧降高原へ向かうコースと、鬼怒川温泉から川治、そして裏街道で、大笹牧場への道が通じているのです。 温泉と牧場というような組み合わせを希望の方々には、このコースを選んで行くのもいいのかも知れません・・・・いずれも道に入れば、。静かな道ですから、自然を満喫できる道ばかりです・・・・

 

 

 実は、これは、鬼怒川温泉から、大笹牧場を目指した時の写真ですが、丁度大笹牧場の建物が、裏側から見えてきました・・・・宏大な牧場の中に見え隠れしながら、この場所に着くと子供達は歓声が上がるのです。 裏日光の山々がここから展望でき、本当に気持ちがいいところなのです

 

夏の花々

 この時期の、道脇に咲く花々はすっかり夏の花となっているのです・・・比較的紫と黄色の花が多いようです。 このような美しい環境で、自然を観察するのもいいのかも知れません・・・・

 大笹牧場のレストハウスの北側から見た様子なのですが、この時も沢山のちびっ子等で大いに賑わいを見せていたのででした! みやげ等の販売所は小学生でいっぱいでした・・・・良くもこんなに沢山の子供らが来ている物だと、驚くばかりですが、この高原の広さからすれば、ほんの一握りなのかも知れません・・・・ところで、今では、あまり知られておりませんが、今市から、この地域を直接登る街道筋もあるのです・・・・一般の人達は、あまり利用しませんが、オートバイ、山岳ドライブ、釣り好き之方々は、此路を利用して、この大笹牧場までたどり着くことも出来るのです。 小さな渓流などがあって、楽しみながら自然を探索するには、良いのかも知れません!

 

 ここは、牧場にあるアスレチック広場です  かなり観光整備がされており、一日過ごすのには格好の場所となっているようです・・・ こんなに多くのちびっ子達が、来ていました・・・というのも、最近では、このようにジャングル的な遊び場が用意してあって、こちらで遊ぶ子供達が多いようです。 このしゅうへんに、子供達と動物がふれあえる場所が設けられており、子ヤギをさわったり、動物を傍で鑑賞したりすることが出来るのです・・・・実は、この地域は日光連山の東側の終わりの場所なのです・・・・ここから、この山脈は、塩原のある高原山の方角へと連なっているのです。 従って、ここから見る風景は、それ程遠くは見晴らしがきかないのです・・・それ故、静かな山間地といえるのでしょう・・・・ここでも、ミルク、これを用いたアイス、ソフトクリームなどが一般的には人気商品なのです・・・・ ここの牧場に上り詰めてくるまでには、いろいろな方向のとても素晴らしい展望が繰り広げられる・・・・中でも鉄橋のかかっている「六方沢」は、その展望は素晴らしくかってはこの橋をわたるための料金が課せられていた場所でもあるのです・・・・

 

  大笹牧場の正門付近です。 多くのバスが来ていました 裏日光の女峰連山がかすんで見えています・・・・  独特の起伏の多いこの地柄故、動物たちも適度な運動量が確保されているのでしょう! 乳牛などが地元に帰るときには、まるまると太って帰ることが出来るのです・・・・

 

 

   

 因みにこの、大笹牧場は、そのほかに、動物ふれあい広場やわんぱく広場、子ヤギの赤、ミニチュアホース牛乳造り、乳搾り体験等々沢山用意されていました

ここに行くのには、日光市から、霧降高原方面へ向かいほぼ30分程度で行けるので、いいコースでしょう。
しかも有料道路が無料化されて解放されたので、特にお奨めです。 尚、ここに行く場合、169号線で行くことをお奨めします。 245号線で行くと、道が狭いのです。 また余裕が有る方は、大笹牧場から、北に降りて鬼怒川川治温泉、または塩原温泉に抜けることも出来ます 約一時間半程度見ればその方向に到着できるコースです

地図:ちず丸へリンク |日光を歩く日光紅葉日光市内含満ヶ淵日光植物園日光東照宮を歩く

栃木県みちくさ情報へ戻る

 

     ★ 耳寄り情報を参照下さい!・・・・・・以下は、訪れたときの感動などを紹介している内容です・・・・参考になるかも知れません・・・ご利用下さい!

  1. 大丸方面へ行き、茶臼岳をロープウエイで散策
  2. 那須水仙祭りとゴンドラ展望(那須にはロープウエイが2つ有るので注意して下さい!)
  3.  
  4. 那須有料道路を降りてから、鹿の湯に入る
  5. 殺生石と那須温泉神社を見る 
  6. 近くの花ワールド
  7.  
  8. その他近辺の有名な花の穴場情報
  9. 那須アウトレットモール
  10. 那須の茶臼岳を歩き探索する

 

 

 

< 「みちくさ情報」へ戻る<