足利西渓園

梅の花の美しい西渓園

   最新情報  20130314 「満開の筑波梅林」 2012年の梅の花の開花状況は、足利観光協会のページから、「中央の花便り」  をクリックして足利西渓園の開花状況と見ると確認できます! ★★★ 「梅名所一覧」 もご利用ください!   北関東の素晴らしい隠れた紅葉名所一挙公開 

20120228: 早春のドライブの2012年の状況をお知らせします。 ご承知のように今年2012年は、とにかく寒くて今も冬の強い風が吹いており、いつもの春とは異なっています。 やっと梅の花も咲き始めましたがまだまだ例年より遅れています。  数日前に熱海の観梅の状況が報道されましたが、まだ3分咲とのこと、これでは北関東は、花の見頃ではないのです。 然し少しずつセツブンソウも咲き出したので、3月に入ると少し温暖になるというので、これを期待いたしましょう。 那珂川町では、もう福寿草が見頃になってきたそうです・・・・参考にして出かけてください!  20130518足利名草巨石群の紹介

 

20110309: 「春の周辺ドライブ案内追加」 20100312: 「最新の春の星野、足利西渓園の梅、市内同慶寺の梅の古木、そして市貝の観音山の梅を追加」   
西渓園の開花情報等は、「花と旅は、みちくさ情報から!」  「 花情報 」 織姫神社
栃木県内には、大きな梅園は無いのですが、その中でも多分一番美しく元気の良い花が咲くのはここ足利の西渓園でしょう! 比較的梅の花の見どきは遅い方なのですが、足利の山の上と 下から見ることが出来なんと言っても上から見る満開時の霧がかかったような美しさは素晴らしく沢山の人達で賑わいを見せるのです。 ここは個人の梅園であり普段は入れないのですが、花の時期には前縁内を無料で開放してくれており、それら美しい花を見せてくれるのです。 山裾にある梅園であり、比較的暖かく風が強い日でも比較的ゆったりと観賞できる場所にあるのです。 ここは、比較的満開は遅いほうです・・・下の梅の過去の開花時期時期を参考に出かけてはいかがでしょうか!

★★★足利西渓園2012の状況 やっと満開近くなってきました

足利西渓園の梅の花も遅れましたが、20120402日の状況です。 両崖山の頂上近くから見るとこのように素晴らしい梅の花の流れを確認することが出来ました・・・・もうほぼ満開近いといえるでしょう。今週の終わり頃が最大の見頃となることでしょう・・・・

足利西渓園2012


最近では周辺の開発が行われてしまい、沢山のアパートや個人の邸宅が出来てしまいましたが、この地域だけは今でもしっかりと梅の林として管理されており自然が沢山残っているのです。 山の裾を登って雪一番上まで言った帰ってきても早足の方ならば30っぷんていどで降りてくることが出来る場所です。 しかし、色々なコースを楽しむと1時間ではきっと降りては来られないでしょう・・・・それ程楽しんでハイクを出来る梅の園、それがこの足利市にある西渓園なのです。 ここは昔から駐車場が登る途中に設けられていたのですが、今は足の普住名人達の駐車場となっており、手前の住宅の東側にある神社の駐車場が無料で駐車できるように取りはからってあるので、そこに置いて行くと良いでしょう・・・・素晴らしい梅の匂いと花が満喫できるところなのです・・・・(20080317日現在)

足利西渓園の梅の花

     足利西渓園は、夫婦の結びの上の織り姫神社の裏側に位置している山の裾野にあるのです・・・・比較的静かな住宅街に位置しており、学校などの施設が多く、色々な上が祀られてもいる場所です。 最も足利は歴史的にも素晴らしい町ですからこの西渓園と一緒に色々組み合わせて旅をすることをお奨め致します。 来年秋には、北関東道路もこの地、足利にもインターが出来上がるのですが、今はまだ、ここから太田に出るか栃木に出るかは、ちょっと考えさせられる位置にある分けなのです・・・・

 

     暫く細い道を上り詰めると民家のわきにこのように梅の林が現れるのです・・・・決して坂が急と言うことはないので足などが不自由の方々にも快く楽しんで頂けるでしょう・・・・周辺も最近は民家の方々が花などを植えているので綺麗になってきました・・・・

 

梅咲く西渓園

     下から望む西渓園の梅の美しさをとってみました・・・・最初紹介したようにここは上から見下ろす風景が素晴らしいのですが、上までは登らなかったのでそのような写真はありません・・・・

 

    紅梅なども点々とですがあるので結構コントラストは美しいのですがなんと言ってもここは山裾ですから、ちょっとハイクをしながら梅の花を観賞するというような感覚で行くのがよいでっしょう!

 

梅咲く頃

     上に上がる道は、砂利などはないのですが、水溜まりと行った場所は皆無です・・・・きっと水はけがよいのでしょうか?

 

     今では機が古木になっている物も多々ありますが梅をとることが主眼ですから次から次絵と老木は交代して行ってしまいます・・・・

西渓園の梅

     紅梅よりも白色の白梅が多いので、湯島の白梅と言った気分で訪れてはいかがでしょうか・・・・途中訪れるべき神社仏閣は沢山あるのですから・・・・

山裾の梅園

     早春ですから山肌は栗色に輝いて今にも芽が吹き出しそうになっているのです・・・・そしてその間から白梅が見えると言った美しい環境にあります・・・・下の店では甘酒とか陶器、そして野草などを販売していました・・・・

     下に降りてくると民家の庭には、美しいチンチョウゲがなっていました・・・その他沢山の花々が成っているので周辺を見ながらの旅も楽しいものです・・・・ただ、色々な販売店はこの周辺ではないので、それは心して訪れた方がよいでしょう・・・・最もここは山の中では無いので直ぐに町に出られ得るのですが・・・・

     帰り際に、星野の里へ寄ってみました・・・・寄るというより帰り道と言った方がよいのかも知れませんが・・・・栃木インターから直ぐのこの星野の里は、この時期でもこんなに綺麗に色々な花で燃えていました! これは福寿草ですが・・・

     帰りに周辺民家の花々を楽しんで帰りました・・・・その一部ですが、ここに紹介しておきましょう・・・・目を楽しませてくれるのです。

三つ叉の花

     三つ叉の木の花です! 余り、今では見あたらなくなってしまった木ですが、本当に変わった花を咲かせる木ですね! 勿論、星野の里の周辺です・・

     星野の周辺はこれがきっと最後の美しさを誇っていたのでしょう・・・・早春のロウバイから、紅梅、そして節分草、そして今はこのように沢山の花々街路図いて春爛漫の境地でァあったのです・・・・これらの花の開花状況を見ると、それ程時期的に、あわててこの星野周辺を見る必要もないことがよく分かります・・・・いわゆる星野の里の周辺は、花の見頃の期間は、比較的長いと言うことになるのです・・・

星野の里にて

     以上、「足利の西渓園の梅の花」 の紹介と途中の 「星野の里の紹介」 を合わせて見ました・・・・理由は、この足利の西渓園の梅の花の場所とこの星野の里が非常に近く、しかも東北道の栃木に近いため、是非とも立ち寄っていただきたいからです。 わずか星野の里と栃木インターは、15分程度結ばれており、丁度この時期には、満開の紅梅と他の花々が沢山見ることが出来るからです! また、もうすぐに岩舟インターから赤見温泉までの北関東自動車道路のインターも出来る予定です・・・ますます佐野ー足利方面へのアクセスが楽になるのです・・・・有名な道の駅である、「どまんなかたぬま関東道の駅」も湧水の美しい 「赤見温泉周辺」 も真近になってくるのです!

     それと意外に忘れられている栃木大平山のブドウ団地の春です・・・・勿論ブドウは成っていませんが、早春を味わうのには絶好なのです・・・・

大平ブドウ団地にて春をおうがする

     これは、紹介している岩舟周りのブドウ団地の春です・・・・農家のわら屋根もあって雰囲気は格別です! 興味がある型は大平山の南山麓ですから訪れてみては如何でしょうか? 「大平山のブドウ団地を楽しむ・・・

周辺探索 

名産品など:足利は色々なものが販売されています。 そして有名品があります。 その中から選りすぐりのものを紹介しておきましょう。

香雲堂本店: 古印最中が有名、瓦せんべいなども販売されている。

舟定屋本店 ここは織姫神社の側で芋ようかんが有名  「その他名産品」はこちらから!

栃木県みちくさ情報へ戻る

Copy Right Copyright(C) 2006-2007 hpmonda. All Rights Reserved.