2010/04/04〜05高田濃施山公園

長女の春休み期間中に一回はキャンプに行こうと思っていました。
パパとママの休みを合わせられたのが春休み最終日前日と最終日のみ・・・。
1ヶ月くらい前から行き先を考えてましたが、なかなか決まらず(;´Д`)
以前、公園を利用した濃施山公園にキャンプ場があったので、「行ってみよう!」と数日前に決定しました!


通潤橋をモチーフにした『水仙橋』。
この橋の手前が駐車場。
橋を渡って少し行くと茶色の管理棟
中には郷土資料館があります。
こちらがキャンプ場。木枠がジャマ!
段々サイトで、木枠もあり設営しにくい
設営を終了後ランチタイムo(^o^)o
昼は簡単にカップラーメンです。
一番下にある炊事棟。キレイです。
テーブルもありました。
ここはバス釣りが出来るみたいで
多くの人が釣りしてました。
満腹になったので公園まで行きます。
草スキーが出来る斜面があります。
立派なコンビネーション遊具!
でも場内全部斜面でキツイ(;´Д`)
なっちんも大喜び♪
ついて行くのが疲れる・・・。
この二人は遊具に行ったりソリ遊び
したりと好き勝手にやってます。
結構な角度の滑り台。一人で滑れない
なっちんもハマってました(笑)
公園に行く途中にパターゴルフがあり
ます。大人が結構やってました。
公園のあとは早目の夕食。
七輪で焼き鳥&BBQヽ(´▽`)/
まだ少し寒いですが久しぶりの
キャンプにテンション上がってます^^
焼き鳥は長男・凜くんのリクエスト。
無くなるのがすごく早いです(笑)
南関町まで車で移動して温泉へ。
サッパリしました♪後は寝るだけ。
翌朝。「寒い」とストーブ前を陣取り。
朝食はパンとスープとベビーハム!!
サイト周辺が斜面なのでずっと
ソリ遊びやってます。これ朝6時半・・
公園内には亜熱帯植物園(中央)もあり
、無料で鑑賞できるみたいです。
「早く!!」とウルサイので撤収を
済ませ、また公園で一遊び。
このスライダー、全長100mだそうです
パパも滑ってます(笑)
まとめ
予約も何もせず、とりあえず出発したものの、現地に着くとキャンプ場内に入れない・・・。
そこら辺の看板を探し、『公園管理』と書いてある電話番号に電話すると、公園内に管理棟があるとのこと。
「公園なのに管理棟があるんだー」と軽く感心しながら受付をしに行くことに。
料金は格安一人50円!(年齢関係なし)
キャンプ場へは進入禁止の鉄柵をはずして場内に車を入れ、また鉄柵をする、という仕組みでした・・。
(荷物の搬入時のみ車の乗り入れが出来ますが、その後は公園駐車場に移動させなければいけません)
この日は天気が良く、日曜日だったのでデイの先客が2組ほど。
グルキャンというより、花見宴会状態の方々に少々悩まされながら夕方まで過ごしました・・・。
また、施設周辺が『民有地』でサイト横にも『この先民有地』の看板が。
すると、おばちゃん達が「いつものとこに車ば停めとらすけん、停められん!」「ここでバーバキューやらして
よかとやか!」などなど聞こえるように言ってる(`曲´#)

そのおばちゃん達、竹の子掘ってたみたいで、竹の子いっぱい抱えてテントの後ろから出てくる始末。
そして「他人様の庭を通りよるみたいやねー」って・・・まさにそうですよ!!
こっちは格安でも料金払って、搬入時の車の進入の許可も受けて、キャンプしに来てるんだから!!
・・・・・でもね、去年の某キャンプで学習したんで「ムッ!!!」で済ませました(´ω`)

ここ濃施山公園は施設内に入浴施設がないので、車で片道20〜30分の南関町『うから館』に行きました。
子ども達は『山鳥の森』を経験しているので朝風呂まで要求してきましたが、そこは無理!
管理棟の方は帰宅前・出勤時に挨拶に来られ、トイレ・炊事棟も毎朝シルバー人材の方が綺麗に清掃されていて、
公園は一日楽しめ、この格安一人50円は魅力ですね。
夏場は橋下の小川で水遊びも出来るので、釣りも含めてまた来てみたいところですね。


評価 ☆☆☆☆☆    (あくまで個人の感想です)


BACK CAMP    NEXT CAMP