クラブ・ゴクウ 平成23年10月15〜16日  「本物のエスニック料理とでK山を楽しむ」・・・・・・の巻

参加者

□ ご存知カリスマ会長。やっぱりあんたが大将。 
□ 車両担当大臣 ワニ様
□ いつもの通りスーパーシェフの応援団長
□ スットコ不在でオールドパーを持ち込むとは・・・・官房長官
□ スットコより特派員を命じられたマコゾッキーさん
□ そして、T塚パパ・T塚ママ・まこちゃん
以上8名

さて、今回の月例ツーリングは秋にはお決まりのK山です。

今日の報告は、すっとこ書記から特派員を命じられたマコゾッキーさんのレポです。


10月15日

午後9時30分ころ、櫛形山グリーンロッジ到着。
T塚さんファミリーは我々よりも早くグリーンロッジ入りしており、
出迎えを受ける。
到着したとき、雨が降っていました。
雨は夜が更けるとともに激しくなっていき明日のライドが不安になりました。

「雨が降ったらどうする?」

「やめる?」

「やめるよね?」

と、皆が弱気ムードになってしまったのは言うまでもない事ですね。

さて、到着後、テントを設営する。
T塚さんの愛娘、「まこちゃん」にも手伝ってもらいモンベルムーンライトを設営。
夜も遅いのにまこちゃん元気元気!
手伝ってくれてありがとー。



応援団長が腕をふるい豆乳鍋を作る。



鍋が出来上がるまでT塚夫人が用意してくれたタイ料理をつまむ。
我々でも食べられるように辛さを調整してくれたものです。
(これが後引く辛さでうまいうまい)。
応援団長の鍋はあっさり味でおいしかったです。
T塚夫人のタイ料理はやっぱり辛いですが癖になる味です。



ごちそうさまでした。



T塚ファミリーはバンガロー泊。我々はテント泊。



10月16日

朝6時ころ起床。

一晩中降り続いた雨は小雨になっていました。
空は雲に覆われていましたが、明るく、雨上がる気配。

朝食は焼うどん。



応援団長のフライパンの返しが鮮やかでした。

各々支度を済ませて車に乗り込みK山直下の避難小屋へ向かいます。



雨はいつの間にか上がっていました。
雲の切れ間に青空も見えた。
天気はその後、急激に回復していく。
林道を車で上って行く途中、南アルプスがきれいに見渡せました。

ああ、すっとこの野郎にも見せてあげたかった。

避難小屋前の駐車場まで道迷いや自転車が落下する等のトラブルもなく
無事、上がります。

T塚さんのバイクはDHIです。
いきなりの登りにあえぎながら登っていました。



すっとこがこの姿を見たらさぞ喜んだことでしょう。





雨上がりの大気は澄んでいて富士山がきれいに見えました。

会長は

「官房長官がいるのになんでこんなに晴れてるんだ!」

と、繰り返し言ってました。

官房長官はは雨男でしたっけ?

中尾根のDHは楽しかったです。
天気も良かったし、前日の雨にもかかわらずぬかるんでいる
ところも特になく、快適に走れました。
(木の根はえらく滑りましたが)

しかし先日の台風の影響でしょうか、倒木や流れてきたと
思われる岩でガレているところも多々ありました。

12時前には下山し昼食です。
応援団長調理による焼そばです。
疲労した体にソース味の焼そばが体にしみわたります。

そして言わずもがな、宴会モード。
官房長官が用意したオールドパーはあっという間に
無くなってしまいましたが、会長とワニサンが用意した
赤ワインは潤沢でしたので酒に困ることなく皆、
ふか〜く沈んで行きました。

午後2時ころでしょうか、宴会はひとまずお開きとなり、
後片付けをして帰路につきました。

以上、報告終わり。

マコレポーターでした。


以後は、スットコの想像です。架空のお話です。誤解のないように。

皆をK山に送り届けた後、ワニさんは1人ベースに戻った。
そこで、T塚ファミリーと合流したがうっかり口をきくと大変なことになることは
本人も十分に自覚していた。
なにしろ、彼の口から出る言葉は、このページで書くと
●●●が●●●●で●●●●●だよ。
●●と●
●●から●●・・・・
と文章にならないことは皆さんご存知でしょう。
しかし最後の自制心が
己に目に見えぬ●●ぐつわを装着し、もごもご問題なく過ごしたのは
容易に想像できるのである。

そんな彼だが車両担当兼運転手として多大なる貢献をしているので、そのうち思いっきり
口がきける機会を作ってやろうではないか!
その時は皆「ワニ様あってのゴクウです。」を連呼すべし!


追記

応援団長様にはいつもの通りのご奉仕ありがたく感謝申し上げます。
また、ふかく沈んだ後の帰路の運転手はどなただったんでしょう。
大変ご苦労様でした。
もちろん、会長様もいろいろと準備で大変だったでしょう。
官房長官・特派員のまこさま皆様いろいろご苦労さまでした。

最後にT塚様&奥さま・お嬢様、本物のエスニック料理ご用意いただき
誠にありがとうございました。
一番危ないすっとこは不在でしたが、その他の粗野な野郎どもの粗相なかったか心配です。
たまにはこのようなワイルドなお遊びも必要です。また、宜しく!!





終り