クラブ・ゴクウ 平成23年8月6〜7日  真夏の富士見パノラマでご馳走様〜大災害!

参加者

□ ご存知カリスマ会長。やっぱりあんたが大将。 
□ シテーファノ・ジュンチアンこと応援団長
□ 品川の住人となったマコゾッキーさん
□ 愛妻・愛娘とご同伴のT塚さん
□ ワイン3本のご寄贈ありがとうございますの厚生大臣
□ 3回ではご不満だったのでは?官房長官
□ 恐るべし○○ネタ連発も今回は少々自粛のワニさん
□ いつもになく張り切ってDHのモンキーHさん
□ そして書記改め、すっとこ・日野1号

■ ゲスト参加のOさん、びっくりしましたか?
以上12名

クラブ・ゴクウでは毎年8月に富士見パノラマに繰り出しています。

ここはスキー場ですが、スキーのオフシーズンにMTBを楽しむことができます。

ダウンヒルA・B・CコースのほかMTB 4Xコースや林道ツーリングコースなどなど。

ども、本当の楽しみは「前夜祭」なんです。前夜に繰り広げられる大騒ぎ。

今回は、レスランテ フジミーノ特設会場でシェフ シテーファノ・ジュンチアンが腕を奮って

イタリアンのコースを準備しました。そんでもって飲み放題。

さてさてその様子は・・・・・・・・。




◆◆◆富士見パノラマ 前夜祭編◆◆◆


T塚ファミリーとスットコは八ヶ岳PAで合流し、少し早目の現地入りです。

そこで今晩のお宿を設営。愛娘マコチャンのお城となるテントはヨーレイカ。



こいつは現在海外赴任中のT保険部長より預かったもの。なんとか設営できました。

「おーぃ、中国の保険部長、元気か〜〜〜!!!」



そのころ仕込みの食材があふれんばかりのメタル号・ワニ号は一路、中央道を西に向かってひた走り。

ほどなく現地到着と相成り、いよいよ前夜祭!?!?!?!。

今日はシェフ ステーファノ・ジュンチアンが腕を奮ってのイタリアンです。




いよいよ開演です。会長の挨拶で「乾杯〜〜〜!」



シェフ!料理はまだかいな。神妙にそしてジェントルに待ちます。



シェフの入念な準備が続きます。



そして、いよいよ始まり始まり。



まずは前菜でトリッパ&マグロの燻製



続いて魚のカルパッチョ(しま鯵です。)



お肉のカルパッチョ(これは牛)



カプレーゼ



1つ○○○円のフルーツトマトを使ったカプレーゼでした。



4種のチーズのリゾット



生パスタのジュノベーゼ(イタリアンなのになぜか箸が!)

本当はここからメインディッシュに進むところですが、もうお腹も一杯・時間も一杯。

デザートのジェラートで締めました。



最後まで粘って飲んでいたのはもちろん会長。よい子はとっくにおやすみです。



二日酔いのよいこ。













◆◆◆富士見パノラマDH編◆◆◆












朝です。

DHを楽しむぞ。



「なんか背中がごろごろするな。」

こう、つぶやいた応援団長のプロテクターの中にはハンガーが入っていました。



ロープウェイ山頂駅での集合写真。カメラマンは会長です。



いよいよお楽しみのDH!




カメラアングルが悪くてすいません。




インテンスを投入し、走りは凄いのに気分は最悪のMさん。「ウィー」てか?.



昨日のメンンディッシュは今日に変更です。



主菜  鮑のステーキ



そして鳥腿肉の小悪魔風



平和な午後のひと時。この写真の範囲、すべてがクラブ・ゴクウ。

ホテル・富士見パノラマ&レストランテ・フジミーノのクラブ・ゴクウ村です。



すっとこ号のリアには応援団長が湯沢温泉で手に入れたタープです。

なかなかしっかりした作りでした・・・・・・・・・が。




◆◆◆富士見パノラマ惨劇編◆◆◆




ロープウェイが落雷のため止まってしまった。


そのうち、雨が来るかと思い、早めにテントは撤収。

まだ、ロープウェイは動かない。


そのうち、ごろごろと大きな雷鳴が。

「雨が来るかもしれないね。」

「ああ、降ってきたね。」


ごろごろ!!

ぴかぴか!!!!!!

どっかーん!!!!!!!!!!!!!。


「近いね。」

「凄い雨だね。」


応援団長は雷が危険だから車に退避しようと言う。

「面倒だな。」

「そのうち止むさ。」


富士見パノラマリゾートのスタッフが車でやってきてテント下は危険だから車に避難しろと指示される。

しぶしぶ車に。


どっざざざざざz・・・・・・・・zzzzz!!!!!


もの凄い雨。


駐車場はみるみる水浸し。

どっざざざざざz・・・・・・・・zzzzz!!!!!


そのうちに風がごーごーと唸りをあげはじめる。


ごぉぉぉぉぉごごご・・・・・・・・!


「凄いね。飛ばされそうだね。」

「動画で撮ろうか。」

「タープだめかもよ。」


そうこうしてしているうちにいっぺんにやられた。


会長ご自慢の家型パティオタープ2張り、あっというま。

すっとこ号のサイドタ―プももぎ取られる。


テーブルの上にあるものはごろごろ落っこち、その下は泥水の川となって流れます。


惨劇!



あまりの惨劇、まるで津波にあったよう。瓦礫が??転がってる。

「遊びだし、命を撮られたわけではないし・・・・これは、諦めるほかないよね。」





被災現場?



その後、回収作業は困難を極めた。

道なき道を迂回しながらたどり着き、折れたりぐんにゃりと曲がったフレームは修理不能。



ご導師のすっとこが安らかに成仏をしてくれとお経を唱えて・・・・・・


引き上げて火葬場ならぬゴミ置き場に直行。



アウトドア用品は散乱し、椅子はびしょびしょ。

車に積み込むのに一苦労であった。




まあ、こういうこともあるさ。




楽しかったはずの富士見パノラマを後にして帰路に就いた。




おまけ:中央高速の大渋滞。さんざんな結末。


でも美味しかったし、楽しかったぜ。



終り