クラブ・ゴクウ   平成20年6月15日の報告
今日は、XC的な新コース。
青○のF塚を基点にルートを2つ選んでみました。
現地近くの川沿いの公園駐車場に集合。ここから自走して峠まで登って山道を下り、2コースを楽しんだら公園で乾杯!のクラブ定番アフターMTBでもうぐったり。こんな計画でした。
で、このレポートは半分想像の報告ですので、事実と多少?違っているかもしれませんがご了承下さい。
参加者 ■ カリスマ会長(行きは運転手。帰りは?)
■ 後片付けはお任せ。現職総理大臣Oさん
■ 大鍋を準備させられ峠歩きの地獄を見た長老
■ この人無くして今日のプランなし。わに神様!
■ しっかりと調理担当をこなした応援団長
■ 誰のお目付け役?そして運転手の会長ご子息T君。
■ 峠までの登り2回は楽勝?だったか後期高齢部長
■ T山での負傷にもめげずに根性見せたaiちゃん
以上8名
集合地点の無料駐車場は、鮎釣りの人でほぼ満車状態。その上、アフターMTBは駐車場側の河原で行う計画であったが、実際は様子がぜんぜん違うようで、すっかりスタートからつまずいてしまう。
そして敬老?精神はすっかり無視して、鍋準備のために呼び出された長老は、自転車と張り合って峠まで歩きで登る羽目に。いったい、今回の計画立案者はどこのどいつだ!
そいつは、もろもろの批判を避けるため不参加・逃亡?
なんだかコースの入口は判りにくく、文句を言おうにも立案者はいない。XC風?里山風?コースは、地元のバイカーが多く走っており、こんなところでハイカーは、はいかい(徘徊)かと心配される長老だけか。
まあ、それなりに走った。今度は、きちっとコースの下見をしてから新コースを提案しよう。
なんか大昔のニシキの自転車に見えるが?新車か。
登りは、aiちゃんに負けなかったか。楽しそうに走る後期高齢部長。
電車でゆっくりと現地入り。現地に着くとガイドがいない!



先月、ヘルメットをぶち割ったのにぜんぜん懲りない応援団長。
しかし仕事のストレスをMTBにぶつけ、鬱憤晴らしをしているような自転車の壊しっぷりは今回は無かったようだ。
なんだか登ってんだか下ってんだか判らない?ここは、是非乗って下ってベストショットに撮ってほしかったaiちゃん。この前のコースと比べてどんなもんでしたでしょう。
左上:王滝表彰台の賞品に違いない。
   見せびらかす相手がいなくて残念。
左下:天気も良かったし、走った後のこいつは最高だったでしょう。
   運転手のワニさん・お目付け役の2名を除いて。
下中:枝豆は、冷凍物を茹でたのか。
その他、沢山の食材を購入して板さんにお任せ。
長いおあずけの後の「乾杯〜!」
2人ほどおあずけができなかった呑み助がいたらしい。
その後おいしい豆乳鍋を食べました。
写真をじっと見ていると荷物右側に何か見える!
う〜ん。轟沈野朗ではなさそうだ。すると・・・・。

aiちゃんには楽しんでいただけましたでしょうか。
会長のお下品さがばれたのではと心配しております。

おまけ
☆わに神様へ御礼
車両担当・運転手兼任のわに神様。神様なくしてクラブなし。
本当に感謝しております。(ゴマのすり過ぎか。しかし、わに神様は「匂いフェチ」とな。どんな匂いが専門なのか。う〜、判らぬ。)
☆会長ご子息のT君へ御礼
会長を反面教師とし、見事に成長。会長の尻拭い?やら、姫の送迎やら大活躍。どうもありがとう。
☆大長老様へ・・・鍋の運送のために参加を依頼し、誠に申し訳ございませんでした。膝の調子はいかがでしょう。
☆応援団長・・・料理の買出しから調理まで大忙し。いつもありがとう。今度は、海鮮チヂミをお願いします。
☆後期高齢部長・・・きっと調理の手伝いをしたであろう。いや、絶対手伝ったろう。感謝します。
☆総理大臣・・・跡片付けを1人でせっせとしたに違いない総理大臣。いつもありがとう。そしてこれからも。
☆aiちゃん・・・紅一点でクラブの太陽となり、明るく振舞ってくれありがとう。aiちゃんが参加すれば、絶対雨は降らない気がします。
今度は、連れ合いに、目前の川で鮎釣りをさせて、それをクラブに供出させてください。

などとでかい声の会長になり代わって皆様に御礼申し上げます。