クラブ・ゴクウ   平成20年5月18日の報告
今日の目的地は、D峠〜U尾根のロングコース。しかもいつもはタクシー輪行をしているくせに、E駅より自走で登ろうなどとの計画はアスリート向き!
そのくせ帰りはバスで帰ろうと密かに時刻表をプリントアウトして持参したエセアスリートもいた。
登りはやっぱり厳しくて、いままでのクラブランのなかでも5本の指に入るハードコースでした。
本日の参加者は、5名のはずが1名寝坊?で脱落。4名です。
参加者 ■ カリスマ会長(再び自慢のカーボンバイク投入)
■ 自称 ハイパーアスリート元官房長官
■ 1人お大臣。特急〜タクシー利用の応援団長
■ アスリートの仮面がはがれた書記
以上4名
今朝の2時過ぎまで雨がザーザー降っていて心配でしたが早朝には回復し、ほぼ始発電車に乗ってE駅到着。
今日は、E駅から自走するアスリートコースを選択する。いつもはタクシーに相乗りし、この登りを楽しんだ?ことはありませんでした。
ここから2時間以上地獄・必死の登りでT山荘を目指します。
やっとこさっとこT山荘到着。ここでタクシー利用の応援団長にパスをされ、がっくり。
最後の登りをH荘まで試みるも、出だしから押しが入り書記はこのまま押しあがる。
H荘で優雅に持つ煮込みを注文し、時間をもてあましていた応援団長と合流。
今まではここがスタート地点だったのに、今日はゴールのような気分でした。
ああ、しんど。
D峠からのきつい登り すでに舗装道路で体力使い果たした。
K山から下ったM峠手前。応援団長は絶好調で先行。
登りでで面目を保ったカリスマ会長 いつも気持ちの良い下り。
M峠に到着。ここで昼食。
向こう側に1人寝込んでいる人が・・・・。
○○さんの疲れ果てた寝姿。
ここで「本当に山に行ってきたんだよ。ハニー。」と言うためのアリバイ写真を撮った○○さん。
そして、「このゴルゴンゾーラでバーボンをやるといいんだよ。」などとおかしな準備をしてきた○○さん。
平和なひと時でした。
いよいよDH. ちょっとガスってきました。
  
走り3態。いつも楽しませてくれるU尾根です。
 
なんとか天気ももって、きれいな山つつじを楽しんで下り続ける。
最後に○○さんが倒木飛び越し失敗し、転倒。ヘルメットが見事に割れました。
「ああ、もったいない。」
「いや、見事に頭を守ってくれたOGKに感謝せねばなるまい。」
「これってメーカー保証外?」

怪我をしなければ全て笑い話。
実は、今日のメインはこれでした。
Kの湯で一風呂浴びる。
そして、川海老の唐揚と薬膳野菜の天ぷら盛り合わせでビールを5杯。
あの辛かった登りもこてで全て帳消し。

そして、こうなれば自走で帰れるわけがありません。今日は登り自走。そしてバスに乗って下山。

帰りのバス。O駅ではなくU駅に帰ります。
この車中で
「もう我慢できない。運転手さん降ります。」
バス代を払って降りた○○さん。
「用をたしたら、自走で追いかけるからバスで先に帰ってくれ。」
なんというパワー。
こちとらへとへとな上にすっかり出来上がっているのに・・・・・
げに恐るべし類人猿。
まったくこんなやつを相手にしても勝てませんな。