クラブ・ゴクウ   平成20年4月27日の報告
いよいよ本格的なシーズン到来。気候も穏やかになり花粉も少なくなってMTBの活動期になりました。
今日のコースは奥多摩のT山からK尾根を下る予定。
ここは登りしっかりのコースで、日頃運動不足のクラブ員にはかなり体に良い?ところ。クラブの自称アスリートは密かに自走で上がることを画策していましたが多勢に無勢、登りはO部落まで車で詰めて楽をさせていただきました。
本日の参加者は、10名です。
参加者 ■ カリスマ会長(自慢のカーボンバイク投入)
■ 元気に徒歩参加の大長老
■ 登りで孤高の単独TOP・厚生大臣
■花粉症は治まったか現内閣総理大臣
■花粉症+喘息。満身創痍のドライバNさん
■ああ、なんと愛娘の育児放棄か!T村さん
■体力不足が露呈!今後は後期高齢部長のTさん
■妻に内緒で散財を続けるFさん。家計横領罪か?
■ご主人をほっておきゲスト参加のaiちゃん。
■そして、今日は車のため轟沈しない書記
以上10名
M橋に集合し、車3台(10名+MTB9台)に分乗。
車中からは「やっぱりこんなとこ登るのは正気の沙汰ではないな。」とズル登り正当化の声が上がりました。

左:ここが登山道入口の「O部落」はずれ
右:体調不良で運転手として参加となってしまったNさん

こんな所を押し上がって行きます。
左は登り絶好調組。右は登り苦戦で後期高齢恒例部長昇格のTさん

やっと稜線に到着。少し遅い昼食をとりました。

お昼をいただき、いよいよK尾根に向かいます。ああ、T山は忘れられたのか?長老はここから下山。
新婚の育児放棄者と家計横領の犯人もここからのDHにうきうき。大罪の意識の一かけらもない様子。


順調にライディングを楽しみます。

ゲストのaiちゃんも後期高齢部長も張り切って・・・・・。

あ、あっ!
ゲストのaiちゃんは、今日がMTBのデビュー戦。登りなどはめっぽう強くガンガン押し上がって行きます。
しかし自然の山道は彼女に非情のトラップを準備していた。
木の根段差の二重攻撃。前輪がすっぽりとはまってそのまま頭からスライディング。
あ、あっ!
「大丈夫?」「・・・・」大丈夫の訳がない。ししばらくは動けぬ状況。あ、あっ!どうしよう。
しかし、健気に「行けます。」と立ち上がってくれた。
太ももを強打し、痛みに足を引きずりながら歩き、なんとか自転車に乗れるところは乗って、長丁場の下りを見事に下りきったのです。
それにしても頭から突っ込んで、お顔に傷がつかなかったのが不幸中の幸い。やや、つばの出たヘルメットのおかげか。

そのような状況の中、カーボンバイクに乗った会長は、うれしすぎてかずいぶん派手に転びまくっていました。

ai ちゃんをご自宅で待機していたご主人に引渡し(うちの嫁になんということをしてくれるねん!!とどつかれずに済んで安堵)逃げるように帰りました。

aiちゃんは、これで「2度と自転車なんかに乗るものか!」と心に誓ったに違いないと思っていましたが、さほどへこたれていない様子。すごい。

今後の活躍はいかに?


おまけ


山頂で怪しい行動の不審者。今日は少々痛い目に遭った。