クラブ・ゴクウ   平成19年8月24〜26日の報告

今年もアバランチレース(野沢温泉)・いよいよ決戦の時が来た。

2年負けが続いており「今年こそは」と雪辱戦勝利をもくろむ書記
そして、返り討ちにして「まだ100年早いよ!」と言うつもりの会長
密かにお馬鹿の頂点を極めるつもり、大それた野望の応援団長

それぞれの思いを秘め、軽自動車1台で遠路野沢温泉に向かう。

はたして、結果は?勝利の女神は誰に微笑みかけるのか?

参加者 ■ 元祖自転車おたくのカリスマ会長
■ かなりの大喰らいが判明した応援団長
■ たくさん飲ませていただいた撃沈野朗

以上3名

東京を前夜(関越入口では当日になっていた)出発、高速道路をひたすら軽パワーで突っ走る。
しかし、野沢温泉までは遠い遠い道のりで明け方にやっとのことで現地到着。
ケーブルカー乗り場近くの駐車場にて仮眠をとる。
今日は、参加受付の日。受付順に予選のスタート位置を選べるためすぐに手続きを済ませる。
予選のスタート位置は、最前列の好位置を確保するが・・・・・・。

この1台で3人+3台の運搬! 明け方到着・仮眠の様子・・・・ミノムシ?

25日の予選に向け、コースの試走を繰り返す。
会長と応援団長は2週間前にも試走しており、やるき満々。
轟沈野朗は、スタートして前半の周回状のルートに登りがあるため早くもギブアップ。
「ここは無理。体力温存で押しで行く!」と半ば投げやり。
昨年のようなきつい下りは無く、ところどころにあるギャップに注意すれば問題の無いコース設定。
24日は、何事も無く過ぎ行く。

予選に向け余裕しゃくしゃくの会長 金の斧号で漕ぎが軽い応援団長

ころは元気いっぱいだった????応援団長の軽やかな走り
大量の七味唐辛子!お馬鹿は、誰でしょう。 軽カーにはためくフラッグ
こうして24日は、温泉宿でしっかり食事をいただき、ほどほど飲んで
すべすべお風呂で殿様気分。
「お休みなさ〜い!」


一夜明けての惨劇!!!予選レースで大事件!!!!
25日予選レースで鎖骨骨折してしまった会長 痛々しい矯正固定バンド
姿胸を反らせてなんか誇らしげな感じもする

会長と応援団長は予選レースで痛い目にあいました。

予選直前のワークショップモンキーのNさん(Iさんは右肩脱臼後のリハビリ?レース)との会話。
会長・・・・・「Nさんも懲りない人だね。」
Nさん・・・・・「あなたには言われたくない!」

結果は、Nさんの言うとおり。

懲りない男たちが、いい歳をして痛い思いをしています。
とにかく、スタート直後に鎖骨骨折をして、それでもゴールし完走を成し遂げた
会長の根性には敬意を表します。
「良い子は、まねをしないでね。」????????

応援団長は、当日の朝、おひつ2杯を空にする大食漢。
食べすぎで動きが悪かったか、トラブルに巻き込まれたか、自慢のヘルメットにひび!

首のシップ・左手首の捻挫で散々の応援団長 矯肩を冷やしている会長とお馬鹿2ショット
しかしウェルカムパーティはしっかり参加 1人ネクタイをゲットした轟沈野朗は・・・
痛々しい2人を気にもせずおおはしゃぎ!

いよいよ本戦!会長はさすがに参加をあきらめた。
決戦の朝。
宿泊地の目前が昨日お世話になった病院。
朝市に繰り出してリラックス。
冷たい牛乳を飲んでお土産を購入。
決戦前の雑談。
左から見るからに怪しい親父・
モンベ○のMさん・
そしてモンキーのNさん。
みんな超一流の自転車オタクたちです。
お病気にかかっていると言った方が良いかも。
そしてレース結果は?????????
轟沈野朗は目標を「打倒!会長!」から
「打倒!Nさん!!」と変えたのであった。
しかし会長は、「不戦勝で勝負の決着はまだだ。」
と負け惜しみを言うので、
今度は正々堂々、返り討ちにしてやる!
ジャイアントのブースにて
結果の出せなかった応援団長は「早くオーバーエイジ入りしたい。」とな。


帰りは40Kmの大渋滞。野沢はとにかく遠すぎます。
来年もきっと参加するんでしょうね。
ああ、疲れた。