クラブ・ゴクウ   平成19年4月15日の報告

平成19年4月15日

かぐら峰に行ってきました。MTBじゃないよ!!

参加者 元祖自転車おたくのカリスマ会長
■ 山スキーが大好きな撃沈野朗
以上2名
例年、5月の連休に富士山に繰り出し、自転車のDHとはちょっと違うがスキーを楽しみに行きます。

ところが3月の24〜25日富士山の南側斜面で大規模な土砂崩れ発生し富士山スカイラインの14ヶ所が土砂に埋もれていると発表がありました。

標高2000m〜2400mにかけて道路が20m〜200mにわたって土砂や流された木で埋まっており、冬季閉鎖解除が遅れる可能性が出てきたとのこと。

なんでも雨で雪が多量の水分を含んで崩れる「スラッシュ雪崩」という現象が起こったようである。

こんなニュースが入り、今年の富士山は中止するか・・・・などと相談いたしました。なにしろ吉田口などは北斜面のため怖くて滑れませんので、去年の失敗に懲りている会長に「うん」と言わせることは難しい。

そんな中、新幹線利用の格安の春スキーパックがあるとのことで、車ではないので
行きも帰りものみ放題だ!万歳!!!!
かぐら峰へ繰り出すことになったわけです。
東京駅AM6:08発!Maxとき301号(2階建て新幹線で1階の指定席で視線が妙に低い。残念ながらミニスカの女性はいなかった。)に乗り込んで一路越後湯沢へ。
朝ごはんにミックスサンドとお茶を持ち込みましたが、会長から差し出されたものは
缶入り焼酎(どこかの名水割り)。え〜っ。まだ朝の6時ですよ。
ミックスサンドは酒の肴にしました。これだけで終わるはずがありません。湯沢到着は7:25なので
缶ビールをおかわり。信じられませんよ。
湯沢に到着すると接続よくシャトルバスに乗り込む。かぐらスキー場に無事到着。
ツアーに含まれる1日リフト券をもらい、ロープウェイで上に上に。
あとはいつものように写真報告。
 
今年は暖冬で雪が少ないと言われていますがここは違います。
こんな所を歩いて登ります。左は会長。


稜線より中尾根方面。 かぐら峰と後方は苗場山。

スキー靴で足取りが重い会長。 かぐら峰はすぐそこ。
 
頂上より滑り出します。 トラバース気味に中尾根に向かう。

苗場山をバックに。天気も良くてほんとに気持ちよかった。


オフピステの中尾根の大斜面を滑る。すぐにゲレンデに向かいました。
食堂に飛び込み昼食をとるが、
もちろん生ビールを忘れません。


転倒シーン・なかなか起き上がれないのはなぜ?

 
 左:こんなものも持ち込んで
右:帰りの新幹線にてパチリ


帰りは18:08発のMaxたにがわ422号。東京までの間、またまた飲みっぱなし。ああ、飲んだ飲んだ。まったく飲んだ。ほんとに飲んだ。
今日は、
酒 時々 スキー。そんな感じでした。