クラブ・ゴクウ   平成18年7月17日の報告

平成18年7月17日

雨の中、J山を楽しむ。・・・・・・・・酔狂な?二人組

参加者 酔狂な張り切り親父・カリスマ会長
酔狂なMTB病の応援団長
以上2名
7月の17日・MTB病の悪化している(もはや××につける薬なし)酔狂2人組みは、雨の中J山のツーリングに出かけたのであった。下の山頂での写真を見れば想像がつくであろう。直下の登山道はぬたぬたどろどろであったに違いない。水たまりやぬかるみの中のツーリングは、その下の応援団長の写真を見れば一目瞭然。おけつは、まるでお漏らしをしてしまった状態。サルサDパンツが必要になってしまったのか?
しかも、7月なのにすごく寒そうな感じがする。病気の2人にはこの程度のことは問題にならないんだろう、きっと。いや、山頂の茶屋で体が燃えてくる薬をたくさん飲んだのかもしれない。
  



あまりの冷えに、それとも、燃えるお薬の飲みすぎか、なにやら軽犯罪法違反の行動をしっかりと記録されてしまった会長。

しかし、このどろどろの格好で帰りの電車にそのまま乗ったのであろうか。新聞などに
「非常識なサイクリスト。皆の座席を泥だらけにするな。しかも、酒なんか飲みやがって!」
などと投書があったんではないかと心配いたします。
今日の感想

この病気は苦痛が伴わず、しかも自覚症状はまったくないようだ。