2004年 4月月例ツーリング報告

2004年4月4日

2004年 4月ツーリング

平成16年4月4日

M岳山から軽くDH.田舎蕎麦を食らう!

出席者 カリスマ会長・O大長老・Y厚生大臣・T保険部長・K応援団長・書記


4月4日のツーリング、2組に分かれての集合。会長・長老・Yさん・書記はバスでケーブルカー乗り場まで直行。TさんとKさんは下山予定地のH駅に駐車して雨の中、走って登ってきた。さすがにパワーがあると思ったら押してきたようでご苦労様でした。そこよりケーブルカーで一気に上がる。

山頂駅で軽く酒宴が始まってしまう。スモークされたレバーでついついお酒が進んでしまう。本当は、雨降りなので出発がぐずぐずしているだけであった。雨具を着込んでいよいよ出発。長老とYさんは、徒歩。他4人組は自転車でO峠に向かう。

さて、登山道はゆっくりと山を巻きながら下る。多少、登りもあったりして「こんなはずでは?」などと進む。本降りにはならなかったがガスがかかって幻想的であった。滑りやすいこともあり、途中、Yさんが道をはずして滑落。自転車はだいぶ下まで落ちたが、本人の無事を確認すると、今度はきっちり写真を撮られる。大したことがなければ失敗すると大喜びなのだ。(これは、書記だけの感想ではあるまい!)

O峠からは走りにくいところもあったがすぐに下山してしまう。本日のメインイベント会場の○心亭に繰り込む。ここは、手打ちの田舎蕎麦でうんぬん・かんぬん・・・・・・・・・書記は記憶も定かでないほどに酩酊し、なにやら醜態をさらしていたようだが、、まあ、いつものようなことであった。

酒をやめますか?それとも人間やめますか?難しい選択肢である。

思い出のアルバム?

ケーブルカー山頂駅で
出発前の景気付け!!
O峠に向かう。

長老・Yさんは徒歩で。
ガスの中を進む。

Tさん滑落!
自転車はずいぶん下です。
リアスプロケットに
ワイヤーが絡むアクシデント
○心亭にて。
このころはよく
覚えているのですが
その後はどうも・・・