2004年 新年走り始めツーリング報告

2004年1月18日

2004年 1月ツーリング

平成16年1月18日

雪が降ろうがピッケルが飛ぼうが決行!ほんとに雪が降りました。奥多摩S尾根。

出席者 カリスマ会長・Y厚生大臣・T保険部長・K応援団長・書記


1月18日の走り初めツーリング、前日は雪が降り、どうしようか?などと迷う会長ではなく、出撃命令が下されたのであった。

会長宅7時集合、レガシーとスパイクに分乗し現地を目指す。書記は直接集合場所のH沢の滝駐車場に。途中、運良くI日市駅手前で合流。この辺はところどころ路面が凍っており書記はお尻を振り降り進むが、Z里木でギブアップ。チェーンを装着し駐車場にはスパイクを残し2台でT民の森に向かう。4駆のレガシーはスタッドレスですいすい。除雪中であったがまるでスキー場へ向かっているようであった。

T民の森に駐車し、K張峠に向かう。もちろん、道路は通行止めで、足ごしらえを充分にしてふかふかの新雪を押しあがる。途中、かもしか?を見る。昨年の4月に雪のため敗退したことがあったが、今日は積雪量は多いものの軽い雪で走りやすそうであった。

S尾根は、思いのほか走りやすかった。このような積雪の中ではディスクブレーキがよい。効きが良いのはもちろんだがリムからの汚れがまったくとばない。気持ちよく進んであっという間に林道に到着。ここから林道を上がって来た先行者のトレースがあった。自転車の跡なので酔狂なのは我々だけではないらしい。

今日は、K応援団長が夕刻から大切な会食があるとのことで、たいして休みもせずにせっせと走る。前に応援団長が落ちたこともあり途中の丸太のトラバース道は大変滑りやすく怖かった。順調に下り、最後のガレ場で先行者をパスして一気に下った。舗装道路を会長は、ばか馬力で走り、どん穴はもちろん書記。今日一番ハードなコースであった。Z里木に無事到着。料理講師のK応援団長と会長は「豚汁」作りで居残り。スパイクで車回収のため3名がT民の森に戻る。

車回収後、Z里木の駐車場に戻る。Kさんは会食のためバスで駅に向かっていた。残った面子で「豚汁」をいただき暖まる。しかし4人中3人が運転手のため、お神酒をいただいているのは会長のみ。いつもの盛り上がりには欠けたが楽しく終了。1月の走り初めは大成功であった。

思い出のアルバム?

T民の森駐車場にて
雪中行軍!
ふかふかの雪で
押し上げる苦労は少ない。
K張峠にて

ここがS尾根の入り口です。
皆ディスクブレーキで正解。

途中一休み。
この手前の林道から
先行者のトレースが
付いていました。
こわごわとトラバース。
丸太の上の雪は
大変滑りやすく
注意が必要。
T保険部長の走り。
だいぶ鍛えられて
こんなフィールドが
当たり前と思っている?
K応援団長。
新車GTのラッカスを投入。
眼鏡が曇って前がよく見えない。
見えていると危険です。