2003年 12月月例ツーリング報告

2003年12月7日

2003年 12月ツーリング

平成15年12月7日

M岳山K毘羅尾根 恒例の忘年ツーリング開催!

出席者 大長老・カリスマ会長・Y厚生大臣・T本保険部長・K応援団長・T中年部長・書記


12月7日M岳駅午前後9時集合。毎年恒例の忘年ツーリングを行いました。自転車組は、先月より復活したカリスマ会長以下Yさん・Tさん・Kさんと書記の5名。忘年会場の準備担当役員に選出された長老は、部下1名・T中年部長を随行して集合地点であるA川河原に直行です。参加予定だった官房長官は、感冒長官になったため不参加となってしまいました。

事前のタクシー2台予約も不発に終わっていたためケーブルカー駅まで自走を覚悟していたのですが増発の満員のバスに無理やり5人+MTB5台で乗り込みアプローチは楽をしました。さらにケーブルカー利用で一気にM岳山山頂まで上がりました。(バス・ケーブルカーとも袋に収納された自転車は料金を徴収されずにすみました。)山頂駅広場で自転車の組み立て。Kさんのディスクブレーキのパットが貼っつき、どうなることかと思いましたが、無事組み立て完了。忘年会場目指していそいそと出発しました。

K毘羅尾根はいつもと変わらず、すぐにHの出山の分岐に到着。最近では山頂を巻いてしまうことが多いのですが、今日は天気も良いので「登りはほんの15分だよ。」とTさん・Kさんに東京方面の素晴らしい展望を楽しんでもらおうと山頂を目指すことにしました。ほんの15分とは、15分必死に喘ぐことです。ひーひーいいながら到着。山頂からは富士山頂も望め苦労したかいがあったと思ったのは私だけでしょう。その私もすでに心は忘年会場へとワープしておりました。

いつもと同じ長い道のりのK毘羅尾根を順調に走っていると、K応援団長のシート固定やぐらのボルトが曲がってしまい(曲げてしまい?)がたがたになりました。それにしてもKさんは、よくMTBを壊します。書記のデストロイの名前は彼にお譲りしてもよさそうです。そんなこんなで終点K平神社に到着、すぐにI日市の町に下山しました。忘年会用の飲み物?を仕入れて会場へ12時半前に無事到着。

準備担当の長老との集合時間は12時半から1時となっていました。少々早く到着したMTB組の一部にフライングがありました。犯人は「体の冷える前にとりあえずビール!」と言い訳をしていましたが、以前の長老であれば「フライングなど言語道断!」とどやしつけられたでしょう。あえてその危険を冒して犯行に及んでしまったのですが、最近の長老はまるくなってきたのでなんとかなるだろうとの確信犯であり、情状酌量の余地はまったくありませんでした。この場を借りてお詫びいたします。

さて、いつもの会場は流されてありませんでした。場所を下流に移し会場としました。ここは、遠慮することなく楽しめる場所であり、来年からの会場もここに決定です。いよいよ鍋の始まりです。長老にすべての準備を依頼してあったので鍋に材料を放り込むだけ。車座になって総勢7名の変人たちが食べて飲んでいつものように悪口を言い合って楽しく過ごしました。

帰りのI日市駅でハプニング。電車に乗り込み会長を待つも現れず、捜索に向かった書記は逆に電車に乗り込めずにご迷惑をかけました。しかし心残りは、書記(報道カメラマン)不在の車中で何か不祥事があったようでその証拠写真を撮れなかったことです。ま、不祥事の数では人のことは言えませんが・・・・・。

そんなこんなの1年のツーリング納めが終了し、今年は12月27日の次年打ち合わせ会議を残すのみとなりました。皆様、必ず参加してください。
思い出のアルバム?
ケーブルカー山頂駅の
広場にて出発準備中。
Hの出山の登り。
ほんの15分です。
はーはー声が聞こえそうです。
Hの出山頂到着。
ハイカーがたくさんいました。

富士山見えますか?
直下の階段。
乗って下ってはいけません。
途中の小休止。
天気もよくコンディションは良好。


会長の後を必死で追走のT保険部長。
最後の神社にて。本日の無事を感謝。

こんなボルトを曲げるとは!
忘年会場全景。 味付け担当のKさん。



今日の飲み物。
味ポンは飲んでいません。
(念のため)

Y厚生大臣のMTB。
フレームはモンキー製で
カンチブレーキ装着!!!
T保険部長のMTB。
フランス製のロックライダー
クロモリフレームです。