2003年 6月月例ツーリング報告

2003年6月8日

2003年 6月ツーリング

平成15年6月8日
T山 Kの木尾根
出席者  会長・大長老・Y厚生大臣・O官房長官・ 中年部長・書記・体験参加のTさん

本日のツーリングは奥多摩のT山からKの木尾根のコース。M谷橋駐車場に9時集合。体験参加のTさん(なぁ〜んとジキル3000ご持参)を加えて総勢7名+自転車6台をキャラバン改に押し込んでO部落まで移動。大長老に車の回送をお願いして10時少し過ぎに出発。

植林帯の登りはじめ、厚生大臣・官房長官とTさんの3名は足取り軽いようであるが、日頃の運動不足を自慢する残りのクラブ員を苦しめる。特に中年部長の体力の無さはひどいもので、書記はしんがりを彼に任せ、会長と2人で登りのデッドヒートと繰り広げる。(
頸椎ヘルニアに苦しむイノシシと紅の豚の競争)

稜線手前の水場で中年部長を待っているがなかなか現れない。下からあがってきた親子のハイカーに訪ねると、中年部長は下でおにぎりを食べているとのこと。「仲間をおいてきぼりで、冷たいビールを飲むなどとは言語道断」と大長老の戒めの言葉がきこえてきたが、我慢の限界を超え一気に避難小屋に行って冷たいビールで乾杯。紅の豚は、この瞬間のために山に登っているわけで、氷で冷やされたビール2リットルは、あっという間に飲み干される。じきに中年部長到着し昼食となる。

T山はパスして一路Kの木尾根に向かう。(最近、頂上に寄ったったことがないな。なぜか巻き道に吸い寄せられる。)Kの木尾根は登り返しもあるが、楽しいコースが続く。体験参加のTさんは、サドルの位置が低くできず急坂の下りでは苦労していたが、山道の楽しさがちょっぴり解ってもらえたのでは。
また、厚生大臣は数年ぶりの
登山靴の靴底が剥離して靴ひもで縛り付け苦労していたようであったが、それでも激走していた。他のメンバーも楽しく下ってK戸山に到着。

ここから最後のDH。最近、会社のハイキング部に所属しめきめき体力アップの温厚な官房長官も激走中、思わず注意を欠き
ヘルメットが後方にずれた一瞬を紅の豚にスクープされてしまう。そんなこんなのコースは、きついカーブのつづら折れでテクニックの見せ所。さすがに会長は、クリアーしてカリスマぶりを誇示したのであった。道路手前の急階段をこなして、大長老の待つ駐車場へ戻る。(舗装路に出て疲れ果てたついに紅の豚は、後ろ大腿部をつってしまいました。)

駐車場ではテーブルがセットされており運転者を除き再び冷たいビールで生気を取り戻す。大長老にはヒハビリ中にもかかわらず、裏方の仕事を引き受けていただきました。車の回送・下山後の準備をお願いしてしまい申し訳ございませんでした。この場をかりて厚く御礼申し上げます。

登りの途中・水場にて
稜線の避難小屋にて
冷たいビールで乾杯!
K戸山山頂にて
T山巻き道を走る中年部長
激走中の会長。早い! 厚生大臣も絶好調!(足元最悪
体験参加のTさん 笑顔で余裕の官房長官
ツーリング終了後の駐車場にて 膝リハビリ中の大長老
裏方どうもありがとうございました。

追加付録・書記のお気に入り写真3点



額に汗する
必死形相のイノシシ。
辛そうな顔に・・・うふふ
書記の頭と同じになるか
時間の問題・・・うふふ
悲惨な状況であるが
同情する者はなく
笑いの種・・・うふふ
戻る