2003年 5月大祝賀会開催

大長老退院を祝う!!2003年5月3日

2003年5月3日

西荻窪 B小屋にて大長老退院おめでとうの大祝賀会開催。
出席者 大長老・会長・Y厚生大臣・O官房長官・T中年部長・書記


4月6日、膝の骨折事故により手術の末、サイボーグとなってよみがえった大長老の退院を祝って、大祝賀会を開催しました。術後の経過は良好ですが、まだ左足は伸ばした状態から120度までしか曲がらず、当分リハビリをしながらの不自由な生活が続くようです。
クラブ活動への完全復帰はまだ先ですが、とにかく良かった。また、長老は、入院期間中、表面上の禁酒をしていましたので休肝日をだいぶ貯金して、都合20週間は飲み続けて良いそうです。本当は、後1ヶ月もすれば膝に埋め込まれたワイヤー6本を撤去するはずなので、短期入院が必要。また、禁酒することになるのだ。

そんなこんなでわいわいがやがや、楽しく飲んでいました。

ところが、こんなめでたい席だったのにどこでレールを外したか、書記が中年部長にいきなり噛みついて、険悪状態に。場所柄もわきまえず自制心・気遣い等々みじんも考えずにこんな馬鹿だったとは、人生、半世紀も生きてきているのに、幼児期より進歩がない。
ついては、クラブの皆様宛に「
始末書と反省文」を提出いたします。

ま、とにかく祝賀会をぶちこわしてしまいましたが、お人柄の官房長官と理性の厚生大臣のおかげでなんとか場をおさめていただきました。

タクシーに長老を押し込んで解散となりました。


謝罪する書記



本来であれば
このアングルからの写真は撮らせないのだが
頭を下げないと格好にならないので
、断腸の思いで写真掲載。
それにしても天井照明の
蛍光灯2列が反射しているのが気に入らない。

始末書・反省文
今般、祝いの席にもかかわらず中年部長を誹謗し雰囲気をぶち壊してしまい誠に申し訳ございませんでした。O大長老・T中年部長をはじめ参加の皆様にご不快を与えたことを深くお詫びいたします。今後は、二度とこの様な不祥事をおこさぬよう、気持ちをあらため、一から出直す所存です。
ここに反省をし、始末書を差し入れます。
平成15年5月4日
総書記 Destroy Chan