2003年 2月月例ツーリング報告

2003年2月9日

2003年 2月臨時ツーリング

平成15年2月9日
J山  Iの尾根
出席者  O大長老・Y厚生大臣・書記
2月2日のツーリングは会長のご静養のため中止。急きょ、9日の臨時ツーリングを開催しました。8時30分に書記は、Hバス停でピックアップしてもらいJ高原バス停のそばにYさんの新車ホンダスパイクを駐車、9時10分、そこから歩き始めました。OさんとYさんは、2週間前にここを登っており、その時は、積雪が多く自転車では難儀しそうであったが今朝までの雨と本日の暖かな晴天のため、残雪はほとんどなくなっていました。

いつもはここを会長と絡みながら激走しているので景色など記憶にありませんでしたが、今日はふーふー言いながら登っていき、休憩すると真っ白な富士山が見えたり木々のあいだから木漏れ日が優しくあたってすてきなハイキング気分で・・・・でもやっぱり登りは苦しいよ。Oさんが「
山頂でキリンがまっている。」と鼻先ににんじんをぶら下げるので、必死になって登りました。前日までの天気予報のせいで今日は登山者も少なく静かな山道を黙々と進むこと2時間、最後は、ぬたぬたの急坂を登り詰め、J山山頂に到着。

今日は「越の景虎、おでんで一杯」の計画でした。穏やかで暖かな山頂での富士見酒は至福の一時です。前回、同一メンバーでここを訪れたときは、「炭火の焼き鳥で一杯」の計画で、なかなか火が起きず、鼻水を垂らしながら寒くて寒くての大失敗でしたが、今日は大成功。しかし、
主目的はいったい何なのか???


最後は、Iの尾根DH。長老は徒歩で下りましたが、Yさんと書記は登りの苦労も忘れて、DHを楽しみあっという間に出発点に戻りました。早かったせいか渋滞もなく無事帰京しました。
出発準備中の厚生大臣  新型ホンダスパイクと
余裕の長老
途中の尾根にてY厚生大臣 ボトルの中が怪しい
O大長老
山頂にて本日メインの
「越の景虎」