2003年1月10日 大新年会
2003年 新年会

平成15年1月10日
西荻窪「Mよし」
出席者(以下7名)
会長・O大長老・Y厚生大臣・T君・S子姫・O官房長官・書記

午後7時半、Yさんを除き全員集合したので、待ちきれない酒飲み達は、新年のご挨拶もそこそこにどっとアルコールに群がるのであった。特に、会長は昨年末の忘年会席上、1人だけ酒を口にせず忘年会終了後、徹夜の仕事に向かったうっぷんをはらすべく、最初から全力飲酒へ独走態勢。今日は、またまた仲良し兄弟でT君の妹S子姫が出席したので、その隣の
会長は、恐れをしらないダウンヒラー・ワールドカップ上位クラスのスピードでぶっちぎりの飲酒態勢?カリスマぶりを充分に発揮した。

鱈鍋・焼き鳥・馬刺・山芋の千切り・エシャロット・・・遅れて参加したYさんは、食い散らかしの残り物にもありつけない状況であった。恐るべし、当クラブは、遅れたものは置いていく冷酷非情の掟がある。なんやかやの、わいわいがやがや。悪口・陰口・中傷・誹謗何でもありのなか、ついに会長の隣からS子姫は逃げだし、かわって官房長官が場を収めたのであった。

ま、いつもと大して変わらぬ宴会だったかな?無事、締めて終了。

店の前で別れを告げた仲良し兄弟は、なぜか駅と反対の方向にすすみ、どこに行くのかなと思案していると、誤りに気づいて戻ってきた。けっこうお酔いあそばせていたのかも。

5人組は2次会に突入する。南口商店街真ん中で、
愛車GTとともにばったりひっくり返った会長
は酩酊状態か。「H」の座敷に倒れたまま動かない状況。冷酷非情軍団は、そんな会長にはかまわず、お酒をいただくのであった。書記の帰宅不能時間が近づいたので2次会終了。書記は、会長の後始末が恐ろしくて、逃げるように帰る。おそらく、残った面々は、ご苦労したのではなかろうか。
    完