2002年 10月活動報告

2002年10月5〜6日

平成14年10月5〜6日 K山で枯葉の絨毯かっとび!!

出席者   カリスマ会長・大長老・Y厚生大臣・O官房長官・T中年部長・D.Chan

毎年、恒例のコースになっているK形山。前夜、現地入りして痛飲!するのが第一目的。
Gロッジの前に繰り込んだのは、まさに日付も代わろうとする深夜。
タープを張り、テーブルと椅子をセットして宴会の始まり。
今日は、料理長の官房長官Oシェフが参加で、事前に仕込んだおでんと、焼き鳥のメニュー。
さすがに準備万端のおでんは文句なし。
しかし焼き鳥の炭がなかなかおきず、また、焼き上がりに時間がかかり、いらいら。
しかも、焼き上がりの調味料・味付けもままならない。
開栓後要冷蔵(賞味期限はとっくに過ぎている)表示のある開封された数年ものの味ぽんをつけるが、完全に変化しているにおいのため、使用したのは、会長のみ。他は、仕方なく粉末おでんの素を振りかけて食べる。ワインにウィスキー・ビールと入り乱れてのアルコールにすっかり参った。
翌朝、朝6時半に3名起床。その後、ぼちぼちと起きだし、朝食をすませ出発の準備。
長老Oさんは徒歩で、他の5人は自転車を押しながらK尾根を登る。
YさんとOさんは別にして、いつもの登りが歳とともに、だんだんつらくなってきたようだ。
ザックに忍ばせた冷た〜い缶ビールを頂くことを想像して、頑張ってA平到着。
紅葉はまだ早く、少々ガスがかかり、どんよりとしていたが氷で冷やされたビールがうまかった。
ここよりO沢さんはK尾根を下り、車を回収して出発点に向かう。
自転車組はH山を経由してBからN尾根を下る。
先日の台風のせいで枝折れや倒木が多かったが、楽しみながら下る。
道路を横切る所の4〜5段の階段も無事クリアー。
T君は林道回りのコースを下り、残った4人は、N尾根の後半に突入。
集合地点で全員合流。東京へ戻る。

いつものようにタープを
繰り出し、宴会準備完了。
深夜まで続く宴会。
主役はやっぱりカリスマ会長。
 
官房長官の焼き鳥さばき!ほんとにいつもご苦労様
やや色づき始めた山道を
自転車を押し上げる官房長官
トリカブト
会長にこの花の根っこを煎じて
飲ませても平気でしょう。
A平でウィスキーを楽しむ
長老と会長の凸凹コンビ
サルオガセが
山深さを感じます
爆走する厚生大臣!
細いタイヤもなんのその。
シェフばっかりやってません。
DHも楽しむ官房長官。