2002年 9月活動報告

2002年9月22日

平成14年9月22日 K温泉のついでにYヶ平DH!
出席者 カリスマ会長・大長老・Y厚生大臣・D.Chan

当初予定の8日は、前日から雨が続いていて中止となった。もっとも、中止で治まらない連中(カリスマ・長老・厚生大臣)は7日夜に集まり、酒を飲みあかしたらしい。

さて21日夜、会長宅に集合したY厚生大臣とD.Chan。O長老宅に立ち寄り関越〜上越高速を経て、12時過ぎにK温泉草津入り。キャラバン改の車内で小宴会を開いたつもりが、いつものように痛飲。

早朝、クラブの良識人・Yさんが起床。順次、D・会長・長老もいやいや起きる。天気は、幸いの薄曇り。出発を決定。隣の車の人から会長がそば粉を使ったそばがきをご馳走になるが、2日酔いと朝食後の後では胃袋が受け付けず、歩くポリバケツと呼ばれているDに最終処理をさせようとたくらんだ会長であったが、Dは死んだ振りをして逃れる。おみやげのそばがきはその後どのようになったか、会長のみ知っている。

午前8時過ぎ、S根レストハウスまで一気に登り、長老には、近隣散策の後、車を戻す大役を押しつけ(出発点の駐車場に10時集合の予定)MTB組は、Yヶ平に向かう。

乗用車が走れるほどに整備された道は、MTBにぴったり。途中、荒涼とした風景をバックに写真をとって、一気にYヶ平に到着。MTBを置いて、湿原の集会散策コースをめぐる。湿原の中に次々と小池が続き、いつもの景色を見ないでとばしているMTBとは違った楽しみ方をした。

その後、階段の多い山道を順調に下る。
後半最後は、カーブの少ないほぼ
フラットなコースが続きハイスピードの気持ちの良い走りができた。最後の舗装道路の手前の10段くらいの木階段が本日のメイン。段差が大きくしかも不揃いで、途中から右にそれていく難コース。動画デジカメに勇姿を記録したがっている尋常でない会長がトライしたが、皆の期待通りの大転倒でおひらき。無事10時に集合し、駐車場前の温泉に行き、本日の汗を流して帰路についた。
宴の後(混乱の様子が想像できます。
キャラバン改の車内で
小宴会を開いたつもりが、
いつものように痛飲。
問題のそばがき
2日酔いと朝食後の後では
胃袋が受け付けず
 
これから真昼の決闘が
始まりそうな荒涼とした風景。
紅葉が始まってきました。
最盛期には素晴らしい景色が
想像されます。
湿原の中の散策コース。
木道が整備されています。
自転車はご遠慮下さい。
色づいたななかまど
山の中ではいろいろな
自然に遭遇できます。
コース前半はフラットなジープ道が続き
初心者でも楽しめます。スピード注意!