2002年 8月活動報告

2002年8月10〜11日

平成14年8月10日〜11日 

恒例・夏のイベント富士見パノラマ!

出席者 カリスマ会長・令夫人・ご子息様・
    Y厚生大臣・甥御様1号2号
    O官房長官・同友人のMさん・大長老・T青年部長・D.Chan


11日夜8時に会長宅に集結した総勢11名(初見参、官房長官Oさんの友人、某有名タイヤメーカー社員のMさんは、愛社精神のかけらもなくマングースを持ち込み参加)の大部隊は、キャラバン改に人間6名+自転車7台搭載、Y厚生大臣のオデッセイに人間5名+自転車2台の2組に分かれ、高速道路を西に向かう。先行のオデッセイ号はさすがに2.4Lのハイパワーで巡航速度120qくらいで富士見先着。キャラバン改は、フル乗車の重量に耐えきれず、談合坂を50qくらいであえいだそうな。
いつもの所までは入れなかったが、トイレ近くの駐車場にテント設営。タープをセットして前夜祭を楽しむ。ギブス姿のT君に文句を言ってたくらいで、後は覚えていません。

翌朝、さわやかな?目覚めとともに朝食をいただき、準備する。長老とT君はハイキング。会長はO官房長官をお供にお姫様をツーリングコースにご案内。他のメンバーはDH。
張り切りすぎの小猿は、オニゴケをかましたらしい。Mさんも初めての割には頑張る。Y厚生大臣一族は鬼コーチのもとでDHしたらしい。

昼食はレトルトカレーにご飯のカレーライス。トロピカルフルーツ付きで少々アルコールが入る。

午後からも各自張り切り(D.Cはチェーンなしで走るも2度目のパンクでリタイア)
最終は、もちろんカリスマ会長。なんでもドイツの雑誌社の取材を受けていたそうだ。最後には、まるで難民が50人くらい入っているように見えるキャラバンまで撮影されていた。
富士見の湯に立ち寄り、大渋滞の中央高速を帰京する
    完