2002年 7月活動報告

2002年7月13〜14日

平成14年7月13日〜14日 K取山からビックDH!

出席者 カリスマ会長・大長老・Y厚生大臣・D.Chan
7月13日昼過ぎ、会長宅に集合。
今回の出席メンバーは、6月ツーリングと同メンバー。酒の絡みそうな場面ははずさない面々か?そんな中、な
〜んと会長は、初お披露目のホットチリ号を準備。重量約20sのお化けを昨日半日で組上げたらしい。これでK取山に本気で挑戦するのか、疑問視する声があがったが、とにかく出発する。長老O氏さんを拾ってO街道を進むが渋滞がひどい。途中、スーパーに寄って今晩の買い出しをする。この暑い中、仕入れたものはおでん・湯麺。これより先は車内酒宴が始まり、D.Chanは鴨沢に着いたときには、既にできあがっていた。タープをセットし宴会が始まるが、酸っぱい焼き豆腐の記憶があるだけで、早々にお休みさせていただいたD.C。その後は知らん。・・・・・・・

7月14日、早朝から皆で湯麺を食べていたらしいが、食欲の全くないD.Cは朝食パス。5時に元気のないまま、仕方なしに出発。K袖乗越で会長を待ってたつもりが、当人は登山道入り口まで先に着いていて、置いてけぼりを食ったとがっくりとうなだれていた。その後の押し上がりは会長の一人舞台。罵声を浴びながら黙々と頑張るのであった。途中、O氏はN石山に向かい、自転車組はK取山山頂を目指す。B坂からは稜線を進み、心配された天気もまあまあで、とにかくもがく。小K取の急坂でホットチリはその真価を発揮。背負いにくい、ただの鉄屑となって会長を苦しめる。何とか11時過ぎに頂上到着。

××都最高峰K取山頂にこんな鉄屑バイクを持ち込んだ奇人は、我らが会長の外、絶対いないであろう。また、伝説を作った。昼食を取り11時45分に下山開始。会長は足をつりそうになりながらもホットチリ号を元気に走らせる。YさんとD.Cも稜線の素晴らしいDHを楽しみながら1時過ぎには、駐車場に戻りOさんと無事合流。東京へ戻る。

   完