犬の保健室

犬によく見られる症状 (あくまでも目安としてください。異常が認められたときは、動物病院にご相談ください。)
症状 詳しい症状・疑わしい病気 対処
元気がない 散歩に行きたがらない・散歩をしても下を向いて歩く・好物を食べようとしない 飼い主に冷淡にされた、放置している、他犬との喧嘩に負けたなど、心因性の原因がある 感染症の疑い
そのほかの症状を調べる 発熱、鼻水など体にも異常がある スキンシップを多くするなどストレスを取り除く
症状 詳しい症状・病気 対応
下痢をする 元気があり食欲もある 過食脂肪分の与えすぎ 1.2回食事を抜いたり量を減らして様子を見る
1日に何度も下痢を繰り返す水様性の便、排便姿勢をしても便が出ない 腸内寄生虫(犬鞭虫)コクシジウム等)、食中毒、大腸炎、コロナウイルス感染症の疑い 至急、動物病院へ
下利便に血が混じる 粘液や血液が混じる 大腸炎、出血性胃腸炎の疑い
少量の血液が混じる 腸内寄生虫(犬鞭虫)の疑い
激しい出血、粘液の付着したタール状の便 腸内寄生虫(犬鞭虫)の疑い
緑色の下痢便、悪臭のあるトマトジュース状の便+激しい嘔吐 パルボウイルス感染症の疑い
激しい下痢。黒、チョコレート色の血便 急性胃腸炎の疑い
硬い便をする 小石のような硬い球状の便 嘔吐や食欲不振、排便量の減少、腹部のふくれを伴う 腸閉塞の疑い
消化管潰瘍、大腸麻痺の疑い
便秘をする 食事や環境の変化があった、運動不足 2.3日様子を見る、改善しない場合は動物病院へ
カルシウムの与えすぎ 骨など与える量を減らし様子を見る
前立腺肥大、腫瘍、骨盤狭窄、会陰ヘルニア、神経麻痺、巨大結腸症衰弱の疑い 至急、動物病院へ
尿が出にくい、出ない 急性腎不全の疑い
排尿の姿勢はするが、出にくい、出ない。痛がる 膀胱炎、腎臓結石の疑い
尿量が多い 水を多く飲む 糖尿病、クッシング症候群の疑い
膀胱炎、腎不全、尿路系の炎症の疑い
尿の回数が多い 頻繁に排尿の姿勢をとる 膀胱炎の疑い
水を多く飲む 腎不全の疑い
尿の色がおかしい 血尿 尿路系の感染・結石・前立腺炎・腫瘍の疑い
コーヒー色・ワイン色(血色素尿) 呼吸が荒い(フィラリアの疑い)
下痢や嘔吐(たまねぎ中毒の疑い)
尿の色が濃い 食欲不振、嘔吐、下痢を伴う 肝障害の疑い
濁った濃い色の尿や強い異臭 膀胱炎の疑い
薬を飲ましている 心配いらない
尿を漏らす 膀胱アトニー、ホルモン不均衡の疑い 至急、動物病院へ
喜んだり、興奮したときにする 心配いらない
水を大量に飲む 食事の塩分が多すぎる 塩分を控え様子を見る
太りすぎ・多尿 慢性腎機能障害、糖尿病の疑い 至急、動物病院へ
やせている・多尿 アミロイドージス、アジソン症、下垂体機能低下症、甲状腺機能亢進症の疑い
おなかがはれている 子宮蓄膿症、腹水症、クッシング症候群の疑い
下痢や嘔吐 脱水の疑い 水を飲ませ、動物病院へ
水を欲しがらない 元気なのに欲しがらない 食事中の水分量が多い 心配なし
元気がない 様々な病気の末期、老衰 至急、動物病院へ
嘔吐する 1,2回吐いたが元気、食欲もある。熱はない 様子を見て、改善しない場合は動物病院へ
1日に何度も繰り返し吐く 胃内異物、胃腸疾患、泌尿器系の疾患、腸閉塞、レプトスピラ症、中毒の疑い 至急、動物病院へ
食欲不振、下痢、血便を伴う パルボウイルス感染症の疑い
食欲不振、腹部が膨らむ、陰部から膿が出る 子宮蓄膿症の疑い
食後、しばらくして吐く 吐物が泡状、黄色の液状、粘液、胃液、胆汁と半消化の食事、血液が混じる。 胃腸炎、胃内異物、腸閉塞、レプトスピラ症の疑い
食後すぐに吐く 食堂痙攣、食道狭窄、右大動脈弓遺残症、巨大食道症の疑い
有毒薬物を飲んだ可能性がある
吐く動作をするが吐かない 胃捻転、胃内異物、心臓病、フィラリア症の疑い
発熱する 元気がなく、食欲不振 感染症、中毒、炎症性の病気の疑い
真夏の直射日光の中に長く放置、駐車した車内に閉じ込めた 呼吸が荒く、よだれを垂らす 熱射病の疑い
GOLDEN_DOG_EAR ゴールデンレトリバーのブリーダー


犬の便・尿の異常と病気

GOLDEN DOG EAR.JP


TOPにもどる

1