管理者挨拶



TOP


サイト運営にあたり

当サイトにお越しいただきまして本当にありがとうございます。
当サイトの管理で香川県でブリーディングをしているGOLDEN DOG EARの片岡と申します。
私は農家の生まれで、学生時代は法学部に進み、卒業後はカーディーラーで10年〜営業をしていました。
最初に意識的にブリーディングを始めたのは学生時代からです。
学校を卒業してからすぐに結婚し、暫く愛犬は実家に預けてブリーディングからは離れていたのですが、やはり大好きな犬との生活からは離れられず、家を建て愛犬と共に暮らし始め、現在に至ります。
私が農家の出と言う事もあるのでしょうが、常に生産者の立場から物事を見ていました。
農業に関しては今でこそ生産者市場などがありますが、現在でも農家による米の自主流通に関してはある団体からのプレッシャーもあり、あまり普通の販売方法とはいえないのではないでしょうか?
これは日本におけるペット業界でもいえる事だと思います。

私が目指したのはあくまでも直譲。
その為に、私が自身の犬舎(といっても小規模ブリーディングの一般家庭ですが・・・)のホームページを作成したのは2007年の4月でした。
お恥ずかしい話ですが、2008年5月頃までは月平均のアクセス数が10件程。
パソコン初心者の私にはどうすればアクセス数が増えるのかわからず、宣伝の為にあるオークションサイトに出陳していた時期もありました。
オークションサイトに出陳すると、問い合わせは多くなりました、しかしそのほとんどが、犬を育てる為の経費も出ないような金額で安く譲ってほしいといったものでした。
中には大切にするから無料で譲ってほしいと言うものまでありました。
結局、オークションでの出陳をすぐに取りやめ他に道を探し始めました。

ブリーディングをしている方はご存知のように、オークションでもブリーダー紹介サイトでも、飼い主さんが一番知りたがっている子犬情報に関しては、有料での公開となります。また、子犬の成約時には仲介料、成約料を請求されます。
しかしこれも私が目指している直譲の姿ではありませんでした。

お金の話をするといやな顔をされる方もおられるでしょうが、私は子犬を譲渡して得た利益は母犬、父犬に還元されるべきだと考えています。(フードのグレードを上げるだとか、おやつを多くあげるだとか・・。)
その為に、必要ない経費は極力削減されるべきだと思うのです。
殆どのブリーダーさんがそうであるように、健康な良い子犬を生み出す為に、衛生的に飼育するには現実問題、どうしても経費が掛かります。
昨今、たびたび取り上げられるブリーダー崩壊というニュースですが、販売方法を直譲とし、犬舎への見学が可能な状態(飼い主さんの目に触れる状態)で正当な利益を得ていればこういった結果にはならなかったのではないでしょうか。

また、私が頑なに直譲にこだわる理由は他にもあります。
現在の流通過程においては、飼い主さんはどんなところで子犬が産まれ、育ったか知る由もありません。
血統書などをたどってある日突然連絡が来るということも無いでしょう。
また、感染症の問題もあります。現在の流通形態では、様々な犬舎から子犬が集められる為、最終的な飼い主さんの下に子犬が迎えられるまでに、感染症により2〜3割程度の子が命を落としているという実態もあります。

ブリーダーはその犬種、特に自分で育てた子犬に関しては、どんな本にも載っていないような情報を持っています。
私も(本当に有難い事ですが)、里親さんとは懇意にさせていただき、私が知りうる限りのアドバイスはさせていただいています。
本来のブリーダーと飼い主さんの関係はそういった協力関係にあると思います。
海外のブリーダーさんは(特にヨーロッパ)非常にプライドを持って犬を育て、子犬を傑出しています。
ペット税を課せられる国もあり、飼い主さんも覚悟した上で子犬を家族として迎えています。
ペット後進国と言われる日本が、ヨーロッパ諸国に追いつく為にはブリーダーさんの力が一番必要だと思います。

営業を経験した事のある方には常識ですが、どうすれば正当に評価を受けながら犬舎を経営していく事が出来るかと言うと、やはり宣伝です。
どんなに良い血統の子犬が居たとしても、それを飼い主さんに伝える事が出来なければ、結局犬舎に残ってしまう事になります。
カーメーカーさんで言えばトヨタさんは非常に宣伝が上手ですよね。

宣伝に経費をかけられないような一般家庭の小さな犬舎さんでも、真心を込めて犬を飼育しています。
そういったブリーダーさんを皆さんに知っていただきたい・・・私がこのサイトを作成した理由はそこにあります。
このサイトを利用していただくに当たり、飼い主さんにもブリーダーさんにも料金を頂く事はありません。
ですから、ブリーダーさんは貴犬舎を思う存分PRしていただき、また、飼い主さんは、納得するまで色々なブリーダさんに連絡を取っていただきたいと思います。

怒られるのを覚悟で言いますが、この業界も玉石混合。
飼い主さんはご自身の目で見てブリーダーさんを選び、ブリーダーさんも常に見られていると言う意識で飼育していただきたいと思います。

私たちブリーダーは子犬をわが子、そして飼い主さんの新しい家族だと思い育てています。
このサイトを通じて、一人でも多くの飼い主さんとブリーダーさんが出会い、良い関係を結んでいただければ幸いだと思います。

2009/10/22     GOLDEN DOG EAR 代表 片岡 隆



TOP