TOP

良い子犬選び


良い子犬を選ぶには

皆さんがペットを飼おうというときに真っ先に行くのがペットショップだと思います。
しかしペットショップの販売方法が最も良い方法でしょうか?
親元からまだ授乳期にもかかわらず引き離され、狭いガラスケースの中に入れられ、長時間店内には音楽がかかっている・・・。そんな環境の中で子犬にストレスがからないわけがありません。
ペット先進国といわれている欧米では、法律で生体の展示販売を禁止している国もあります。
本当に子犬の事を思うなら最も良い子犬選びとは犬の繁殖を専門に行っているブリーダーから直接購入する方法です。

良いブリーダーは、愛情をもって育てているため、この子がどんな人にもらわれていくかとても気になります。飼える環境でないと分かれば、売ることはしません。子犬の幸せを第一に考えます。そのため、引き取られた後も売りっぱなしではなくアフターケアもきちんとしてくれます。

いくつかのブリーダーを見学して、信頼できるブリーダーさんを探しましょう。
また、同一犬種を長くブリーディングしている犬舎もお勧めです。
ペットに関しても流行と言うものがあります。
利益目的でブリーディングを行うのであれば、流行の犬種を多く集めて定期的に流行にあわせて犬種を入れ替えていけばよいでしょう。
しかし、たとえその時期に流行している犬種ではなくても、専門的に取り扱っている犬舎さんには専門的な知識があります。
これは飼い主さんにとっても大きな助けとなるでしょう。


本当に飼育できるか確認する。

犬を家族に迎えるという事は、家族が一人増えるという事です。
生きているので、経費もかかるし、排泄もします。
もちろん生きているうちには病気になってしまう事もあります。
また、飼育にはご家族の協力が絶対必要不可欠です。
本当に飼育できるかどうか、も居一度ご家族とご相談ください。


TOP